岳麓寺コースで大船山!

 待ちに待った今日の山行日。さて、山行先は黒岳山麓周回か岳麓寺コースで大船山かと随分迷ったが選択した山は大船山であった。
 このコースを歩けば今季まだ見ていなかったツルニンジンやツクシミカリソウの白花に会えるかもと淡い期待を抱いていた。
e0272335_17422735.jpg
牧道から眺めた大船山。牧草地の横には芒が咲き秋の様相を醸し出していた。
e0272335_17513086.jpg
入山公廟周辺や登山道はツクシミカエリソウの群生地であった。シロバナがないかと小さな眼を右左。やっと一輪見付けることができた。

                          記

【山行日】2016年9月10日  (晴れ)                                         
【山行先】大船山(1786.2m)
【山行者】単独
【行動コース】岳麓寺登山口P(5:40)~ 登山口(6:45)~入山公廟(8:00/8:10)~大船山(9:30/9:55)~前セリ(11:05)~柳ヶ水分岐点(11:40)~岳麓寺登山口P (12:40)
【行動時間】7時間00分(休憩時間含む)                                   
【行動記録】
 山歩き前日の就寝時間はなんと19時だった。早朝の涼しい内に歩きたいと思いその目的は達成。出発時間は午前5時40分であった。
e0272335_1759160.jpg
今日の出発地点は岳麓寺・登山口駐車場。自分が駐車場に着いた時は前泊の車が1台、お話をするとどうやら自分と同じコースの様だった。
e0272335_18255100.jpg
登山届に記入し舗装された牧道歩き。虫の鳴き声を聴きながら歩く爽やかな朝だった。朝日に照らされた芒を楽しみながら登山口を目指す。
e0272335_1882862.jpg
舗装された牧道をあるきながらツルニンジンは咲いていないかとキョロキョロ。予想していた地点では見付けることができなく少々焦っていたのだが。
e0272335_18114847.jpg
やっと今季初めてのツルニンジンに会える事ができた。小さな花が2輪、目標が叶えられ嬉しさがこみ上げてきた。
e0272335_18155128.jpg
マツムシソウもチラホラと咲いていた。
e0272335_1817341.jpg
あの山塊は高塚山と天狗岩。
e0272335_18184656.jpg
1時間も歩くと流石に暑くなり汗がにじみ出ていた。この地点から山路歩き突入だ。
e0272335_18221972.jpg
柳ヶ水分岐点。入山公廟&大船山を目指す。
e0272335_18235620.jpg
シラヤマギク?。
e0272335_18261086.jpg
森の中に入ると陽がささないのでさほど暑さは感じず自然林を楽しみながら歩く。大きな岩の割れ目からすくすくと木が伸びだしていた。生命力の逞しさを感じた次第である。
e0272335_1831138.jpg
青字の下に出るとやはり暑さを感じるも、ワレモコウを見ると暑さは忘れる様だ。
e0272335_18333949.jpg
板切登山道分岐点。このコースはまだ歩いていないのでいつの日にか歩いてみたい。
e0272335_18354612.jpg
入山公廟を整備していると聞いていたので寄り道。
e0272335_1837103.jpg
史跡 岡藩主中川家墓所(三代藩主墓所)案内板が新たに設置されていた。
e0272335_18404382.jpg
岡藩三代藩主(中川久清)1615年~1681年。大船山を愛した久清は、1680年に自分の墓を大船山に設けるように遺言を遺し、その翌年67歳で死去した久清は、大船山葬られたと書いてある。
e0272335_18491439.jpg
入山公廟パノラマ眺望案内。今日は晴れているのにも拘らず霞んでいるため祖母山・傾き山、阿蘇山・根子岳はぼんやりと見えただけであった。
e0272335_18521112.jpg
中川久清候のお墓。
e0272335_18542324.jpg
入山公廟見学のあとはお花。ツクシミカエリソウがあちこちに咲いていた。
e0272335_1856495.jpg
オオマルバノテンニンソウ(大丸葉の天人草)/シソ科 テンニンソウ属 半低木。 別名はツクシミカエリソウ
e0272335_1857026.jpg
オオマルバノテンニンソウが正式名とは知らなかった。
e0272335_18402345.jpg
群生地があちこちに。
e0272335_1925827.jpg
鳥居窪から大船山の山塊を眺める。
e0272335_194135.jpg
登山道はアキノキリンソで賑わっていた。
e0272335_1953842.jpg
タンナトリカブトを見ることなく大船山に着く。山頂は風が吹き涼しかったが眺望は今一つだった。
e0272335_1974276.jpg
坊がヅルと三俣山はこのような感じ。小休止して今水コースに進み下山する。
e0272335_19104797.jpg
まだ当分先の話なのだが御池の紅葉が楽しみである。
e0272335_19123155.jpg
ツクシコウモリソウはもう枯れかかっていたが辛うじて一輪見ることができた。
e0272335_1914221.jpg
一部藪こぎ、雨水で登山道が深く抉られた所、急登の下りやらで悪戦苦闘しながら前セリの地点に降りてきて一安心。
e0272335_19172549.jpg
今水分岐点から岳麓寺を目指す。
e0272335_19185252.jpg
ちょっと花休憩。今水分岐点にアキチョウジが沢山咲いていた。
e0272335_19204489.jpg
鳥居窪の方向に向かって黙々と歩く。
e0272335_1922152.jpg
鳥居窪に咲いていたオタカラコウ。
e0272335_19232998.jpg
柳ヶ水分岐点着、11時40分。駐車場までひと頑張り。
e0272335_19253239.jpg
舗装道歩きになると照り返しで一気に暑くなった。アソノコギリソウ。
e0272335_1927645.jpg
この花はカワラマツバ?
e0272335_19283376.jpg
サイヨウシャジンは息の長い花ですね。
e0272335_19293742.jpg
ヤブツルアズキ。花の形に特徴あり。

 駐車場に着くと車が5台とバイクが1台であった。やはり、このコースはマイナーなコースの様だ。自分は季節の花が楽しめるので岳麓寺コースはお気に入りである。
 ウメバチソウは小さな蕾を1個だけ見たのだがこの花も当分先のようだ。期待していたタンナトリカブトは残念賞と言う事で次回の山行で乞うご期待といったところか。

《一口メモ》
 山歩きの充実感をたっぷりと味わう事ができて楽しい一日であった。

                                                     以上
by tinnan1515 | 2016-09-10 19:40 | 山歩き | Comments(6)
Commented by yamabakanikki at 2016-09-10 20:04
こんばんは~☆

 Good! ばい。
Commented by ポンちゃん at 2016-09-10 21:13 x
こんばんは
明日、今水から登ろうと思ってましたが、今日午後ジンマシンが出たため、中止です。
行きたかったなあ!
Commented by furaibow581203 at 2016-09-11 04:23
おはようございます、うすきハッピーリタイアメントさん。
二週間前に男池から平治に行った時、最初の計画ではこのコースと思っていました。
でも、うすきさんの記事で男池からにしたのです。
ツリガネニンジン、私も昨日背振で見ることが出来て嬉しかったです。
大分は8月以降、雨が少ないそうで一雨欲しいところですね。
Commented by tinnan1515 at 2016-09-11 05:28
山馬鹿さん、おはようございます。
山歩きとお花を楽しんで参りました。
山は素晴らしいです!

体調が思わしくなかったご様子。
復帰なされ宜しかったですね。
Commented by tinnan1515 at 2016-09-11 05:31
ポンちゃんさん、おはようございます。
ジンマシンとは大変ですね。
余り無理をなさらず大事になさって下さい。
今水からの大船山は紅葉の時期まで辛抱ですね。
Commented by tinnan1515 at 2016-09-11 05:43
風来坊さん、おはようございます。
岳麓寺から大船山を計画なさっておられたとは。
次回はウメバチソウが咲く時期か紅葉の時期をお奨めです。
場所は違えど同日にツルニンジンを見たとは。
今季お初の花でしたからとても嬉しかったです。
8月は雨が降らず花への水やりが大変でした。
今週は傘マークがあるようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード