2017年 07月 20日 ( 1 )

 東山いこいの森に咲くオオキツネノカミソリと、由布岳日向観察道のイワタバコ見たさで今日の山行となった。目指す山頂は由布岳東峰、そしてヤマオダマキをもう一度見たかった。
e0272335_18281232.jpg
東山いこいの森のオオキツネノカミソリは咲き始めであった。そして、予期せぬ花は?
e0272335_18312454.jpg
東山いこいの森に咲いていたフシグロセンノウ(節黒仙翁)。残念なことに花が傷んでいた。

                    記
【山行日】2017年7月20日  (晴れ)                                         
【山行先】由布岳東峰(1.580m):大分県別府市
【山行者】単独
【行動コース】正面登山口P(6:40)~日向観察道~東登山口分岐点(7:50/7:55)~西峰分岐点(9:45)~由布岳東峰(10:00/10:25)~正面登山口P(12:10)
【行動時間】5時間30分(休憩時間む)
【行動記録】
 別大国道を走っていると後方の海から素晴らしい日の出が上がって来たので、今日は素晴らしい天気に恵まれそうだと期待していた。
e0272335_18332629.jpg
出発前にトイレに行くと使用禁止。大便はコンビニで済ませていたので良かった。今日の天候は上々で夏山の由布岳を仰ぎ見る。
e0272335_18491049.jpg
今日のコースはイワタバコを見るために日向観察道を歩く。
e0272335_18512555.jpg
日向観察道を歩き始めると蒸し暑さに閉口する。風があれば良いのだが、一気に汗ばんできた。このコースにイワタバコがあるのだが果たして開花しているのだろうか。
e0272335_18545252.jpg
まだイワタバコは蕾であった。この状態であれば開花は当分先の様だ。
e0272335_18574833.jpg
日向観察道を歩くのは久し振りだった。やっと東登山口分岐点に着く。ここから由布岳東峰を目指す。
e0272335_1913212.jpg
由布岳東登山道を歩くもよたよた歩き。立ち止まりテリハアカショウマ(照葉赤升麻)を眺めながら一休み。
e0272335_19191845.jpg
登山道も段々と難路になってくるも、こんな時に花に癒される。
e0272335_19203682.jpg
ヤマアジサイが見頃で美しかった。そして、次に驚いた花は?
e0272335_1941737.jpg
臼杵の里山に咲くカキランはとっくに花期は終了しているのだが、由布岳登山道のカキランはこれからが本番であった。
e0272335_19482344.jpg
草むらの中に一輪のヤマオダマキが。花に誘われついつい足が止まり足が進まず。
e0272335_19512634.jpg
山中に咲くホタルブクロはやはり味わい深い。
e0272335_19525344.jpg
花花花でもう嬉しいばかり。花の名前が分からず残念。
e0272335_2015042.jpg
由布岳東登山道の鎖場にやっと辿り着く。
e0272335_20201360.jpg
キジムシロ。
e0272335_20221838.jpg
由布岳東峰が段々近づいてきた。シモツケを楽しみながら由布岳東峰を眺める。
e0272335_20245341.jpg
やっとの思い出由布岳東峰に着くも山頂はガスだった。コーヒータイム後下山開始。
e0272335_20275430.jpg
今日はヤマアジサイがやけに目に付く。写真では綺麗な青ではないが本物はとても素晴らしかった。
e0272335_20283454.jpg
由布岳でもう一度見たいと思っていたヤマオダマキ。山頂近くで見る花はやはり良いものだ。
e0272335_20285861.jpg
二人仲良く並んでいたヤマオダマキ。姉妹それともアベックさん?
e0272335_20294740.jpg
ここにもカキランが。思わず立ち止まりパチリ。このあとは写真を撮ることもなく黙々と歩いた。いつもの場所で由布岳を振り返るのだが今日の山頂は雲の中だった。

《東山いこいの森》
 下山後、昼食を済ませオオキツネノカミソリの散策開始。約15分程歩くとポツンポツンと咲くオオキツネノカミソリに会うことができた。期待を膨らませていた群落は見る影もなく今回も時期尚早だった。
e0272335_20311771.jpg
それでも開花したオオキツネノカミソリを見れたので感謝しなくては。
e0272335_20315673.jpg
「オオキツネノカミソリ」とは - ヒガンバナ科ヒガンバナ属の花。 キツネの出るような薄暗い 場所に咲き、葉がカミソリに似ている。 花弁はオレンジ色。
e0272335_4464369.jpg
オオキツネノカミソリは一度井原山でみた群落が忘れられない。
e0272335_20345751.jpg
赤い実が輝いていてとても美しかった。

《雨乞牧場山麓》
 ヒゴタイの色付きを見たくて再び雨乞牧場山麓へ。
e0272335_20333414.jpg
前回見たときよりもほんの少しだけ色が増していた。
e0272335_203437.jpg
それでも満足。足を運ぶことが大事なんだと自分に言い聞かせる。(笑)
e0272335_20343291.jpg
ヒゴタイは、キク科ヒゴタイ属の多年生植物。 キク科であることをすっかり忘れていた。因みに花言葉は「実らぬ恋」とか。

《一口メモ》
 日向観察道のイワタバコは蕾であったが、東山いこいの森では今季お初のオオキツネノカミソリとフシグロセンノウを見ることができた。また、由布岳ではヤマオダマキ、カキラン等々に会え上々の登山日であった。

                                            以上