山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

”山路来て何やらゆかしすみれ草”

2016年11月9日    水曜日

 市役所に行くことは滅多にないことだが、今日は国民健康保険限度額適用認定証の交付依頼に出掛けた。国民健康保険と印鑑を持参すれば簡単に交付された。

 その後、図書館に本の返却に行く。2冊返却したので手元に残る本が3冊あるので、今日は借りる事なく俳句の本を少しばかり立ち読みをしていたら ”山路来て何やらゆかしすみれ草”の句が目に飛び込んできた。

 この句は野ざらし紀行にある芭蕉の句である。山路が気になり調べてみると京都から大津へ至る、逢坂山越えの道だった。

 いつも山歩きのことが頭の片隅にこびり付いているので、このような句に出会うとことのほか心に染み込んでくる。春になったらこの句が浮かんで来るだろうか。

 すみれではないが、黒髪山の「ヤツガシラ」の事がブログにアップされていたので、ツメレンゲの事が気になっている。と言うのもここ数年鋸山のツメレンゲ観賞を欠かしたことがないのだが、今年はどうしたことかまだ足を運んでいない。モヤモヤした気分が湧き上がっている。
 
《漢字の学習》 
【読めそうで読めない間違いやすい漢字 】 出口宗和 著
e0272335_18353151.jpg

第一章 恥をかかないための入門編  
【違いの法則】 字は似ているが意味が違います
読みは同じだが意味が違います
21)せいさく
製作 ⇒ 材料を加工し道具を用いてものをつくる。
制作 ⇒ 美術品や映画などの総作品をつくる場合。
22)たいせい
体制 ⇒ 国家、システム、組織を構成するかたち。方針やしくみによってつくられた形態。資本主義体制。
態勢 ⇒ 事態に対応するかたち。独走態勢。
23)ついきゅう
追求 ⇒ 利益などをもとめること。
追及 ⇒ 追いつめること。犯人の足取りを追及。
24)どうし 
同士 ⇒ 仲のよい友達。
同志 ⇒ 主義主張、教義で結びついた仲間。
25)とくちょう
特徴 ⇒ 他に比べて特に目立ったきざし。
特長 ⇒ そのもっとも優れたところ。長所。
●意味となると意外に知識不足であることが思い知らされた。

《今日の小さな歓び》
 散髪で頭スッキリ。ここまでは良かったのだが、私の散髪を見た家内は、陰毛が剃られるよと言うではないか。この事をすっかり失念していた。

                                  以上

by tinnan1515 | 2016-11-09 18:35 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー