山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp
ブログトップ

神楽女湖&志高湖&倉木山にて花散策!

 山の虫が騒ぎ始めたので神楽女湖と志高湖に立ち寄り、湿地・水辺に咲く花散策。山は倉木山に登る事にした。もちろん倉木山は花目当てだった。
e0272335_18204261.jpg
神楽女湖に咲いていたエゾミソハギ
e0272335_18224792.jpg
初めて見たミズギク(水菊 )。キク科オグルマ属の多年草。志高湖にて。

                       記
【山行日】2017年8月16日  (曇時々晴れ)                                       
【山行先】倉木山(1.160m):大分県由布市
【山行者】単独
【行動コース】倉木山登山口(12:10)~倉木山(13:15/13:30)~倉木山登山口(14:30)
【行動時間】2時間20分(休憩時間む)
【行動記録】
 倉木山に登る前に神楽女湖と志高湖で湿地・水辺で咲く花散策を思いついたので実行に移した。8月の神楽女湖と志高湖花散策は初めてであった。
1)神楽女湖
e0272335_18323765.jpg
今日の由布岳は雲に隠れて見えなかったが鶴見岳は山容が見えていた。
e0272335_18355293.jpg
ピンクの花が沢山咲いていたので近づいてみるとエゾミソハギだった。エゾミソハギは坊がづるで見ていたのだが、神楽女湖にも咲くとは知らなかった。
e0272335_1838523.jpg
ミソハギ科の多年草。ミソハギに似るが、エゾミソハギは萼(がく)や茎、葉も有毛で、葉の基部が茎を抱き、区別される。北海道から九州の湿地に生える。
e0272335_18423336.jpg
ムラサキツユクサ:紫露草) は、ツユクサ科ムラサキツユクサ属の植物。 
e0272335_1843379.jpg
木の実、名前は?

2)志高湖
e0272335_18445578.jpg
志高湖と言えば白鳥でしょう。
e0272335_18463678.jpg
しばし白鳥を眺め楽しむ。
e0272335_1848289.jpg
志高湖にもエゾミソハギが沢山咲いていた。
e0272335_185036.jpg
志高湖の水辺に咲くエゾミソハギ。
e0272335_1852040.jpg
こちらにはミズギク。
e0272335_18533390.jpg
水辺に咲くアゼムシロ。ミゾカクシ(溝隠)はキキョウ科ミゾカクシ属の雑草。和名は、溝を 隠すほど茂ることから付けられた。また、田の畦に筵を敷いたように生える様子から アゼムシロ(畦筵)ともいう。
e0272335_18561750.jpg
志高湖から由布岳と鶴見岳を眺める。
e0272335_1923967.jpg
キツネノカミソリも見ることができた。
e0272335_1941094.jpg
小鹿山登山道入口。今日は確認だけ。
e0272335_1984569.jpg
山際にヒゴタイが咲いていた。
e0272335_1920263.jpg
志高湖でヒゴタイが見られるとはラッキー。
e0272335_19212190.jpg
サイヨウシャジンも見ることができた。

3)倉木山
 12時10分スタート。駐車場から歩き始めるとツクツクボウシの合唱が聞こえてきた。最初の舗装道歩きで一気に汗ばんでくる。早く樹林地帯に入りたいのだがスタート時点は足が進まない。山路に入り一息つく。ヤマアジアイはすっかり終わっていたがクサアジサイが所々で賑わっていた。
e0272335_19314070.jpg
小さな淡いピンクの花がとても可愛らしい。
e0272335_1933454.jpg
今季お初のソバナ。
e0272335_1934225.jpg
シギンカラマツ。今年は花の咲き具合が今一つの様な気がする。
e0272335_1936162.jpg
山頂に着く前にヤマトラノオ、コオニユリ、ホソバシュロソウ、オオナンバンギセルを確認していた。由布岳はガスの中だった。コーヒータイム後、花が咲いている所に立ち寄る。
e0272335_1941199.jpg
山頂に咲いていたコバギボウシ。
e0272335_19425976.jpg
ヤマトラノオ。オカトラノオはすっと名前が出てくるのだが、ヤマトラノオはすぐには名前が出てこなかった。
e0272335_19451244.jpg
ゴマノハグサ科の多年草。本州〜 九州,東アジアの山地の草原にはえる。
e0272335_1949836.jpg
ホソバシュロソウも今季お初。
e0272335_19502639.jpg
シュロソウ属はユリ科の属の一つ。
e0272335_1956393.jpg
倉木山で一番見たかったオオナンバンギセル。残念ながら花は終盤だった。オオナンバンギセル(大南蛮煙管)はハマウツボ科 ナンバンギセル属の一年草の寄生植物。
e0272335_200565.jpg
倉木山山頂を背景にコオニユリを撮る。
e0272335_2033295.jpg
タマゴダケを見っけ。
e0272335_2044976.jpg
下山途中で由布岳が見え始めてきた。

《一口メモ》
 今日も色々なお花を楽しむことができ大いに満足。歩数も15.000歩クリアーできた。

                                        以上
Commented by y.tokimatu at 2017-08-24 11:22 x
こんにちは、
志高湖、神楽女湖ですね、好きな場所で妻と良く行きます。私のブログは、玖珠、九重オンリーですので、他地区の事が見られる当ブログは、有り難いです。
23日に扇ヶ鼻、岩井川岳に行きましたが、暑くて閉口しました。
Commented by tinnan1515 at 2017-08-24 19:00
tokimatuさん、こんばんは。
湿地に咲く花の散策で志高湖と神楽女湖に行って参りました。
奥様と行かれる所でしたか。菖蒲や桜が良いですよね。
この時期風がないと山は暑いです。
24日に三俣山に登りましたが、秋の気配を感じる風で助かりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tinnan1515 | 2017-08-16 20:10 | 山歩き | Comments(2)

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515