山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp
ブログトップ

雨乞牧場山麓花散策&城ヶ岳

 一昨日は登山を充分に楽しむ事ができたので、今日は花散策が主目的であった。今回の花は翁草とセンボンヤリヤリ、それにホソバナコバイモを観賞する事であった。

e0272335_18365382.jpg
昨年もこの場所で由布岳を背景に翁草を見たのだが、1年後の今日も翁草を堪能することができ嬉しかった。
e0272335_1837527.jpg
黄スミレもいっぱい咲いていた。                
e0272335_18405022.jpg
ホソバノコバイモを見たい見たいと思っていたのだが、やっと今日念願が叶った。

                        記  
【山行日】2017年4月16日  (晴れ)                                         
【山行先】雨乞牧場山麓&城ヶ岳(1168m) 大分県由布市
【山行者】単独
【行動コース】雨乞岳1号集材路P(10:30)~林道終点&倉木山鞍部(11:20/11:25)~城ヶ岳分岐点(11:40)~城ヶ岳(12:15/13:15)~雨乞岳1号集材路P(14:15)
【行動時間】3時間45分(休憩時間む)
【行動記録】
 今日は朝食を済ませ家を出たのが午前7時半過ぎだったので、宮川内ICから別府ICまで高速を走る。途中濃霧の為、由布・鶴見山系はガスの中。今日は花散策なのでガスでも良いかと思っていたのだが、別府に入ると空は青空になっていた。由布岳正面登山口でトイレ休憩。駐車場はほぼ満車状態であった。
1)雨乞牧場山麓花散策
 午前9時から期待を膨らませ花散策開始。黄スミレが一面に咲き誇っていた。今日はスミレより翁草とセンボヤリと思いつつ谷道に降りていく。
e0272335_20111356.jpg
この白い花はイチリンソウ?ニリンソウでした。ポンちゃんさんと風来坊さんから教えて頂きました。ありがとうございました。
e0272335_20115912.jpg
イチリンソウとニリンソウの違いが理解できていないのだが、イチリンソウとしておきましょう。イチリンソウは三角形の切れ込んだ形の葉が三枚なのでニリンソウでした。
e0272335_20192851.jpg
ヤマエンゴサク(山延胡索)
e0272335_20223681.jpg
鮮やかな黄色が眩しい黄スミレ。
e0272335_20234273.jpg
こんな感じの黄スミレ畑。
e0272335_20253414.jpg
アマナも咲いていた。ホソバナアマナが咲いていないかあちこちと探し歩くのだが、その形跡は見当たらなかった。そして、今日本命の翁草を探し当てる。
e0272335_2028142.jpg
早く見たいと思っていた翁草に今日ご対面。今年もこの場所で見ることができて嬉しかった。その後、センボリヤリはあちこちに咲いていた。
e0272335_20322053.jpg
おぅ!このセンボヤリは良く開いているぞ。
e0272335_20343543.jpg
こちらのセンボンヤリはちょっとピンク系だった。
e0272335_2037163.jpg
このセンボンリが見頃で美しかった。
e0272335_20375447.jpg
漸く開花した感じのピンク系センボヤリ。これでセンボンヤリは大いに満足。次は2株目の翁草を求めて歩くも見つからなかったが、執念でついに探し当てた。
e0272335_20434593.jpg
先ずはドアップで。
e0272335_2045468.jpg
そしてこの光景での翁草を見つけることができ感無量。
e0272335_2048114.jpg
3株目の翁草に遭遇。もうこれで満足。約1時間の花散策、あっという間に時間が経過していた。次に向かうのは城ヶ岳のホソバナコバイモだった。

2)城ヶ岳
 花散策を終えて雨乞岳1号集材路に向かう途中に倉木山登山口駐車場には車が3台停まっていた。一瞬倉木山から城ヶ岳のコースも浮かんだのだが、待て待て今日は城ヶ岳に集中しようと思い車を走らせた。
e0272335_21103016.jpg
雨乞岳1号集材路の広場に車を停めて10時半スタート。
e0272335_21115047.jpg
前回は雨乞岳に登ったのだが、今日は右の林道を進み城ヶ岳登山口を目指す。
e0272335_211412100.jpg
舗装された林道を順調に進んでいると綺麗なツクシショウジョウバカマに出会う。
e0272335_21164726.jpg
ヤマルリソウ(山瑠璃草)も咲いていた。
e0272335_21185013.jpg
こちらにはピンクのツクシショウジョウバカマが。
e0272335_21201212.jpg
チャーミングなツクシショウジョウバカマを楽しむ。
e0272335_21213695.jpg
極めつけはこのツクシショウジョウバカ。もうお腹いっぱいになった。
e0272335_21231422.jpg
ホソバナコバイモないのかとキョロキョロしながら歩くも一向に見つからない。ツチグリは胞子が飛んでいる物だった。
e0272335_21253948.jpg
植林地帯の舗装された林道を黙々と歩く。
e0272335_21264722.jpg
ケクロモジ(毛黒文字)。良く見ると可愛い花であった。
e0272335_21283396.jpg
林道終点。この地点から城ヶ岳を目指す。右手に見える山は倉木山。
e0272335_21303688.jpg
城ヶ岳まで45分の地点辿り着く。ここまでの間にホソバナコバイモは見当たらなかった。
e0272335_21323552.jpg
城ヶ岳の山容が見える地点まで登ってきたが、山頂までひと頑張り。
e0272335_21341019.jpg
城ヶ岳登頂12時15分。城ヶ岳登山道で目的のホソバナコバイモとの出会いはなかったのだが、山頂に着くとホソバナコバイモの葉っぱのみ目にした。もしやと思いながら周辺を探すとホソバナコバイモがあちこちに。昼食タイムは後に回しもう夢中になって写真を撮った。それにしても山頂で出会うとは劇的であった。
e0272335_9173087.jpg
今季お初のホソバナコバイ和名:細花小貝母。ユリ科バイモ属
e0272335_9183973.jpg
ホソバナコバイモの花被片には縦じま模様があるが。トサコバイモは網目状模様がある。
e0272335_9403812.jpg
花が俯いているので中の様子が知りたくて助平根性丸出しで中を覗いてみると素晴らしい花模様であった。
e0272335_941492.jpg
正面から堂々と中の様子を観察。
e0272335_9461537.jpg
素晴らしいの一言。

 山頂に咲くホソバナコバイモもを存分に楽しみ下山開始。降りは足取りが軽やかだった。そして、駐車場近くの谷筋に着くとハルトラノオが咲いていた。
e0272335_9535410.jpg
咲き初めのハルトラノオ。今季お初は嬉しいものだ。
e0272335_9571621.jpg
ハルトラノオ(春虎の尾)とは、タデ科イブキトラノオ属の多年草。別名、イロハソウ。
e0272335_9592230.jpg
こちらのハルトラノオは満開。それにしても可愛い花であった。
e0272335_1005119.jpg
沢筋にはオオキツネノカミソリが。まだまだ出番は先の様だ。
e0272335_1015939.jpg
今日も無事にゴールイン。色々な花を愛でる事ができた。

《一口メモ》
 今日の一番の収穫は城ヶ岳の山頂にホソバナコバイモが群生している事を知り得たことである。来年が楽しみになってきた。そして、今後の宿題はトサコバイモとの出会いである。

                                                      以上


   
Commented by ポンちゃん at 2017-04-16 22:35 x
こんばんは、うすきさん
花散策、狙い通りに楽しまれたご様子、何よりです。
そちらにもホソバナコバイモの群生地があることは知りませんでした。私もまだまだ勉強不足ですねえ。
冒頭のイチリンソウとある写真ですが、ぼんやりと見える葉の形からすると、ニリンソウではないでしょうか?葉の形はイチリンソウの方が長く切れ込みも深いようです。そして花の大きさも二倍ぐらい違います(イチリンソウの方が大きい)間違っていたらごめんなさい。
Commented by 風来坊 at 2017-04-17 03:06 x
うすきハッピーリタイアメントさん、おはようございます。
ポンちゃんもコメントされているようにニリンソウです。
葉の形が違います。
イチリンソウは三角形の切れ込んだ形の葉が三枚です。
風来坊の井原山のイチリンソウの葉を見ていただければ・・・。
でも、花を楽しめて良かったですね。
Commented by tinnan1515 at 2017-04-17 08:55
ポンちゃんさん、おはようございます。
翁草、センボンヤリ、ホソバナコバイモの花を見ることができとても嬉しかったです。
特にホソバナコバイモは城ヶ岳山頂での劇的な出会いに大喜びでした。
ニリンソウでしたか。ありがとうございます。
どちらかと思っていたのですが、やっと理解できました。
イチリンソウと出会ったとき良く確認致します。
Commented by tinnan1515 at 2017-04-17 09:03
風来坊さん、おはようございます。
ありがとうございます。葉の形で識別するのですね。
井原山のイチリンソウの葉を拝見させて頂き良く分かりました。
次からは葉の形も意識するように致します。
思い描いていた花に会えることができ良かったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tinnan1515 | 2017-04-16 19:10 | 山歩き | Comments(4)

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515