山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp
ブログトップ

坊がヅルのシラヒゲソウ&アケボノソウに感動!

 今季、まだシラヒゲソウを見ていなかった。山のブログを拝見するとシラヒゲソウが度々登場している。逸る気持ちを抑えていたのだが今日花散策に出かける事にした。自分が見たい場所は坊がヅル、ここに行けばあわよくばアケボノソウも咲いているかも知れないとの淡い期待があった。
e0272335_19505696.jpg
今季お初のシラヒゲソウを見ることができて超感動!
e0272335_19512385.jpg
さらにはアケボノソウも今季お初だった。

                        記
【山行日】2016年8月24日  (晴れのち雨)                                        
【山行先】坊がヅル&平治岳(1643m)
【山行者】単独
【行動コース】男池P(6:30)~かくし水(7:00)~ソババッケ(7:25/7:30)~大戸越(8:45)~坊がヅル(9:30/10:45)~大戸越(11:40/12:10)~平治岳(13:00/13:10)~ソババッケ手前(13:55)~かくし水(14:15)~男池P(14:40)
【行動時間】8時間10分(休憩時間含む)                                         
【行動記録】
 坊がヅルまでのコースを3通り考えていた。1)長者原から雨ヶ池~坊がヅル2)吉部から坊がヅル3)男池から坊がヅルの3枠。選択したのは3)だった。
e0272335_20134424.jpg
午前6時半の男池の空は雲に覆われていて薄暗い感じであった。好天気を期待していたのだが山の天候は女心と秋の空?かくし水に着く頃は目の中に汗がしみる程だった。今日のコースはソババッケから大戸越・坊がヅルを目指す。
e0272335_20212770.jpg
幽玄の山路を歩いていたらツクシミカエリソウに出会うことができた。まだ咲き始めの様、それにしても幸先の良い出会いだった。
e0272335_2030228.jpg
ツクシミカエリソウの近くに咲いていたアキチョウジ。
e0272335_20311047.jpg
花に出会い幾分か心が和らいできたが、相変わらずガスが立ち込めていた。ソババッケから大戸越のコースは景色が良いのだが残念であった。大きな巨木を眺めながら人の命が頭を過った。
e0272335_20354479.jpg
風穴・黒岳コースの分岐点。
e0272335_20371291.jpg
大戸越到着。まだ青空がみえてこなかった。男池から平治岳を目指すのはソババッケから直登コースの方が良さそうだ。ここから坊がヅルに向かう。
e0272335_20403246.jpg
オトギリソウはどこの山でも見られる花なのだがついつい撮ってしまう。
待望の坊がヅルに午前9時半着。空は青空が見え出し涼しく感じた。最初に目にした花はこの花。
e0272335_20475189.jpg
アキノキリンソウ。黄色の花なので直ぐに目に付く。
e0272335_2050552.jpg
ハンカイソウは既に枯れていたがオタカラコウが咲き始めていた。
テント場には4~5張りのテントが。坊がヅル周辺では数名の登山者とお会いする。逸る気持ちを抑えながらシラヒゲソウがある場所に行くと既に枯れかけているものが。でも数輪は見頃であった。
e0272335_2056850.jpg
今日の最大目標であったシラヒゲソウを見ることができて一安心。
e0272335_20563213.jpg
う~ん、まんぞく満足。次はアケボノソウだ!
e0272335_211764.jpg
アケボノソウはたったの一輪の開花。これでは物足りなくてあちこちと探し回っていたらなんとなんと沢山咲いていた。そしてシラヒゲソウが群生している場所も探し当てることができた。
e0272335_215349.jpg
先ずはアケボノソウから。
e0272335_2163595.jpg
アケボノソウの魅力は花模様である。
e0272335_21101337.jpg
坊がヅルに沢山咲くことを初めて知った。
e0272335_21134416.jpg
見応えのある大きな株であった。
e0272335_21145242.jpg
アケボノソウのラストはこの構図で締めましょう。
e0272335_21215920.jpg
アケボノソウを探していたらなんとシラヒゲソウの群生地に辿り着いた。
e0272335_2121826.jpg
草の茂みの中にはシラヒゲソウがあちこちに。初めて知り得た群生地に嬉しい悲鳴であった。
e0272335_2121358.jpg
最後は余りの多さに圧倒されてしまった。来年が楽しみである。
e0272335_21224387.jpg
サワギキョウも茂みの中に元気よく咲いていた。
e0272335_2123859.jpg
最初は穂先が曲がっているので枯れかかっているのかと思ったが、他の株も同様だし、その上湿地帯に咲いているのでそれはないだろうと調べてみたらキセルアザミだった。なるほど、うまいネーミングだと感心するばかりであった。もちろん初めて見る花で植生地が分かり大きな収穫だった。
e0272335_212431.jpg
実はこの小さな花も期待していたのだが咲いていて良かった。名前はアカバナ。
e0272335_21242494.jpg
とっても小さな花であるが良く見るととても可愛い花である。
e0272335_573371.jpg
名前が分からなかったが調べてみるとどうやらカセンソウ見たい。カセンソウは、日当りのよい湿地などに生え、茎は高さ60~80センチで、やや細く、毛が密生する。
e0272335_21245980.jpg
三俣山を背景に、オタカラコウ。
e0272335_21252094.jpg
背が高いので目立っていたコオニユリ。駆け寄り三俣山を背景に撮ってみた。
e0272335_21254282.jpg
コオニユリの近くに一輪だけ咲いていたコウライトモエソウ。
e0272335_5245194.jpg
坊がヅルで花を楽しんでいたらあっという間に1時間経過していた。今日は色々な花に出会えてとても楽しかった。最後は初秋を感じるススキにお別れして坊がヅルを後にした。
e0272335_21262039.jpg
目的の花に出会えたので満ち足りた気分で大戸越に向かう。
e0272335_21264483.jpg
大戸越着、11時40分。お腹も空いていたので昼食タイム。最近はお握りばかりなので今日は冷やし中華。甘酸っぱいタレが空腹を満たしてくれた。
e0272335_21271634.jpg
お腹も満たした事だし平治岳に登り直登コースで下山する事にした。
e0272335_21274614.jpg
平治岳に登り始めると暑さと息切れで何度も立ち止まる。そんな時にタイミングよく花が咲いている。ホクチアザミもその一つだった。
e0272335_21281219.jpg
ミヤマキリシマはひっそりと夏の暑さに耐えていた。今、山道を賑わしているのはワレモコウやイヨフウロであった。
e0272335_21284469.jpg
イヨフウロの花びらの美しいこと。
e0272335_21291323.jpg
イヨフウロの素敵な花模様は魅力を感じる。
e0272335_21294435.jpg
余りのきつさにたまりかねて展望の良いところから坊がヅルを眺める。少し前まであの場所で花散策に懸命であったことを思い出しながら山頂へと進む。
e0272335_2130857.jpg
やっとの思いで平治岳に着く。やはりここの山頂はミヤマキリシマが咲く時期が一番だなぁ。空模様も段々と怪しくなってきた。下山路は直登コースで降る。
e0272335_21303626.jpg
下り始めるとツクシコウモリソウが咲いていた。時期が遅いのかもう枯れ始めていたが運良くこの花に出会うことができた。
e0272335_2131231.jpg
あたりを見回すとツクシコウモリソウが群生していた。なんとも言えない花の姿に癒される。
e0272335_21313075.jpg
急登の山路を下っているとツチアケビに出会う。直登コースを降りきったのは14時前。男池まで頑張って歩かなくては。そうそう登り時にキツリフネを見ていたなぁ。
e0272335_2132150.jpg
キツリフネが咲いている場所に到達。その側には?
e0272335_21323167.jpg
タンナトリカブトの花芽だと思うのだが。もうこの花が咲く時期が間近に迫ってきている。その前にレイジンソウに会わなくては。
e0272335_21334463.jpg
ツリフネソウと思っていたらどうやらハガクレツリフネの様だ。
e0272335_21345462.jpg
男池の橋を渡り今日の山行は終わり。予期せぬ花に巡り会えてとても楽しかった。

《一口メモ》
 坊がヅルの花と登山道に咲く花を大いに楽しむことができた。一つの目的を達成すると次なる目標が生じてくる。日々の生活はこの繰り返しであるが、野山に咲く花から生きる喜びを頂き感謝である。


                                        以上
Commented at 2016-08-25 01:47
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tinnan1515 at 2016-08-25 05:46
風来坊さん、おはようございます。
坊がヅルへの花散策でした。
沢山の花に会えてとても嬉しかったです。
雨に遭ったのは下山後帰り支度をしているところでしたのでラッキーでした。
ありがとうございました。早速に訂正させて頂きました。
Commented by ポンちゃん at 2016-08-25 21:47 x
こんばんは、うすきさん
シラヒゲソウの群生地凄いですね。いままでぽつぽつとしか見たことが無いので驚きました。それにしてもこの暑さの中で返りに平治岳まで登られるとは?!
うすきさんの体力に脱帽です。
Commented by tinnan1515 at 2016-08-26 05:32
ポンちゃんさん、おはようございます。
シヒゲソウはこれまで数箇所に散らばっている物しか見たことがなく今回の群生を見たときは驚きと感動でした。
やはり周辺を探して見ることですね。
平治岳に登るときは暑さで足が止まりへばってしまいました。
山頂の温度は28℃でしたよ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tinnan1515 | 2016-08-24 20:30 | 山歩き | Comments(4)

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515