鎮南山の三椏はまだ蕾だった!

2017年1月26日    木曜日
《鎮南山山行》
 三椏の蕾が気になり鎮南山に登る事にした。実に鎮南山は1月9日以来だった。登山口には10台程の車があった。今日のスタート時間は11時半であった。
e0272335_1622962.jpg
沢筋を登るコースの谷川を渡ると三椏がある。一輪でも開花しかけた蕾はないかと淡い期待を抱いていたのだが、全て固い蕾のままで1月9日時点となんら変わりはなかった。いつものように今回もまた勇み足であった。
e0272335_1627557.jpg
昨年は2月15日頃に開花していたのでまだまだ先が長いようだ。
 先日の祖母山山行時のような緊張感はなく、のんびりと歩けるので開放感がある。山歩きができるこの状態を有り難く思いつつ山路を歩いていると。
e0272335_16321537.jpg
春リンドウがすくすくと成長していた。下山中のお方にお会いしながら塔ノ尾に着いたのは12時半を過ぎていた。
e0272335_17272569.jpg
今日は素晴らしい天候に恵まれとても気持ち良かった。おまけに眺望も素晴らしかった。市街地の向こう側に見える小高い山が三角台山系、その向こうの高い山が白石山、トギシ山の峰々。臼杵湾を眺めながら遅い昼食となった。メニューと言えばおこがましいがカップ麺である。それでも空腹なので美味しく頂いた。このあと本峰を目指すことにした。
e0272335_1738562.jpg
今日は鎮南山から一昨日に登った祖母山、さらには阿蘇山系、大船山を見ることができた。もちろん由布岳も。
e0272335_17423084.jpg
鶴見岳、由布岳もバッチリ。由布岳の山頂は白く染まっていた。この後、山庵寺には寄らず下山する。今日は市民の山鎮南山を3時間かけて満喫する事ができた。

                 
《漢字の学習》 
 超難読編が終わりほっと一息。今日から漢字漢語の知識編に挑戦する。
【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
第三章 知ってなるほど漢字漢語の知識編
 博覧強記の人の道篇(なんでもよく知っているなあ)。かつて漢字漢語に通じている人を知識人と呼んだ。
【問題】読むだけじゃなく意味も考えよう
1)断腸  2)序序の教え  3)牛耳る  4)華胥の国  5)乙夜の覧
6)断袖の契り  7)白波  8)未亡人  9)黔首
【答え】
1)だんちょう(腸がちぎれるほど悲しいこと。~の思い。晋の恒温が山峡を舟で通過したとき、従者が子猿を捕らえた。その母親は岸辺づたいに百里も追って、ついに船に飛び込んで死んだ。その腹を割くと腸が悲しみのあまりズタズタに切れていた。恒温はその従者をクビにした) 
2)しょうじょのおしえ(学校で学んだこと。学校教育。古来学校のことを「夏では校、殷では序、周では庠という」。庠序とは学校のこと)
3)ぎゅうじる(人や組織を支配すること。古代中国では盟主を決める時、牛を生け贄にし、その左耳を切り、もっとも有力者が最初にその血をすすった。このことを牛耳を執るという。盟主はここに支配権を確立する) 
4)かしょのくに(黄帝が昼寝をして理想の国である華胥に遊んだという夢を見た。ここから、よい気持ちで昼寝をすること、午睡のことをいう)
5)いつやのらん(天子の読書。また夜の読書をいう。唐の文宗は昼間政務が忙しいので乙夜(夜十時)から読書に励んだという。秋の夜長の乙夜の覧) 
6)だんしゅうのちぎり(ホモ、同性愛のこと。漢の哀帝には寵愛する薫賢という若者がいた。ある日二人は昼寝をしていた。目覚めた皇帝は、自らの袖に敷かれた薫賢の頭が邪魔で起き上がれない。愛する薫賢をめざめさせないよう、哀帝はそっとその袖を断った)
7)しらなみ(盗賊、泥棒のこと。後漢末、黄巾の乱の残党が西河の白波谷に拠って盗み、強奪をおこなった。白波の賊という。のちに盗賊、盗人を白波と呼び、“白波五人男”もこれにならう)
8)び(み)ぼうじん(死にぞこない。楚の文士の死後、弟の子元が大人を慰めるために宴を開いた。婦人は子元に、「仇敵を討たないで未亡人の私の宴を開くなど奇怪だと」。子元はこれを恥じて仇敵を討った。未亡人とは、夫の死に対して、まだ生き恥をさらしていると自ら謙遜する言葉)
9)けんしゅ(黔は黒、黒い首つまり、一般の人々。人民。戦国策に「社稷を扶けて黔首
を案ずる」と。黎民ともいう。黎は黒。冠をかぶらないから)
*漢字の生い立ちを知るととても勉強になる。

《今日の小さな歓び》
 山歩き。
                      
                                     以上
by tinnan1515 | 2017-01-26 18:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(2)
Commented by 風来坊 at 2017-01-27 02:55 x
うすきハッピーリタイアメントさん、おはようございます。
昨日は私も会社近くの櫛田神社に行き、花を探しましたが、ミツマタは蕾でした。
でも、あともう少しですね。
旧暦のお正月も明日になりました。いよいよ春が始まります。
昨日の漢字は齧歯しか分かりませんでした・・・。
Commented by tinnan1515 at 2017-01-27 05:37
風来坊さん、おはようございます。
福岡の方も三椏は蕾でしたか。
春の到来までもう少し。
籾山神社の福寿草やマンサクの花も気になるところです。
齧歯が正解でしたか。レベルが高いですね。
私は超難読漢字はサッパリでした。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード