山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ポンちゃんさん、おはよう..
by tinnan1515 at 08:40
おはようございます、うす..
by ポンちゃん at 08:18
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:02
おばんちょさん、おはよう..
by tinnan1515 at 07:55
jinashiさん、おは..
by tinnan1515 at 07:44
おはようございます、うす..
by 風来坊 at 03:53
はじめまして。御池と、今..
by おぱんちょ at 23:22
40分ほどのニアミスでし..
by jinashi at 18:06
悟空さん、おはようござい..
by tinnan1515 at 07:56
のんびり夫婦さん、おはよ..
by tinnan1515 at 07:51
メモ帳

白水の滝での花散策&扇ヶ鼻山行

 台風明けの二日後に山行計画立てた。山行先は随分悩んだのだが久しく登っていなかった大障子岩に決めた。コースは白水から八丁越、大障子岩だったのだが。その後、時間に余裕があれば白水の滝での花散策を予定していた。

 三度目の正直でやっとアケボノシュスランとタカネハンショウヅルの出会いが叶った。嬉しいの一言。
e0272335_1865555.jpg
アケボノシュスラン(曙繻子蘭)は、ラン科 シュスラン属の多年草。
e0272335_1871124.jpg
タカネハンショウヅル(高嶺半鐘蔓) キンポウゲ科 センニンソウ属. 日当たりの良い林縁などに生える蔓性の落葉低木。

                       記
【行動記録】
 大障子岩に登れば大文字草が見られるかも知れないとの目論見。午前4時半過ぎに自宅を出て白水登山口を目指した。途中通行禁止の柵が2ヵ所あったが、車が通れるスペースが開けられていたのでそのまま進む。土砂は全て除去されており通行可能だった。そして、最後の白水登山口に向かって車を走らせていると。
e0272335_18593610.jpg
白水登山口まで間近の地点で崩落現場に遭遇。車の通行は不可能だった。この時点で大障子岩は諦める事にした。

1)白水の滝での花散策
e0272335_19122834.jpg
白水の滝は陽目の里名水茶屋を目指せば良い。
e0272335_19163456.jpg
水を吐き岩をも浮かす水流の雲影走る白水の滝
e0272335_19201795.jpg
水量が多く迫力があった。
白水の滝に訪れるのは今回で3回目。目的の花はもちろんアケボノシュスランとタカネハンショウヅルだった。果たして三度目の正直となるのか。
e0272335_19213866.jpg
滝に向かって歩いていると、今季お初のフユノハナワラビ(冬の花蕨)を見ることができた。
e0272335_19374893.jpg
昨年初めて見た場所をじっくりと見ていたらやっと蕾のアケボノシュスランを見つけることができた。開花しているアケボノシュスランはないのかとキョロキョロ。
e0272335_1941349.jpg
小さな花が一輪開花していた。もっとないのかと探すもふた株だった。でも今日見ることができてとても嬉しかった。
次はタカネハンショウヅルだ!
e0272335_19493495.jpg
やっと見つける事ができた。横からの姿。
e0272335_19501149.jpg
少し下から眺める。
e0272335_1951819.jpg
真下から眺めるとこんな形状だった。
e0272335_19513697.jpg
タカネハンショウヅルの全体の姿。

2)七ツ森古墳(彼岸花)
 白水の滝から扇ヶ鼻への移動中、七ツ森古墳に寄る。もちろん彼岸花である。
e0272335_19582111.jpg
七ツ森古墳群の説明。
e0272335_2015939.jpg
満開見頃はもう少し先の様だ。
e0272335_2022852.jpg
彼方に見えるのはくじゅう連山。

3)扇ヶ鼻山行
【山行日】2017年9月19日  (晴れのち曇)                                        
【山行先】扇ヶ鼻(1698m):大分県九重町
【山行者】単独
【行動コース】阿蘇ユネスコジオパークP(10:00)~瀬の本登山口~岩井川岳分岐点(11:45/11:50)~扇ヶ鼻(12:20/12:50)~阿蘇ユネスコジオパークP(14:15)   
【行動時間】4時間15分(休憩時間含む)
【行動記録】
 山行先を扇ヶ鼻と選択したのは時間の事と、リンドウを見たいと思っていたからである。
e0272335_207664.jpg
阿蘇ユネスコジオパークの駐車場が出発地点。
e0272335_20114099.jpg
山道の様子が気になっていたが、散乱した木の枝は至るところに。そして、団栗の小道となっていた。
e0272335_5273181.jpg
岩井川岳分岐点までは花も見かけず無心に歩く。途中で下山者の方2名にお会いした。一人のお方と少しばかりお話をすると、今日は中岳・久住山への登山者が少ないと。
e0272335_5335220.jpg
やっと花に出会えた。ツクシミカエリソウが咲いていた。
e0272335_5355871.jpg
山頂が近づくと花が見え出してきた。ヤマラッキョウはまだ蕾。
e0272335_5375671.jpg
一番見たかったリンドウに会えると心も晴れやかになる。扇ヶ鼻を目指して良かったなぁ。
e0272335_5403168.jpg
熊笹の中からにょきにょきと顔を出していたホクチアザミ。
e0272335_544312.jpg
マツムシソウはすでに終盤。余り花を見かけなかった。
e0272335_5452361.jpg
扇ヶ鼻に着くも見晴らしが今一つ。登山道に目をやると登山者の姿は殆どなかったが、扇ヶ鼻に向かっておられる方が3名。昼食の前に先ずは花散策。
e0272335_5493983.jpg
山頂で目に付いたのはやはりリンドウ。沢山咲いていた。
e0272335_5505841.jpg
フクオウソウは山道で見たのだが山頂でゆっくりと観賞する。
e0272335_5521617.jpg
ヤマラッキョウの開き始めた数輪の花を見る事ができた。なんとも言えない色合いが素敵だ。
e0272335_555195.jpg
マツムシソウを見るのはこの花が最後になるのか?まだ見れるような気もするのだが。
この後昼食タイム、今回も簡単なお握りであった。3名の方にご挨拶し12時50分下山開始。降りは滑る可能性が高まるので慎重に歩く。
 そして、登山口が近づくところにてこの花が。登りの時には全く気がつかなかった。
e0272335_7354493.jpg
その花はアケボノソウ。今季は1回の出会いであったのでもう少し楽しみたいと思っていた矢先に、この登山道で見られるとは望外の喜びであった。
e0272335_7382511.jpg
近くには蕾を付けた数株のアケボノソウが見られた。何よりも自分にとっては新たなる発見、これは嬉しい出来事であった。これで気分浮き浮き。駐車場までの足取りが軽くなった。

《一口メモ》
 台風のあとでやゃ躊躇したのだが思い切って山行計画を立てた。結果自分の見たい花との出会いが叶い嬉しかった。もう若くはない。やりたいことは元気な内にどんどんと実践する気持ちを失いたくないと思っている。

                                               以上
by tinnan1515 | 2017-09-19 19:00 | 山歩き | Comments(2)
Commented by ポンちゃん at 2017-09-19 20:13 x
こんばんは、うすきさん
大障子岩は残念でしたね。
でも、開花したアケボノシュスラン、ピンクが入ってとてもいいです。
タカネハンショウヅルもまだ見たことが無いので宿題ですね。
Commented by tinnan1515 at 2017-09-20 05:23
ポンちゃんさん、おはようございます。
台風の爪あとを至るところで見ましたが、偶然にも登ろうとする道の土砂の堆積にはビックリでした。
三度目の正直でアケボノシュスランとタカネハンショウヅルを見ることができて良かったです。
ポンちゃんさんとタカネハンショウヅルの出会いはまだでしたか。
是非ご覧になってくださいませ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< のんびりとした一日! 里山歩き! >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧