山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

山渓で買い物!

2017年2月11日    土曜日

 今日は山渓さんに注文しておいたポーチが入荷したとのことで、午前中は大分に出かけた。途中で鶴見岳や由布岳が見えるところがあり、山容を見ると雪化粧であった。今日の雪山は青空で素晴らしいだろうなあと思うも残念ながら、今日の山行計画はなかった。山渓さんでの買物はポーチと山歩きの時に愛用しているウォーキングタオルであった。
e0272335_1834378.jpg
ウォーキングタオルは汗拭きにもなるし、防寒対策もOK。とても重宝している。

 午後からは今日も里山歩き。気温が低いため、額に汗が滲む事はなかった。春蘭とツクシショウジョウバカマの蕾は殆ど変化なしの状態。でも、様子を眺めるだけでも楽しいひと時である。

 里山の花は蕾であったが、自宅の紅梅は開花が始まった。また、クリスマスローズは間も無く開花の様だ。サンシュの花もあと数日で開花することだろう。
e0272335_185910.jpg
紅梅が咲き始めると、他の花も咲き出すので楽しみである。その候補がクリスマスローズである。

《漢字の学習》 
【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第三章 知ってなるほど漢字漢語の知識編
 博覧強記の人の道篇(なんでもよく知っているなあ)。かつて漢字漢語に通じている人を知識人と呼んだ。
【問題】 読むだけじゃなく意味も考えよう
1)父の讐は倶に天を戴ず
2)庇を貸して母屋を取られる
3)過ちを改むるに憚ることなかれ勿れ
4)禍福は糾える縄の如し
5)勧学院の雀は蒙求を囀る
6)燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや
7)惻隠の心は仁の端なり


【解答】 
1)ちちのあだはともにてんをいただかず(不倶戴天の敵。父の仇は必ず果たす。命にかけても報復しなければならない。それだけ憎い滴だからとても同じ天をいただかない。つまり、いっしょに生きられない)
2)ひさしをかしておもやをとられる(親切心から庇を貸したら、とうとう母屋までとられてしまった。好意でしたことが、それにつけこまれ全部とられてしまう。恩を仇で返されること)
3)あやまちをあらたむるにはばかることなかれ(間違いに気がついたら、見栄や体裁、体面を捨てても、すぐさま対応すべきである。洋の東西を問わず、役人に聞かせてやりたいせりふ。至言格言)
4)かふくはあざなえるなわのごとし(世の中、何がおこるかわからない。幸いが禍になり、また逆もある。縄はたがいによりあわされて作られる。糾えるとは、よりあわせること。一寸先は闇かもしれない)
5)かんがくいんのすずめはもうぎゅうをさえずる(別に覚えようとしなくても自然に身につくことがある。勧学院といういかめしい学校のスズメたちすら、蒙求をそらんじたのだから。勧学院は藤原氏の学校。蒙求は中国の教訓者)
6)えんじゃくいずくんぞこうこくのこころざしをしらんや(小さな鳥(燕雀)には大きな鳥(鴻鵠)の志がわからないように、小人物には志の高い人間を理解することはできない。秦が倒れるきっかけを作った陳渉の挙兵する前に語った言葉)
7)くいんのこころはじんのはじめなり(人間に対してあわれみやいたわしく思う心(惻隠の情)いつくしむ心を持つことこそが仁の求めるところである)
*いたわし・い〔いたはしい〕【▽労しい】
① 気の毒で同情しないではいられない。不憫(ふびん)である。「―・い身の上」
② 気苦労である。気づかわしい。
③ 大切に思っている。いたわって大事にしたい。

《今日の小さな歓び》
 ポーチを買った事。

                                         以上
by tinnan1515 | 2017-02-11 18:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)
Commented by ポンちゃん at 2017-02-12 18:35 x
こんばんは
>様子を眺めるだけでも楽しいひと時である。
ここのところ非常に共感します!
山のあの場所で、けな気に準備している姿を思うと見に行かずにはおれませんよね。
Commented by tinnan1515 at 2017-02-13 08:15
ポンちゃんさん、おはようございます。
近場にあるツクシショウジョウバカマや春蘭の蕾がついつい気になり、足繁く通っております。
まだ早いとは思いながらも観察するのも楽しみの一つとなっているところです。
春の花の開花が待ち遠しいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー