山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

ナツエビネを見たくて(古処山&屏山)!

 今年はどうしてもナツエビネが見たくてチャンスを伺っていたら、風来坊さんのブログでナツエビネの記事を知り得た。福智山はちょっと遠いので二の足を踏んでいたら、古処山系で見られるのでこの機会を逃す訳には行かない。今は丁度お盆で姉に会う口実もあり秋月に向かった。
e0272335_209919.jpg
清楚で凛とした美しさに感動であった。

                        記

【山行日】2016年8月14日  (晴れ)                                         
【山行先】古処山(859.5m)&屏山(926.6m)
【山行者】単独
【行動コース】キャンプ場跡登山口P(6:30)~5合目(7:10/7:15)~ 水舟(7:50)~古処山(8:15/8:25)~屏山(9:40/10:10)~古処山(11:30)~5合目(12:30)~キャンプ場跡登山口P(13:00)
【行動時間】6時間30分(休憩時間含む)                                         
【行動記録】
 午前3時過ぎに自宅を出て姉宅に6時に着く。久し振りの再会であったが元気そうで嬉しかった。それにしても姉も歳をとったなぁと言った感じ。まあお互い様だけど。(笑) 姉宅はそこそこで気持ちは秋月であった。
e0272335_20281831.jpg
今日の出発地点はここの駐車場から。(下山後の写真)
e0272335_20382721.jpg
歩き始めた時は空は雲に覆われていたので天候の事を気にしながら歩いていると、谷筋の山路に入ると虻の襲来。蒸し暑さと虻に閉口しながら先ずは5合目に着く。
e0272335_20424986.jpg
8合目に着いた時はもうバテバテ。体は汗まみれなので虻がしつこくつきまとう。それにしても5合目からは苦難の連続であった。
e0272335_20464632.jpg
花田比露思さんの歌碑があったとは。これは見に行かなくては。
e0272335_20473592.jpg
ひとの世の栄枯盛衰を見放けつつ古處の峯はやおれの寂けし

e0272335_20562359.jpg
このひと株のみオオキツネノカミソリの花が残っていた。
e0272335_2058957.jpg
古処山に着いてホットする。それにしても虻と暑さには難儀した。次に向かうのは屏山である。
e0272335_212032.jpg
今季お初のハグロソウを見ることができた。屏山に向かう縦走路にところどころ咲いていた。
e0272335_2135491.jpg
ツゲ原生林の中を歩く。
e0272335_215688.jpg
屏山まで1.4Km。縦走路歩きは涼しく、虻もいなくて心地良かった。
e0272335_218725.jpg
ニシキキンカメムシの死骸かと思っていたが、脱皮した抜け殻であることが後で分かった。
e0272335_21111141.jpg
雰囲気がとても素晴らしい縦走路であった。
e0272335_21121069.jpg
今日二つ目のピーク、屏山(926.6m)。汗でビッショリになったシャツの着替えを行ないコーヒータイム。峯入り古道歩き時の事を思い出しながら古処山に戻る事に、この時点ではすっかり夏の陽射しになっていた。
e0272335_4302420.jpg
木漏れ日の縦走路歩きはとても気持ちが良い。登り時のあの暑さが嘘の様だった。
e0272335_442750.jpg
秋月登山口の登山道があったが、ここでは古処山頂を目指した。山頂まで0.5Kmである。
e0272335_4461687.jpg
あっ!ニシキキンカメムシだと思ったら又もや抜け殻であった。
e0272335_4475656.jpg
生きてるニシキキンカメムシを見たくてツゲ原生林の中をゆっくりゆっくり歩くのだが見つけることができなかった。
e0272335_4505837.jpg
ラストチャンスと言う事で遊人の杜方向に進みニシキキンカメムシ。
e0272335_4512378.jpg
こちらの周辺で探していると八丁コースから一人の男性登山者の方が登ってこられた。ニシキキンカメムシの事をお尋ねするとなんと昨日1匹見たと言うことで力が入るも見つけることができず下山する事にした。
e0272335_4574132.jpg
下山路になると流石に暑さが盛り返してきた。大半夏(オオハンゲ)はサトイモ科ハンゲ属の多年草で日本固有種。
e0272335_535989.jpg
涼しげに咲いていたヤマホトトギス。
e0272335_58464.jpg
ボケてしまったがミゾホウズキ。初めて見る花であった。
 では最後に今日のハイライトであったナツエビネを観賞する事に。
e0272335_5182197.jpg

e0272335_519197.jpg

e0272335_520105.jpg

e0272335_5203694.jpg

 ナツエビネに出会った瞬間、嬉しさがこみ上げてきた。今日は朝早くから出掛けて来て目的が達成でき最高の一日となった。

《一口メモ》
 登り時の暑さと虻の襲撃には辛いものがあったが、ナツエビネで一気に気持ちが高まり幸福感浸ることができた。ニシキキンカメムシは今後の課題としていつの日かリベンジしたい。

                                             以上
by tinnan1515 | 2016-08-14 20:34 | 山歩き | Comments(4)
Commented by ポンちゃん at 2016-08-15 07:04 x
おはようございます
遠くまで来られてナツエビネを見ることができ良かったですね。
涼しい所にありますので、たっぷりと涼感を得られた事とおもいます。
キンカメムシは半分残念といった所でしょうか。
なかなか見られる虫ではありませんが、またお越し下さい。おつき合い致しますよ。(^^)
Commented by tinnan1515 at 2016-08-15 09:32
ポンちゃんさん、おはようございます。
ナツエビネを見ることができ大満足でした。
仰有る通り涼感に浸りながら夢中で撮り続け至福のひと時でした。
キンカメムシは今後の宿題となりましたが、今回は抜け殻を見ることができ良かったです。
残暑はまだまだ厳しいですが、新たな花を求めて山歩きに精を出そうかと思っているところです。
Commented by 風来坊 at 2016-08-15 19:08 x
うすきハッピーリタイアメントさん、こんばんは。
早速、古処山に行かれたのですね!?
その行動力に感服いたします・・・。
でも、狙いの一つのナツエビネ、しっかりとゲットされてさすがです。
ニシキキンカメムシは、一人より複数の方が良さそうです。
来年、お探しの節は声を掛けて下さいませ。
Commented by tinnan1515 at 2016-08-16 05:48
風来坊さん、おはようございます。
お陰さまで素晴らしいナツエビネに感動致しました。
ありがとうございました。
ニシキキンカメムシは脱皮した抜け殻で残念でした。
次の機会には生きたニシキキンカメムシを見たいと思っているところです。
今回は虻の襲撃にタジタジでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー