山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
こんばんは、うすきさん ..
by ポンちゃん at 22:16
信ちゃん&俊ちゃんさん、..
by tinnan1515 at 07:31
うすきさん、こんばんは。..
by 豊津の信ちゃん at 21:11
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:54
おはようございます、うす..
by 風来坊 at 06:29
いーさん、こんにちは。 ..
by tinnan1515 at 16:06
うすきさんおはようござい..
by kabuto1952 at 10:13
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:22
うすきハッピーリタイアメ..
by 風来坊 at 07:08
higeさん、こんにちは..
by tinnan1515 at 16:20
メモ帳

2017年 06月 06日 ( 1 )

東山いこいの森での花散策!(別府市)

 九州は今日から梅雨入りで週末は傘マークである。ミヤマキリシマの見頃な時期に雨とは、実に残念であるがこればかりはどうする事もできない。
 さて、最近気になっている花はハンショウヅル。『大分の山・登山記』のブログで東山いこいの森で見られることを知り得たので出掛ける事にした。しかし、ハンショウヅルとの出会い叶わなかったが、ウリノキの花を観賞する事が出来たので嬉しかった。
e0272335_18192147.jpg
ウリノキ科ウリノキ属 (落葉低木). 大きな葉が、瓜の葉に似ていることから。

                           記
【山行日】2017年6月6日  (晴れのち曇)                                         
【山行先】水口山(896m) &青梅台(896.3m):大分県別府市
【山行者】単独
【行動コース】東山いこいの森(9:45)~(13:00)
【行動時間】3時間15分(休憩時間む)
【行動記録】
 由布岳正面登山口はご存知だと思うのだが”東山いこいの森”はどうだろうか。
e0272335_18304153.jpg
由布岳正面登山口でこの説明板を目にされたことはあると思うのだが。
e0272335_18383084.jpg
自然観察路を歩き始めると早速にツチアケビを見ることができた。
e0272335_1840736.jpg
背の低い自分でも目の高さで見られるのが良いな。ヤマボウシは今季お初?
e0272335_1843171.jpg
自然観察路から由布岳を眺めるも曇空。昨日は素晴らしい天気だったのに今日は残念賞。
e0272335_1846635.jpg
今日、秘かに期待をしていたウリノキに出会ったがまだ蕾。
e0272335_1848453.jpg
開花したものはないかと見渡すもこの程度。でも諦めずにどんどん進んで行くと。
e0272335_18503868.jpg
咲いていました!
e0272335_18513187.jpg
咲き始めの感じ。まだ蕾が沢山。
e0272335_190473.jpg
カールした花びらがユニークである。
e0272335_1922418.jpg
林間広場の方向に進む。
e0272335_1935287.jpg
最近よく見かける二人静さん。
e0272335_1972058.jpg
観察路はウリノキが多く見られたが、やっと目の位置で撮ることができた。枝が折れていたのには残念。
e0272335_19112862.jpg
可愛いサワルリソウの花。
e0272335_19193275.jpg
オオクヌタソウの花終了後?
e0272335_1920419.jpg
ヤマジオウ(山地黄)の蕾は未だだった。
e0272335_19222362.jpg
山芍薬の種。
e0272335_19255112.jpg
サクラソウの花期終了後。
e0272335_19265236.jpg
この鋸葉は一人静。
e0272335_1928750.jpg
花期終了後のエビネラン。
e0272335_1929594.jpg
同じく花期終了後のエビネラン。
e0272335_19295557.jpg
この時期花は少なかった。水口山に到着。
e0272335_19315087.jpg
さらに歩き続けて青梅台に。
e0272335_19334948.jpg
強烈な香りがするガクウツギ。
e0272335_1936742.jpg
。初めて知る”由布陰桜”。
e0272335_19374525.jpg
木苺を食べながらここまで降りてきた。山頂付近の斜面に咲いているミヤマキロシマ僅かながら確認できた。それにしてもハンショウヅルを見つけることができなく残念であった。

《とある山麓で紅花山芍薬》
そろそろ紅花山芍薬が咲く時期ではないかと淡い期待を抱いていたが、開花直前の可愛い蕾であった。
e0272335_1944131.jpg

e0272335_19443232.jpg

e0272335_19452734.jpg

貴重な花に会えると蕾でも嬉しい。これからも大事に育って欲しいと願っている。

《一口メモ》
 花に癒される日々に感謝。


                                              以上
by tinnan1515 | 2017-06-06 19:40 | 山歩き | Comments(4)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧