山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんばんは^^ 私も天..
by 悟空さん at 22:25
毎週のこのお天気で、よい..
by のんびり夫婦 at 20:32
悟空さん、こんばんは。 ..
by tinnan1515 at 19:35
風来坊さん、こんにちは。..
by tinnan1515 at 14:33
うすきハッピーリタイアメ..
by furaibow581203 at 11:29
ポンちゃんさん、こんにち..
by tinnan1515 at 15:35
おはようございます、うす..
by ポンちゃん at 08:28
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:08
おはようございます、うす..
by 風来坊 at 07:04
周平さん、おはようござい..
by tinnan1515 at 05:55
メモ帳

2017年 08月 12日 ( 1 )

山の日の山行は翌日に祖母山へ!

 今季は川上渓谷のキレンゲショウマ観賞が実行できずに気が焦っていた。右足の太腿を痛めていたので延び延びになっていたが漸くその日が来た。足の調子が良ければ祖母山も視野に入れていた。
e0272335_20105318.jpg
川上渓谷に咲くキレンゲショウマを見ることができたのでまんぞく、まんぞく。
e0272335_2038258.jpg
宮原コースで数年ぶりに見ることができたタマゴタケ。

                         記
【山行日】2017年8月12日  (曇のち晴れ)                                        
【山行先】祖母山(1.756.4m)
【山行者】単独
【行動コース】尾平登山口P(5:45)~川上渓谷分岐点(6:35)~キレンゲショウマ観賞~川上渓谷分岐点(7:40)~古祖母山&祖母山分岐点(10:55)~祖母山(12:40/13:20)~宮原分岐点(14:35/14:40)~尾平登山口P(16:45)
【行動時間】11時間00分(休憩時間む)
【行動記録】
 7月27日以来の本格的な山歩き。しかも祖母山も視野に入れていたので今日は張り切って午前6時前に出発した。
1)川上渓谷
e0272335_20465648.jpg
山塊を眺めながら川上渓谷を目指す。
e0272335_20525428.jpg
今日最初の吊り橋を渡る。
e0272335_20541034.jpg
意外と水量が多く徒渉に難儀した。なんとか靴を脱がずに徒渉する。
e0272335_20554466.jpg
川上渓谷分岐点まではスムーズに到達。この地点からキレンゲショウマの咲く場所を目指す。
e0272335_457115.jpg
川上渓谷のキレンゲショウマが咲く所に着くと黄色の蕾が確認できた。近くで見たいのだが徒渉しなくてはいけない。あちこちと徒渉地点を探すもなかなか簡単に徒渉できる地点がみつからなかった。
e0272335_514645.jpg
ここにザックを置き少し下流のところから徒渉した。川床の岩が滑るので慎重徒渉する。
e0272335_555062.jpg
開花しているのは数輪で蕾の方が多かったが、念願のキレンゲショウマを今年も見ることができた。
e0272335_58109.jpg
ポチャとした花がなんとも可愛い。下を見ると落下している花が数多くあった。
e0272335_5104139.jpg
この花が唯一大きく開いていた。
e0272335_5121976.jpg
丸みを帯びた蕾も素敵だった。
e0272335_5144841.jpg
まだ暫くは楽しめそうだ。
e0272335_5163279.jpg
キレンゲショウマの近くにはイワタバコも咲いていた。
e0272335_5192590.jpg
近くに咲いていたケイビラン。けいびらん(鶏尾蘭)はユリ科の花だとは。勉強になりました。
 天然クーラーの中で時を経つのも忘れてキレンゲショウマを見るひと時の楽しさ。やっぱり山はいいなぁ。キレンゲショウマにパワーを頂いたので祖母山を目指す事にした。

2)川上渓谷から縦走路分岐点まで
キレンゲショウマの喜びはいつも間にか消え去り、重たい足取りを進めるだけ。標高1000m地点からは息が上がりっぱなし。引き返す意思はなくとにかく一歩一歩進むことしか考えなかった。
e0272335_531430.jpg
そんな時助けてくれるのがお花。シコクママコナが咲いていた。
e0272335_757482.jpg
天狗の水場にたどり着くまで3組の男性登山者から追い越される。なんと足取りが軽いこと。羨ましくも思うが自分にはその力がない。天狗の水場に着けば、冷たい水とタマガワホトトギスが見られると思い必死に歩いた。予想通りタマガワホトトギスを見ることができ束の間の疲れを忘れることができた。
e0272335_88448.jpg
天狗の水場から縦走路分岐点までは厳しい登りが続く。もう限界と思うも進むしかないのだが、そんな時小休止タイムが待っていた。クチベニタケの小群落。
e0272335_8131293.jpg
そして次は今季お初のヤマジオウとの出会いだった。
e0272335_8143641.jpg
古祖母山と祖母山の縦走路分岐点に辿り着きほっと一息。心配していた右足は問題なかったが完全なスタミナ不足だった。

3)古祖母山&祖母山分岐点から祖母山まで
 縦走路で少し息を吹き返すも小さな登りでも足がとまってしまう。青空であれば気も紛れるのだが空は雲でおおわれていた。
e0272335_823517.jpg
岩場に咲いていたウバタケニンジン。ウバタケニンジンの名前の由来:姥岳人参の意味で、九州の祖母山(別名、姥岳)で発見されたことによる。
e0272335_8341533.jpg
梯子場と山頂直下の岩場をやっとの思い出通過し祖母山頂に。もうヘトヘトであった。おまけに周辺の山々はガスで眺望はサッパリ。今日の山頂は思いの外登山者が多かった。お腹が空いているのに暫くは食べることができず、コーヒーで一息ついたあとお握りを食べた。
e0272335_8424964.jpg
山頂に咲いていたオトギリソウを見て下山開始。

4)山頂から尾平登山口まで
 下山コースは宮原から尾平の登山道歩きで周回コースである。
e0272335_8481499.jpg
9合目小屋の方向に進む。
e0272335_8591111.jpg
9合目小屋周辺のオオヤマレンゲはすでに終焉で花実となっていた。
e0272335_912272.jpg
馬の背の岩場に咲いていたウバタケギボウシ。生育地が「祖母・傾山地」の一部に集中的に分布し、岩角地の縦走路沿いにも生育している。祖母山の特産種。
e0272335_915986.jpg
岩峰にウバタケギボウシ。望遠レンズで撮るもこれが精一杯。祖母山を眺めるもまだガスの中だった。
e0272335_9235314.jpg
再びケビランを楽しみ。
e0272335_926494.jpg
降りが続くので少しは楽かと思ったのだがやはり足が重たかった。宮原分岐点で一息つき後は登山口まで、と思っていたのだが。
e0272335_9332746.jpg
タマゴダケ成熟した子実体。タマゴタケ(卵茸)は、ハラタケ目テングタケ科テングタケ属のテングタケ亜属タマゴタケ節に分類されるキノコの一種。未成熟な子実体がないかとキョロキョロ。
e0272335_944188.jpg
タマゴダケに会えるとは思っていなかったのでラッキーだった。
 標高900m地点まで降りてくるとツクツクボウシの鳴声が聞こえてきた。疲れた体に一つの癒しが。700m地点までツクツクボウシにパワーを頂きながら一歩一歩進む。
e0272335_9465358.jpg
宮原コースに架かる吊り橋地点に着き安堵する事ができた。もう限界ギリギリの状態であった。
e0272335_9501575.jpg
最後に見た花はミヤマウズラ?駐車場に着くとどっと疲れがでた。

《一口メモ》
 沢山の花は楽しめたが、体調を整えて挑戦するべきだった。それにしても今日は久方振りのグロッキー状態。大いに反省。

                                            以上
by tinnan1515 | 2017-08-12 20:57 | 山歩き | Comments(12)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
2017年10月20日、大船..
at 2017-10-20 20:00
娑羅双樹(サラソウジュ)の学習!
at 2017-10-19 17:00
鎮南山に登る!
at 2017-10-18 18:00
1日に一つの目標!
at 2017-10-17 19:10
冬支度!
at 2017-10-16 20:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧