2017年 05月 30日 ( 1 )

2017年5月30日   火曜日

 朝食後、東山いこいの森(別府市 由布岳南側丘陵地)へ花散策に出掛けようと思っていたところ、朝食を済ませたおばあちゃんが体調不良になり暫く様子を見る事にした。2時間程床に就いたら気分も良くなったと言うことで一安心。

 家内が買い物から帰るまでは自宅待機であったが、この間ふと思いついたのがロードバイクに乗ってみたいと思った。前立腺手術後の自転車は禁止されていたのだが、手術後半年経過したので大丈夫だろうと判断した。

 半年以上ロードバイクに乗っていなかったため、少々不安はあったが佐賀関まで走る事にした。花を観察しながらゆっくりと漕ぐことを心掛けていた。

 風を切りながら海岸線を走る心地よ良さを肌で感じながらペダルを漕ぐ。そして、今日最初に出会った花はナツズイセンだった。
e0272335_19365757.jpg
自転車を漕ぎながら前方の道路際を見ながら走っているとピンクの花が目に止まった。ナツズイセン(夏水仙)は、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の 多年草である。
e0272335_19403851.jpg
ハマダイコンは終盤で種がついているものもあった。
e0272335_19464617.jpg
白花のハマダイコン。
e0272335_2045051.jpg
ハマダイコンはダイコンが野生化したもの。
e0272335_1947318.jpg
佐志生の海岸公園で昼食タイム。臼杵湾を眺めながらカレーパンとお握りを食べた。そして公園に植樹されていたキンシバイの花を堪能した。
e0272335_1957780.jpg
キンシバイ(金糸梅はオトギリソウ科オトギリソウ属の半 落葉小低木。
e0272335_19591461.jpg
美しい花を見ることができてラッキー。
e0272335_2004260.jpg
食事を済ませて一尺屋に向かっているとなんとホタルブクロが咲いていた。ホタルブクロ(蛍袋とは、キキョウ科の多年草。初夏に 大きな釣り鐘状の花を咲かせる。
e0272335_2032587.jpg
キケマンが辛うじて残っていた。
e0272335_20172947.jpg
葉っぱは大きいが花は小さいツルナ。ツルナ(蔓菜)はハマミズナ科(ツルナ科ともいう)の多年草 。
e0272335_2074245.jpg
多肉で海岸の砂地に生え、食用にもされる。別名ハマヂシャ(浜萵苣)。 
e0272335_2011257.jpg
ここのホタルブクロには感動。
e0272335_20134474.jpg
ホタルブクロの花模様を眺めると、点…の模様があった。
e0272335_20154045.jpg
海岸線で見るカタバミの花は綺麗だった。
e0272335_20193338.jpg
ハマヒルガオ。
e0272335_20201630.jpg
ハマヒルガオ(浜昼顔)はヒルガオ 科ヒルガオ属の多年草。典型的な海浜植物である。
e0272335_20333451.jpg
淡いピンクが素晴らしかった。
e0272335_2021581.jpg
一尺屋の海水浴場。マイロードバイク。次に向かった先はさがのせきバイクロードだった。
e0272335_20263637.jpg
ここのバイクロードは気持ち良く走れる。
e0272335_20282460.jpg
佐賀関精錬所の煙突。
e0272335_20361693.jpg
海岸線に咲く花のオンパレードでなかなか前へ進むことが出来ない。嬉しい悲鳴だった。この花はミヤコグサ。
e0272335_20403218.jpg
ハマエンドウ。
e0272335_20412231.jpg
?。
e0272335_20423461.jpg
ハマボッスは初めて見る花だった。
e0272335_20445867.jpg
ハマボッスはサクラソウ科オカトラノオ属の越年草。
e0272335_20465884.jpg
ハマナデシコはまだ蕾だった。
 この後は自宅に向かいひた走りと言ってもスピードは出ないのだが。
今日走った距離:46.18 Km
平均時速:17.5 Km
時間:2時間37分

《一口メモ》
 久々のロードバイクはとても気持ち良かった。これからもロードバイクを楽しみたいと思った。
それと、海岸の山野草をたっぷりと楽しむ事が出来たのが大きな収穫であった。

                                           以上