2017年 06月 18日 ( 2 )

 オオヤマレンゲの次は大崩山のササユリと決めていた。祝子川温泉でササユリノの開花状況をお尋ねすると今年は咲き具合が大変良いとの事。昨日の祖母山行後、祝子川温泉まで移動していたので、午前6時前にはスタートする予定であった。

e0272335_2158228.jpg
今年も素晴らしいササユリに会えてとても嬉しかった。
e0272335_21582521.jpg
祝子川温泉でこの花の名前をいーさんに尋ねるとクロカミシライトソウとの事であった。

                      記
【山行日】2017年6月18日  (晴れのち曇)                                        
【山行先】大崩山山麓:宮崎県延岡市祝子川登山口
【山行者】単独
【行動コース】大崩山登山口P(5:30)~大崩山荘(6:00/6:05)~涌塚分岐点(6:25)~袖ダキ(8:05/8:20)~下涌塚(9:05)~坊主尾根通過(13:00)~徒渉地点(13:45)~大崩山登山口P(14:15)【行動時間】8時間45分(休憩時間む)
【行動記録】
祖母山山行後、祝子川温泉に移動してやゃ気懈い体を温泉に浸すと疲れが取れた感じになった。車中で床に就いたのは19時半頃だったが、いつの間にかぐっすりと寝込んでいた。シュラフも不要でバスタオルを体に掛けただけでとても凌ぎやすかった。排尿をもよおしたくなり夜半に起きると駐車場には4台ほど停まっていた。全く気がつかなかった。満点の星を期待していたのだがどうも曇空のようだった。

1)登山口~袖ダキまで(袖ダキでサプライズ)
 午前3時半過ぎに目覚めたので4時過ぎからぼつぼつと登山の準備に取り掛かる。その間に何台かの車が登山口の方に向かっていた。やはり、登山口近くまで来ていると楽であるなぁとつくづく感じた。
e0272335_5322368.jpg
登山口に着くと既に10数台の車が。準備を終えて午前5時半スタート。
 昨日の疲れは余り感じないのが極力スローペースで歩く事を心がけワク塚分岐点を目指す。心地よい早朝だが20分も歩くと汗ばんできた。大崩山荘地点で衣服調整する。
 ワク塚分岐点から徒渉地点に着くと水量が少なく容易に徒渉地点を通過する事ができホッとする。水量が多い時はここの徒渉で難儀するのだが、今日はとてもラッッキーだった。ここから袖ダキに向かう。途中で鹿児島からの登山者4名の方とお会いした。
 途中、梯子場やロープ場ありの登山道を登り詰め袖ダキが間近に迫る地点で一輪のササユリがひっそりと咲いていた。今日早くもササユリに出会う事ができ小躍りした。そっと香りを嗅ぐと良い匂いだった。ササユリにパワーをもらい最後の登りに力が入る。
 袖ダキ目前登山者の声が聞こえ出してきた。この時点でいーさんがおられるとは想像し難いことであった。袖ダキに着くと登山者の方がおられた。自分はササユリが咲いていないかと辺りを見回し、下ワク塚方面の写真を撮り終え、ふと登山道の方に目をやるといーさんではありませんか。まさかのサプライズであった。その後乳房岩からいーさんご一行様からエールが送られてきた。
 
2)袖ダキから小積タギまで
 袖ダキで小休止後移動開始。自分も乳房岩に立ちたくて乳房岩に向かった。袖ダキには鹿児島からの登山者の方々がおられたので手を降る。山ならではのエール交歓である。さぁ先を目指そう。下ワク塚に立ち寄り絶景を堪能する。ササユリもちらほらと見られる様になってきた。
 モチ谷分岐点の岩に初めて登る。ここで若い女性の方から小積タギのササユリの情報を頂く。中ワク塚は中抜きで小積タギに向かう。途中で大崩山に登ることは諦めていた。
e0272335_8293642.jpg
小積タギと坊主尾根分岐点に到着。いよいよお待ちかねのササユリである。
e0272335_834259.jpg
色が濃い目のササユリに感激。
e0272335_837349.jpg
こちらは淡いピンクのササユリをアップで。
e0272335_8385037.jpg
おぅ!こちらはトリプリだ。
e0272335_8404137.jpg
そっと近づいてササユリを堪能する。
e0272335_8445577.jpg
こちらはダブルで。おっと空模様が怪しくなってきたぞ。
e0272335_8462720.jpg
ここのササユリを撮るときはとても緊張した。なにしろ岩の端っこに咲いていたのだ。
e0272335_8511586.jpg
小積タギの最先端から眺望するも生憎もガスが出始めていた。

 そうそう写真には撮っていたのだが、坊主尾根コースと大崩山山頂の最初の分岐点から坊主尾根コースを歩くと岩屋の避難所があった。そして、途中で岩峰で軽い食事を済ませた。
e0272335_9151057.jpg
ササユリに心を躍らせながら坊主岩に向かう途中で初めて出会ったこの花は?シライトソウの仲間だと思うのだが名前が分からなかったこの花は結構咲いていた。名前はクロカミシライトソウ(黒髪白糸草)だった。ユリ科 シライトソウ属 多年草 5~6月 佐賀県。シライトソウの変種。やや湿った林床に見られる多年草。高さ20cm程度。根生葉はへら状で比較的長い柄がある。
e0272335_9173148.jpg
岩場が乾燥していたので心配することなく通過。この地点を通過すると多くの梯子場やロープ場を通り坊主尾根に。そして、この先からササユリが楽しめる区間ともなるのである。
e0272335_9204252.jpg
ピンクの花が咲かないと笹と間違えてしまいそうだ。
e0272335_9214968.jpg
まるでカサブランカのピンク見たい。
e0272335_9225247.jpg
ここでは○○シライトソウとササユリの競演。
e0272335_9245884.jpg
梯子から降り立つとそこにはササユリが。
e0272335_9262753.jpg
このササユリは双子の姉妹であった。
e0272335_9274085.jpg
横から見るとほらね。
e0272335_929519.jpg
坊主岩が目前にに得る地点まで降りてきた。
e0272335_9313155.jpg
まだまだササユリが咲いていた。
e0272335_9324341.jpg
最後のササユリさん。今日は存分に楽しまさせて頂きありがとう。
e0272335_9335124.jpg
大崩山荘近くの徒渉地点。ここまで辿り着けばひと安心。駐車地まで気を抜かず歩いた。

《一口メモ》
 またしても途中の画像が消えていたのだが、主目的のササユリの画像が保存さてれいたのでホッとした。それにしてもこの時期の登山者が多いのはやはりササユリが目的だろう。花好きの人には堪らない山であろう。
もちろん自分もその一人であるのだが。

 追記
 
 祝子川温泉の駐車場でお風呂の準備をしていると、いーさんご一行様が戻られてきた。この後は温泉で花談義で盛り上がる。初めて見た花の名前も教えて頂き感謝。いーさん、とても楽しかったです。

                                             以上
  
 今度こそはと思いつつ祖母山のオオヤマレンゲ観賞に出かけた。登山口は神原か北谷かで迷ったが祖母縦走路にあるミヤマ公園のミヤマキリシマも見たい。そうなると北谷登山口の方が周回もできる。結果的にはこちらの方がベストの選択であったが、今回もポカをやらかし画像が消滅していたのにはガッッカリ。

                          記
【山行日】2017年6月17日  (曇のち晴れ)                                        
【山行先】祖母山(1756m) &障子岳(1703m)&親父山(1644m)&黒岳(1578m):宮崎県高千穂町北谷登山口
【山行者】単独
【行動コース】北谷登山口P(6:15)~千間平(7:20)~三県堺(7:40)~国観峠(8:00/8:05)~9合目小屋(8:45/9:10)~祖母山(9:25/9:50)~尾平分岐(10:40)~ミヤマ公園(10:50/11:00)~障子岳(11:40/11:55)~親父山(12:25)~黒岳(12:50)~北谷登山口P(14:15)
【行動時間】8時間00分(休憩時間む)
【行動記録】
1)北谷登山口から祖母山まで
 久し振りの北谷登山口、準備を済ませ登山口の写真を撮ろうとするとデジカメにSDカードが入っていない。
予備のSDカードを常時持ち歩いているので、予備のSDカードを取り出そうとするとSDカードを補充していなかった。なんとヘマなことをと思いつつもうひとつのカメラを持って行く事にした。
 国観峠まではやる心を抑えながら順調に歩いてきた。目指すは9合目小屋のオオヤマレンゲ。小屋にザックを置いてオオヤマレンゲをあちこちと探すも開花したものには出会えなかった。今にも咲きそうな蕾は沢山あるのだが、どうも2日程早かった様だ。
 こうなると山頂のミヤマキリシマだが、見頃の株がまだ残っていたのでひとまず心が満たされたが、青空がないのには意気消沈だった。

2)祖母山から障子岳
 山頂直下の岩場登山道にロープが新たに取り付けれていたので難儀することなく通過できた。次の梯子場は慎重に。あとは縦走路歩き、先ずは尾平分岐を目指す。天狗岩には登らずミヤマ公園に着くも殆どミヤマキリシマは終わっていたが、見頃のミヤマキリシマもあった。写真を撮っていると一人の男性登山者がミヤマ公園に。どちらかの登山口からとお聞きすると上畑からとの返答。興味が湧いてきたのでさらに会話をしているとなんとなんと1日で祖母・傾山完全縦走との事であった。これにはもうビックリ。
 ミヤマ公園から降り始めるとミヤマキリシマの群生地がありまだ見頃であった。これで心も晴れる。足は重たいのだが障子岳を目指しているとオオヤマレンゲを発見。ここのオオヤマレンゲは開花していたので祖母山を背景にパチリ。やっと開花したオオヤマレンゲを見ることができた。

3)障子岳から親父山そして黒岳
 障子岳から親父山の登山道にはバイケイソウの群生地があるのだが、開花しているバイケイソウは少なかった。アメリカ空軍B-52墜落の地を過ぎて親父山がもう少しというところでオオヤマレンゲに出会った。今日1番の見事な開花したオオヤマレンゲにもう心は有頂天になった。そして、今日最後のピーク黒岳に立ち寄る。

4)黒岳から北谷登山口まで
 ストックを仕舞い急登の降り、笹をつかみながら滑らない様に慎重に歩く。急登を過ぎると今度はガレ場歩き。このガレ場コース歩きも変化があり面白い。14時過ぎに北谷登山口に無事ゴールイン。駐車場にもまだ多くの車があったが、北谷登山口近くの空き地には多くの車が停められていた。これにはビックリ。

《一口メモ》
 親父山のオオヤマレンゲをアップしょうと思いSDカードを開くと6月17日に撮った画像がすべて消去されていた。これにはショックだった。

                                               
                                                    以上