山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

お初のオニシバリ(鬼縛り)に感動!

 オニシバリ(鬼縛り)の花を見たくて、2月になり2回目となる宇佐六山の山へ。前回の登山は2月2日であったがオニシバリはまだ蕾であった。あの日から半月経過したのでそろそろ開花しているのではないかと淡い期待を抱いていた。
e0272335_2011013.jpg
妙見山登山道に咲いていたオニシバリ。
e0272335_19365855.jpg
高山登山道に咲いていたオニシバリ。
                   記
【山行日】2017年2月18日  (晴れ)                                         
【山行先】高山(480m)&石井山(487.5m)&鬼落山(576m)
【山行者】 (単独)
【行動コース】高山登山口路肩P(9:45)~三ツ井戸分岐点(10:05)~高山(10:55/11:05)~高尾山城支城跡(11:30)~石井山(12:00/12:25)~鬼落山(13:00/13:05)~石井山(13:35)~三ツ井戸分岐点(13:55)~高山登山口路肩P(14:15)
【行動時間】4時間30分(休憩時間含む)
【行動記録】
 高山登山口に向かっている途中で尿意をもよおしたくなり、香下ダムにあるトイレに立ち寄る事にした。ここまでくれば、妙見山登山道を20分も歩けばオニシバリが見られる。高山に登る前にオニシバリの様子を確認する事にした。
e0272335_2043184.jpg
2月2日の時点では蕾であったが、今日は開花したオニシバリを見ることができた。先ずは1輪をアップで。早春にふさわしい黄緑の花がとても可愛らしかった。
e0272335_208016.jpg
花弁は4片。雌しべは4ツ。
e0272335_20125116.jpg
開花したオニシバリは2株だった。花弁にそっと鼻を近づけると素敵な香りが匂ってきた。目的のオニシバリを早々と見ることができたので一安心。今日の山行先の高山に向かった。
e0272335_2018272.jpg
宇佐市下麻生をカーナビにセットしていたのでこの地点までスムーズに到着。高山登山道の標識を確認し登山口に向かった。
e0272335_20212998.jpg
ふれあいの森『高山』の説明板。ここが登山口である。高山は標高480m、安山岩からなる粘性の高い溶岩によって形成される鐘状の休火山と書かれている。
e0272335_20381991.jpg
路肩に駐車してこの地点から歩く。
e0272335_2040416.jpg
あっ!オニシバリだ。群生地が楽しみになってきた。
e0272335_2042665.jpg
車で移動しても良かったかなぁ?
e0272335_20451232.jpg
この地点から山頂を目指す。
e0272335_20462616.jpg
ロープとテープを確認しながら一歩一歩登り詰める。
e0272335_2048027.jpg
ここは藪こぎゾーン。雑草が枯れていて良かった。
e0272335_20494770.jpg
やっとオニシバリがある地点に到着。咲いていましたよ!
e0272335_20511947.jpg
もう感動の連続だった。
e0272335_2052162.jpg

e0272335_20524574.jpg

e0272335_2053522.jpg

e0272335_20541787.jpg

e0272335_2056119.jpg
オニシバリに満足し高山に向かう。三ツ井戸分岐点から左に進めば高山。右に進めば石井山である。
e0272335_2059872.jpg
高尾山城本城跡の標識。矢印の方向に。木に掴まりながら急登を登る。
e0272335_213424.jpg
高尾山城本城跡に到着。
e0272335_2142013.jpg
初登頂の高山。初めての山は嬉しいですね。
e0272335_2174589.jpg
山頂に咲いていたオニシバリ。まさか山頂で見られるとは嬉しいの一言。
e0272335_219983.jpg
大きなオニシバリの株であった。
e0272335_21102743.jpg
八面山。
e0272335_21105014.jpg
宇佐平野と稲積山。
e0272335_21122160.jpg
こちらの山塊は石井山と鬼落山。高山の眺望を堪能したあとは下山開始。
e0272335_2116311.jpg
三ツ井戸分岐点まで下山して来ると石井山に足を延ばす事にした。ここは高尾山城支城跡である。
e0272335_21193659.jpg
石井山を目指しているとエビネランに遭遇。
e0272335_21211766.jpg
12時ジャスト石井山着。石井山は今回で2回目。初回は2012年1月21日に登っていた。山頂から由布岳を眺めながら昼食タイム。暖かい日差しを浴び心地良いひと時であった。
e0272335_21254994.jpg
サプライズがあった由布岳。今日は登山者で賑わっているだろうなぁ。
e0272335_21275727.jpg
目前に聳えるの鬼落山。もう登るしかないでしょう!
e0272335_21295537.jpg
石井山と鬼落山の鞍部分岐点。
e0272335_21314111.jpg
鬼落山の登山道にもオニシバリが。
e0272335_21332651.jpg
鬼落山も今回で2回目。初回は大分百山を目指していた時で2012年1月21日に登っていた。
e0272335_21353566.jpg
木が伐採されていたので素晴らしい眺望を楽しむことができた。宇佐平野と稲積山。鬼落山の先は石山と続くのだが、今日は此処で折り返し。アップダウンを繰り返しながら高山登山口を目指した。

《一口メモ》
 今日の成果はなんと言っても初めてみた早春に咲くオニシバリ。感動の一日であった。

                                        以上
by tinnan1515 | 2017-02-18 19:19 | 山歩き | Comments(6)
Commented by ポンちゃん at 2017-02-18 21:40 x
こんばんは、うすきさん
花の少ない時期だけに、喜びも格別といったところでしょう!
次はミツマタ、ゲンカイツツジ、ユキワリイチゲ等々と、いよいよ花のシーズンの開幕ですね。
Commented by tinnan1515 at 2017-02-18 21:58
ポンちゃんさん、こんばんは。
やっとオニシバリに会えることができ嬉しかったです。
やはり花があると山歩きも一段と楽しくなるようです。
これから見たい花が目白押し、これから花情報から目が離せないですね。
次はマンサクでもと思っているところです。
Commented by giroro at 2017-02-18 23:01 x
うすきさん、こんばんは。
オニシバリ、沈丁花のお花と似ているけれど、
お花が黄色なんですね。
私が想像する香りは、
沈丁花とレモンを混ぜたような香りです。
来年は見てみたいな。
そして、鬼落山。景色がいいんですね。
Commented by tinnan1515 at 2017-02-19 05:51
giroroさん、おはようございます。
オニシバリはジンチョウゲ科なので花の形もそっくりでした。
花の色は早春にふさわしい黄緑色でしたよ。
香りはgiroroさんが想像されたような香りで優しくてうっとりしました。
来年は是非ぜひご覧になって下さいませ。
鬼落山から眺める宇佐平野と稲積山の景色がとても素晴らしく、鬼落山まで足を延ばして良かったです。
Commented by 風来坊 at 2017-02-20 04:26 x
うすきハッピーリタイアメントさん、おはようございます。
オニシバリ、未だ見たことがありませんので参考になりました。
花がまだまだの頃に咲くなんて良いですね。
しかも香りもあるようで・・・。
福岡で咲く場所を探してみますっ!
Commented by tinnan1515 at 2017-02-20 05:43
風来坊さん、おはようございます。
私もオニシバリは初めてでした。
早春に咲く花のようです。
ジンチョウゲ科ですので鼻を近づけるとぷ~んと匂ってきました。
3月が見頃のようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー