2017年 06月 19日 ( 1 )

2017年6月19日   月曜日

 終日、なんとなくしゃきっとしなかった。特に午前中は体を動かすのが億劫で、寝転んで本を読むのが精一杯。やはり二日間の山歩きのダメージが残っていた様だ。

 午後になり徐々に体が動き出し図書館に行くも、今日はさすがに里山歩きに出掛ける気力は湧いてこなかった。無理な行動は慎みなさいと言うシグナルと分かっていても止められない性分の様だ。

《読書》
 読み終えた本の返却に行き、今回借りた本は井上荒野さんの『綴られる愛人』。『切羽へ』を読んだとき再び井上荒野さんの本を読んで見たいと思っていた。
e0272335_18401485.jpg


《園芸》
 咲き誇っていた花も日に日に枯れて行くので淋しくなってきた。 今日は二日間おさぼりしていた花柄摘みを行う。
e0272335_18393250.jpg
朝新聞取りに玄関に出ると梔子の香りがぷ~んと匂ってきた。八重咲きの梔子の花はまるでオオヤマレンゲの様だった。

《漢字の学習》
【読めそうなのに読めない漢字の本 】 日本常識研究会編
③けっこう手強く感じる漢字。
【問題】 
1)脹脛  2)鎬  3)懈怠  4)曼茶羅   5)嘯く  6)薨ずる  7)嬲る
8)阿漕  9)葛籠  10)知悉  11)檸檬  12)饂飩  13)御簾  14)悪戯
15)肯んずる  16)静謐  17)吃驚  18)縺れる  19)鎹  20)惚気


【解答】
1)ふくらはぎ   2)しのぎ  3)けたい  4)まんだら  5)うそぶく  6)こうずる
7)なぶる  8)あこぎ  9)つづら  10)ちしつ  11)レモン  12)うどん
13)みず  14)いたずら  15)がえんずる  16)せいひつ  17)びっくり
18)もつれる  20)かすがい  21)のろけ
19)うがい
●薨ずる ⇒皇族や身分の高い人が死ぬこと。薨去(こうきょ)するという言い方もする。
●御簾  ⇒神殿や宮殿などで使われる緑布のついたすだれ。

《今日の小さな歓び》
 梔子の香りが漂っていた事。

                                             以上