山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

2017年 05月 19日 ( 1 )

黒岳縦走でシャクナゲを楽しむ!

 石楠花の花を見たいと思いつつなかなかそのチャンスが巡ってこなかったが、やっと石楠花の花見たさに今日の山行となった。
 さて、石楠花の花を見る山はと言うとなかなか決め切らず、色々と考えた末に黒岳に決定。男池から登ればその他の花も楽しめるだろう。さらには黒岳縦走も視野に入れていた。
e0272335_20251441.jpg
男池から高塚山の登山道の咲いていた石楠花。風穴付近と高塚山までの登山道が見頃だった。
e0272335_20252773.jpg
今日目的の石楠花を見るたびに立ち止まりなかなか足が進まなかった。

                       記
【山行日】2017年5月19日  (晴れ)                                         
【山行先】黒岳(高塚山:1587m&前岳:1334m)
【山行者】単独
【行動コース】男池P(7:00)~かくし水(7:40/7:45)~ソババッケ(8:30/8:35)~風穴(9:45/9:55)~高塚山(11:05/11:35)~上台ウツシ(13:10)~前岳(14:00)~白水分れ(15:05/15:10)~白水登山口(15:25/15:30)~車道歩き~男池P(16:20)
【行動時間】9時間20分(休憩時間む)
【行動記録】
 男池スタート午前6時半を目指していいたのだが、自宅を出たのが午前5時。これでは間に合わない。せめてあと30分スタートが早ければ良かったのだが。
e0272335_20355422.jpg
今朝の中九州自動車道の気温は10℃を切っていた様だ。でも、男池駐車場に着くと燦々と輝く太陽で暑さを感じる程であった。今日の下山コースは白水登山道を考えていたので、男池の橋を撮っておくことにした。
 かくし水に向かっていると、早速にオウギカズラ(扇蔓)に出会った。
e0272335_2048370.jpg
オウギカズラのオンパレードだった。
e0272335_20535875.jpg
キバナノチゴユリはまだ蕾だった。
e0272335_2054574.jpg
ウワバミソウかなぁ?
e0272335_20565935.jpg
クルマムグラ。余りにも小さな花で、自分の技術ではサッパリ。
e0272335_20583070.jpg
ツクバネソウ。花を撮るので一向に前へ進まない。
e0272335_210764.jpg
オオキヌタソウ(大砧草)アカネ科 アカネ属。低地~亜高山帯の林内などに生え、茎の高さは30~60センチ。茎頂や葉腋から伸びた集散花序に直径3~4ミリの緑がかった白色の花をまばらにつける。花冠は4~5裂。葉は4個ずつ数段輪生し
狭卵形または広披針形。いーさん、花の名前ありがとうございました。
e0272335_2105061.jpg
ホウチャクソウ。
e0272335_2112696.jpg
ササユリもあちこちに咲いていた。
e0272335_2124267.jpg
やっとソババッケに到着。
e0272335_2133796.jpg
ソババッケから今日の空を眺めると真っ青。月が出ているのも確認できた。
e0272335_2153010.jpg
山芍薬がまだ咲いていた。ラッキー。
e0272335_2165488.jpg
この二輪のみだった。
e0272335_2174343.jpg
ソババッケから風穴に向かっていると石楠花があちこちに。淡いピンクも美しい。
e0272335_21104329.jpg
奥ゼリ通過。
e0272335_21114847.jpg
風穴まで遠く感じた。これから目指すは高塚山。その前に石楠花観賞。
e0272335_21141697.jpg
アップで見るととても素晴らしい。
e0272335_21143826.jpg
風穴の石楠花は見頃であった。
e0272335_21163994.jpg
黒岳を目指す。小石の登山道は滑らない様に慎重に歩く。
e0272335_21184546.jpg
天狗岩には寄らずに高塚山に11時5分着。少し早いと思ったが昼食タイム。花を愛でた余韻が残り心地よいひと時を山頂で過ごす。さてと予定通り前岳へ縦走するかと新たに決意を固める。汗で湿っていたウエアーを日向に干していたら乾燥していたので再度着用する事にした。それほどに今日は素晴らしい好天気だった。
e0272335_9274748.jpg
予定通り前岳・白水方向に向かう事にした。過去に歩いているのだが数年振りなので気合を入れていたのだが。
e0272335_934353.jpg
ご覧のように最高の山日和。平治岳のミヤマキリシマもちらほら咲き始めたとのいーさんの情報。これからミヤマキリシマ観賞登山が楽しみである。
e0272335_9373983.jpg
ついつい石楠花に目が行きがちだが、目の高さの位置に咲いていたムシカリさんにもご挨拶。
e0272335_9394141.jpg
一番奥に見えているのは由布岳。花牟礼山の稜線もはっきりと。そして、手前のピークが前岳かと思ったのだが糠喜びだった。
e0272335_9445324.jpg
縦走路でも石楠花を満喫。
e0272335_9453146.jpg
別の場所で石楠花の色合いを楽しむ。
e0272335_9481187.jpg
上台ウツシに到着。そろそろ前岳が近づいてきたぞと思いつつ足を進めるが重たかった。
e0272335_10202265.jpg
上台ウツシから登りつめてピークに立つとそこにはイワカガミが咲いていた。今季お初の花に出会うと疲れも半減とまではいかないが癒される。この場所が前岳かと思い山頂標識を探すもどこにも見当たらなかった。前岳は次のピ-クの様である。
e0272335_10284228.jpg
前岳はまだかと思いながら歩いていると見事なしシャクナゲにパワーを頂く。要するに休憩タイムである。
e0272335_1032980.jpg
色合いもなかなか素晴らしい石楠花であった。
e0272335_10342192.jpg
やっと前岳に着く。それにしても長い長い縦走路あるきだった。でも、これからもまだま大変な歩きが待っているのだが。
e0272335_1037624.jpg
前岳から白水分れ分岐点までの登山道は急登で岩場が続き難儀した。でもここまで来れば一安心。駐車場に着くまではまだまだ頑張りが必要。白泉荘に進む。
e0272335_10423399.jpg
白水コース登山口に下山。この地点から男池駐車場まで車道歩き。炎天下の車道歩きは登りなので足が重たくてスローペース。駐車場に着いた時は疲れ果てていた。

《一口メモ》
 自分の脚力を省りみず、黒岳縦走を試みたのだがなんとか縦走できたのでホッとしている。これも石楠花のお陰だろうと思っている。また、色々なお花に感謝の一言であった。

                                                 以上
by tinnan1515 | 2017-05-19 20:30 | 山歩き | Comments(6)
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー