山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ポンちゃんさん、おはよう..
by tinnan1515 at 08:40
おはようございます、うす..
by ポンちゃん at 08:18
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:02
おばんちょさん、おはよう..
by tinnan1515 at 07:55
jinashiさん、おは..
by tinnan1515 at 07:44
おはようございます、うす..
by 風来坊 at 03:53
はじめまして。御池と、今..
by おぱんちょ at 23:22
40分ほどのニアミスでし..
by jinashi at 18:06
悟空さん、おはようござい..
by tinnan1515 at 07:56
のんびり夫婦さん、おはよ..
by tinnan1515 at 07:51
メモ帳

2017年 04月 04日 ( 1 )

籾山神社周辺&清滝での花散策、そして大船山!

 アズマイチゲとサバノオを見たいとの思いに駆られる。自分が把握できている所は籾山神社周辺の畑地と清滝であった。その後は花牟礼山に登る計画であった。
e0272335_2041262.jpg
サバノオを初めた見たのは清滝であった。その時は信ちゃんに案内してもらったのだが、その時の感動が今でも忘れられない。何の花でも最初に出会った場所に再び訪れる様だ。
e0272335_2055322.jpg
今季お初のシロバナネコノメソウに会えて嬉しいの一言。

                           記

1)籾山神社周辺の花散策
 アズマイチゲの花だけに的を絞っていたのだが思わぬ花との出会いにはビックリだった。先ずはアズマイチゲだが霜が降りていた為か花は全て萎んだ状態であった。
e0272335_20284730.jpg
今日の目的の花、アズマイチゲは時間帯が早やかったのか開花していなかった。
e0272335_202919100.jpg
畑の土手周りには沢山のアズマイチゲがあるのだが、自分の心も萎んでしまった。
e0272335_20294841.jpg
少し開きかけていたアズマイチゲ。でも、このあと思わぬ展開が。
 諦めきれずに山道を登り始めると黄色い花が目に飛び込んできた。なんと福寿草ではないか。福寿草は籾山神社境内近くの畑地に咲くものと思い込んでいたのでもうビックリ。
e0272335_2041423.jpg

e0272335_2042313.jpg

e0272335_20425945.jpg

 そして、次なる出会いはツクシショウジョウバカマの群生であった。
e0272335_20464922.jpg
笹の中にはツクシショウジョウバカマの群生が。
e0272335_2049174.jpg
ツクシショウジョウバカマの咲き始めがとても魅力を感じる。
e0272335_20502197.jpg
花弁は五弁だったのか。
e0272335_20504312.jpg
雄しべの色が段々と薄らいでいた。
e0272335_20545137.jpg
ヒメオドリコソウが群生していた。
e0272335_20555079.jpg
大船山と黒岳を眺めながら、花牟礼山に登る事をキャンセルする事にした。何故ならば福寿草を見に行こうと思っていたのだが、此処で福寿草を見ることができたので熱が覚めてしまった。次はサバノオだ!

2)清滝
 籾山神社から清滝に移動する。アズマイチゲが不発に終わったのでサバノオに期待していた。
e0272335_210582.jpg
この地点までに車を乗り入れ清滝まで歩いて花散策。
e0272335_216751.jpg
歩き始めると早速にユキワリイチゲに出会う。まさか、ここに咲いているとは幸先の良いスタートであった。
e0272335_2175885.jpg
ネコノメソウ?
e0272335_2184942.jpg
オオキツネノカミソリも沢山あった。
e0272335_5121992.jpg
この時点では花の名前をすっかり忘れていた。ブログ投稿準備中にやっとシロバナネコノメソウの名前が分かった。それにしても可愛らしい花であった。気分ルンルン。
e0272335_516483.jpg
シロバナネコノメソウ (白花猫の目草) ユキノシタ科 ネコノメソウ属。ユキノシタ科 とは知らなかった。一つ勉強になりました。
e0272335_5195043.jpg
コチャルメルソウ(小哨吶草、学名:Mitella pauciflora )は、ユキノシタ科チャルメルソウ属の多年草。花が余りにも小さいのでピントを合わせるのに一苦労。この花もユキノシタ科だった。
e0272335_523471.jpg
わさびの花はまだだった。残念。
e0272335_527313.jpg
サバノオの群生地に着くも、大きく開花していないものばかり。でもサバノオを見ることができて良かったよかった。次の出会いを楽しみに。
e0272335_5314911.jpg
お花を楽しんだあとは清滝の見学。下の方に虹がかかっていた。
e0272335_5343515.jpg
清滝の花観賞を終えて次の目的地に移動中、山際に白い物がみえたので降りて確認するとヤマルリソウだった。
e0272335_53515.jpg
今季お初のヤマルリソウを清滝で見られるとはラッキーだった。

3)大船山山行
【山行日】2017年4月4日  (晴れ)                                         
【山行先】大船山(1786.2m)
【山行者】単独
【行動コース】今水登山口(9:50)~岳麓寺&風穴分岐点(10:50/11:00)~大船山(13:15/13:45)~岳麓寺&風穴分岐点(14:55/15:00)~今水登山口(15:35)
【行動時間】5時間45分(休憩時間む)
【行動記録】
 清滝から今水登山口までの移動時間はあっという間だった。今日登る山は花牟礼山だった筈が大船山になってしまった。
e0272335_5463274.jpg
雲一つない快晴で絶好の登山日より。意気揚々と出発したのだが?
e0272335_5514558.jpg
風穴コースに進む。今水登山口からの大船山登山は久し振りだった。
e0272335_5541684.jpg
登山道に倒木の障害物が。短足の自分は超えるの一苦労。(笑)
e0272335_5555439.jpg
入山墓と風穴コースの分岐点。ここでは風穴コースに向かう。
e0272335_881877.jpg
”山は美しく、楽しく”まさにその通り。新しい標識かな?
e0272335_8123763.jpg
殺風景な岩場地帯だが間も無く若葉が芽吹き風景も一変する事だろう。
e0272335_8144834.jpg
足取りがそこそこに軽かったのは岳麓寺分岐点までであった。”今日はヘルメット着用で安全対策”。なんだか安全標語みたい。(笑)
e0272335_8181839.jpg
この地点が前セリだった事を忘れていた。矢印の方向に進めば風穴・黒岳コース。
e0272335_823452.jpg
今日は東尾根コースから大船山を目指した。標識には”yamap”と記載されていた。この東尾根コースは思い出のコース。
e0272335_8265195.jpg
登山道が雨水で削り取られ凹んでいる上、黒土の為歩きにくいこと。やゃ湿った程度だったので本当に助かった。
e0272335_830129.jpg
登山道にはまだ残雪が。滑らない様に注意して歩く。
e0272335_832046.jpg
急登が続くので立ち止まる回数が多いこと。展望の良いところから黒岳を見渡す。由布岳も微かに見えていた。
e0272335_834281.jpg
東尾根コースの一番注意を要する急登。ロープや木に掴まり懸命に登る。この場所を登りきるとホットする。
e0272335_8371134.jpg
でも登山道は段々と雪が深くなっていくも歩くのには差ほど問題はなかった。
e0272335_8384338.jpg
山頂間近な地点から御池を眺める。
e0272335_8403576.jpg
やっと大船山にたどり着いたと行った感じ。やぁ疲れました。静かな山頂で遅い昼食タイム。
e0272335_8524569.jpg
この光景はいつ眺めても素晴らしい。心が和むひと時である。
e0272335_8541654.jpg
くじゅうの山肌にはまだ残雪が。4月と言うのに山はまだ冬だった。
e0272335_8551410.jpg
北大船山、米窪。ミヤマキリシマが咲く時期が待ち遠しい。登りで疲れ果てたのでゆっくり休息し下山開始14時前だった。
e0272335_855406.jpg
木に掴まりながら急登降り三角点がある地点まで降りてきた。それにしても緊張感が続く下りは難儀する。
e0272335_856234.jpg
今水登山口にゴールイン。今日の前パンはお花で大満足。後半の大船山は登れたと言う達成感で心は満ち足りていた。

《一口メモ》
 花散策も目的の花に会えると望外の喜びを感じる。さて、次に目指す花は翁草、センボンヤリ、キスミレ等等。また、雨乞牧場に足を運びたい。

                                               以上
by tinnan1515 | 2017-04-04 20:15 | 山歩き | Comments(4)


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧