山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
信ちゃん&俊ちゃんさん、..
by tinnan1515 at 07:31
うすきさん、こんばんは。..
by 豊津の信ちゃん at 21:11
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:54
おはようございます、うす..
by 風来坊 at 06:29
いーさん、こんにちは。 ..
by tinnan1515 at 16:06
うすきさんおはようござい..
by kabuto1952 at 10:13
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:22
うすきハッピーリタイアメ..
by 風来坊 at 07:08
higeさん、こんにちは..
by tinnan1515 at 16:20
うすきさん、こんにちは。..
by higetias at 10:59
メモ帳

2017年 04月 18日 ( 1 )

男池&清滝での花散策!

2017年4月18日  (曇りのち晴れ)

 翁草とホソバノコバイモの花を見たので、次はシロバナエンレイソウを見たいと思い男池で花散策をする事にした。そして、4月4日に清滝で花散策したのだが山葵の花がまだ蕾だったので、こちらにも足を運ぶ事にした。
e0272335_19292255.jpg
シロバナエンレイソウ (白花延齢草) 。 別名:ミヤマエンレイソウ(深山延齢草)。ユリ 科 エンレイソウ属. 低地~亜高山帯の湿り気のある林内などに生え、茎の高さは20~ 40センチ。茎頂に直径3~5 センチの白色の花を1個つける。

1)男池での花散策
 自宅を出たのは午前8時、この時点では空は雲に被われていた。今日は山頂を目指す計画はなかったので曇でも良いかと思いつつ男池に向かった。しかし、男池に着いた時は素晴らしい好天気に恵まれた。天気予報通りとなった。 (ギャラリー茶屋 おいちゃん家)に立ち寄り花の開花情報をお尋ねすると、シロバナエンレイソウは咲いているとのことだった。
e0272335_19394348.jpg
おいちゃん家に咲いていた花。花の名前を教えて頂いたのだが忘れてしまった。
e0272335_1942589.jpg
かくし水周辺までの花散策を予定。先ず最初はシロバナネコノメソウ(白花猫目草)。
e0272335_19443755.jpg
バイケイソウが青々と生い茂っていた。
e0272335_19452541.jpg
そして、今季お初の一人静。
e0272335_19491888.jpg
男池の森の木々は芽吹き始めていた。
e0272335_19503359.jpg
ユキザサも花蕾。開花したユキザサに会えないかな?
e0272335_19515722.jpg
ツルシキミの花。
e0272335_195372.jpg
こちらはツルシキミは満開だった。
e0272335_19542133.jpg
生命の木。
e0272335_19585162.jpg
上を見上げたあとは下を見ながら。淡いピンクのスミレ。ふかふかの絨毯から顔を覗かせていた。
e0272335_200553.jpg
つい先日、ハルトラノオを見たのだが、ここのハルトラノオは迫力満点だった。
e0272335_2014262.jpg
ハルトラノオ(春虎の尾)とは、タデ科イブキトラノオ属の多年草。別名、イロハソウ。
e0272335_2021327.jpg
岩の上はハルトラノオで占領されていた。
e0272335_2061027.jpg
ヤマシャクヤクの花蕾。まだまだ先の様だ。
e0272335_2081970.jpg
ミツバコンロンソウ(三葉崑崙草)にも会えた。そして、今日本命の花!
e0272335_2092973.jpg
やっと会えました。嬉しい!大きな葉の上にちょこんと小さな花。この花がシロバナエンレイソウ。ユリ 科とは、勉強になりました。
e0272335_20122348.jpg
雪割りイチゲがまだ咲いているとは。ラッキー。
e0272335_20134380.jpg
コガネネコノメソウ(黄金猫の目草)。いろいろな花に会えて楽しいなあ。
e0272335_20155386.jpg
ここにもシロバナエンレイソウが。花をアップで見ると。
e0272335_2017466.jpg
このような可愛らしい花であった。
e0272335_20181993.jpg
ムラサキエンレイソウもあるようだが、今回は出会い叶わず。
e0272335_20211573.jpg
再びシロバナネコノメソウ。
e0272335_20225534.jpg
迫力満点の巨木。
e0272335_20243133.jpg
そして、こちらは鳥の足。これから男池名水の滝に向かう。
e0272335_20283435.jpg
エイザンスミレだけは名前を覚えているのだが。この色合いに癒される。
e0272335_20302819.jpg
一人静が大勢の仲間と楽しく語らっていた。
e0272335_20322776.jpg
今日は本命のシロバナエンレイソウとの出会いがいっぱい。
e0272335_20335766.jpg
もう一度じっくりと花の観察。
e0272335_2034546.jpg
まってました。サバノオの花。惚れ惚れです。
e0272335_2036560.jpg
ヤマエンゴサク(山延胡索)。
e0272335_2038291.jpg
オオキツネノカミソリの大群生地。
e0272335_2039795.jpg
この美しさには感動であった。
e0272335_20402031.jpg
男池名水の滝。
e0272335_4512754.jpg
滝の近くにひっそりと咲いていた一人静かに哀愁を感じた。
e0272335_4525849.jpg
淡い紫色の菫。エイザンスミレの様な艶やかさはないが何となく心に響く色合いだった。
e0272335_4553932.jpg
ついに出会ったササユリの一輪の花、諦めなくて良かった。
e0272335_4582583.jpg
ネコノメソウ?
e0272335_505440.jpg
サバノオ。この花に会えて感激。あの小さな花がこんなに美しいとは。
e0272335_553712.jpg
こんこんと湧き上がる男池の湧水。
e0272335_564363.jpg
今日は沢山のシロバナエンレイソウに会えることができ嬉しかった。
e0272335_581627.jpg
男池での花散策は時間を忘れるほど熱中、そして楽しかった。

2)清滝での花散策
 男池から清滝に移動しての花散策。その後のサバノオそして、新たな花に会えるのか興味津津だった。
e0272335_5592759.jpg
先ずは若葉薫る清滝の風景から。
e0272335_624165.jpg
ヤマネコノメソウ (山猫の目草)。小さな茶色の粒はヤマネコノメソウの種かな。
e0272335_521365.jpg
おっ!白い花が咲いているぞ。ニリンソウだな。純白で清楚な花だった。
e0272335_5235230.jpg
清滝でニリンソウが見れて良かった。
e0272335_5372055.jpg
この花はイチリンソウ。
e0272335_5382471.jpg
イチリンソウ(一輪草)は、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。
e0272335_5325331.jpg
茎葉は3枚が輪生し、鞘状の柄を持つ。小葉は3出複葉で羽状に深裂する。
e0272335_8471480.jpg
木の枝に小さな花が咲いていた。木の名前は?
e0272335_8485814.jpg
終盤を迎えた様なシロバナネコメノソウ。
e0272335_8501230.jpg
この花の蕾は名前を知らないのだが。
e0272335_8515747.jpg
サバノオの花を一つも見かけないと思っていたらサバノオになっていた。
e0272335_8535462.jpg
本当に花の命は短いものである。でも、生命を残そうとこのような姿に。
e0272335_8561784.jpg
ここには白色の菫が咲いていた。清楚な菫も良いな。
e0272335_859286.jpg
コチャルメルソウ(小哨吶草 )は、ユキノシタ科チャルメルソウ 属の多年草。花の時期が終焉か。
e0272335_932765.jpg
この花を見るために清滝に来たのだが会えて良かった。山葵の花。
e0272335_9142152.jpg
ワサビ(山葵)は、アブラナ科ワサビ属の植物。
e0272335_981123.jpg
こちらは咲き始めの山葵。
e0272335_9112269.jpg
イワタバコの葉っぱ。それにしても清滝では色々な山野草が楽しめそうだ。
e0272335_9174337.jpg
ヤマルリソウもいっぱい見ることができた。
e0272335_9183240.jpg
このヤマルリソウはやゃ白っぽかった。
e0272335_9212480.jpg
ニリンソウ(二輪草)は、キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草 。春山を代表する花のひとつ。
e0272335_9215572.jpg
ニリンソウの花言葉の由来。花言葉の「友情」「協力」「ずっと離れない」は、ひとつ茎に仲よく2輪の花を咲かせることにちなみます。

《一口メモ》
 男池と清滝で花にどっぷりと浸かることができ至福の時間帯であった。花に魅了されたり、癒されたりと自分の生活は花との縁が切れそうにない。

                                                 以上
by tinnan1515 | 2017-04-18 20:30 | 山歩き | Comments(2)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧