イエローカサブランカが咲いてくれた!

2017年7月7日   金曜日

 桔梗の独特な形をした蕾を見ながら「桔梗の花 咲く時ぽんと 言ひそうな」 の句がここ数日間浮かんでいた。

 でも今回の蕾はイエローカサブランカである。昨日蕾を見た時、開花は明日だろう思い今日を楽しみにしていた。午前6時過ぎに新聞取りに玄関に出た時、開花様子を確認すると予想が的中し開花し始めていた。

 図書館に出掛ける前にもう一度開花様子を見ると大きなイエローカサブランカの花が咲いていた。そっと鼻を近づけると強い香りだった。

 今日は一輪のみの開花であったが明日は二つ目を楽しむことが出来ると良いのだが。昨日から自然災害の脅威を目の当たりにしながら、塞ぎがちだった気持ちが少し慰められたひと時であった。 
e0272335_15504135.jpg
イエローカサブランカの次はカサブランカを楽しみたい。

《読書》
 雨が止んだので図書館へ本の返却に。その後、石仏の里で蓮観賞を目論んでいたのだが、本を借りて図書館から出ると大粒の雨が降り出してきた。今日も雨の一日となる。
 今回借りた本はまたもや伊集院静さんの本。久しぶりに熱中できる作者との出会いが嬉しい。
e0272335_15443776.jpg
日本三百名山 上
e0272335_1545062.jpg
「東京クルージング」:伊集院静 著。
e0272335_15451698.jpg
「受け月」:伊集院静 著。
第107回直木賞受賞作品。

《漢字の学習》
【読めそうなのに読めない漢字の本 】 日本常識研究会編
③けっこう手強く感じる漢字。
【問題】 
1)蛻  2)淫靡  3)甍  4)手遊び  5)水垢離  6)斑  7)迸る
8)糟糠  9)蹴球  10)慊る  11)打ち  12)澱  13)大八洲  14)蔑ろ
15)漣  16)狛犬  17)痩ける  18)空ろ  19)柵  20)燥ぐ

【解答】
1)もぬけ  2)いんび  3)いらか  4)てすさび  5)みずごり  6)まだら
7)ほとばしる  8)そうこう  9)しゅうきゅう  10)あきたる  11)ぶち  12)おり
13)おおやしま  14)ないがしろ  15)さざなみ  16)こまいぬ  17)こける  18)うつろ 
19)しがらみ  20)はしゃぐ    
●迸る ⇒勢いよく吹き出る。
●慊る ⇒十分に満足する。否定語・反語をともなって使われることが多い。「―らない」。ふつうは「飽き足らない」。
●打ち ⇒動詞の前につけて強調する言葉。「―のめす」。
●大八洲 ⇒日本列島のことを美化した言い方。「―国」
●痩ける ⇒極端にやせ細る。「やせーた孤児」。
●柵 ⇒まとわりついて引き止めるもの。「世間のー」
●燥ぐ ⇒乾燥する。「日照りで畑がー」。

《今日の小さな歓び》
 柵の読み。是非覚えなくては。

                                        以上
by tinnan1515 | 2017-07-07 17:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード