山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

扇ヶ鼻でマツムシソウを楽しむ!

 マツムシソウの開花情報を知り得たので早速にお花見登山を計画した。雨ヶ池方面も考慮したが今回はマツムシソウが咲いている扇ヶ鼻を優先する事にした。 登山口は赤川登山口であった。
e0272335_1813432.jpg



                        記

【山行日】2016年7月29日  (晴れ)                                         
【山行先】扇ヶ鼻(1698m)&星生山 (1762m)&久住山 (1786.5m)
【山行者】単独
【行動コース】赤川「登山口P(5:25)~扇ヶ鼻(7:15/8:05)~星生山分岐点(8:40)~星生山(9:00)~くじゅう分れ(9:35)~久住山 (10:10/10:35)~南登山口分岐点(11:00)~赤川「登山口P(12:45)
【行動時間】7時間20分(休憩時間含む)                                         
【行動記録】
 涼しい内に登り始めたいと思い昨晩は19時過ぎに床に就いたので、予定通り赤川登山口を午前5時25分にスタートする事ができた。
 思わく通り心地良い登りであったが、クマザサが腰の高さ程ある生い茂る登山道で今回もびしょ濡れ。登山靴の中に水が染み込み大変であった。
e0272335_18332731.jpg
扇ヶ鼻に着くとマツムシソウの開花が確認できたので、先ずは靴下の履き替えやシャツの着替えを行う。山頂は暑くもなく寒くもなく心地良い気温だった。
e0272335_185576.jpg
山頂周辺はお花畑。色々な花が咲いているが先ずは今日お目当てのマツムシソウから。
e0272335_18592942.jpg
淡い紫色がとても素晴らしい。
e0272335_1944662.jpg
タイミング良く蜂と一緒にパチリ。
e0272335_1961038.jpg
草丈はおよそ60-90 cmで、葉は対生し、羽状に裂ける。夏から秋にかけて紫色の花をつける。花は頭状花序で、花の大きさは径4 cmほどである。開花時期は、8~10月。
e0272335_1975221.jpg
阿蘇の山を背景に。
e0272335_19175661.jpg
咲き始めに見る花は最高に嬉しい。
e0272335_1993415.jpg
ママコナの花は鮮やかである。
e0272335_19104416.jpg
ノギランとホソバシュロソウのコラボ。
e0272335_19113270.jpg
サイヨウシャジンも賑わったいた。
e0272335_19122514.jpg
シモツケソウの色合いに魅了される。
e0272335_19132572.jpg
今季お初のイヨフウロ。
e0272335_19185781.jpg
ちょっと色合いに差があるイヨフウロ。
e0272335_19213610.jpg
吾亦紅も咲いていた。
e0272335_19233523.jpg
花に満足したので牧ノ戸峠の方向に進む。
e0272335_19254798.jpg
何度も見ているオトギリソウ。
e0272335_19263312.jpg
光線の関係で赤く見えるホソバシュロソウ。
e0272335_19273521.jpg
ホシバギボウシも存在感をアピールしていた。
e0272335_19283727.jpg
僕も忘れないでね。イブキトラノオとは威勢の良い名前だこと。
e0272335_19301123.jpg
やっと見つけることができたフクオウソウの花。扇ヶ鼻の山頂ではまだ蕾だったので少々がっかりしていたのだが良かった良かった。
e0272335_19335035.jpg
花に満足したのでどうしょうかと思ったのだが、まだ9時前だったので星生山に向かうことにした。そうそう久住山の登山道は結構賑わっていた。
e0272335_19401226.jpg
星生山はくじゅう17サミッツ以来かな?
e0272335_19413295.jpg
硫黄山の噴煙と三俣山。
e0272335_19423587.jpg
今日最後のピークになる久住山を眺めながらくじゅう分れを目指す。
e0272335_1945257.jpg
星生山の尾根筋を懸命に歩いてくじゅう分れに着く。久住山頂付近はガスが増え始めていた。
e0272335_1949788.jpg
久住山に着くと眺望はサッパリだった。早目の昼食タイムを済ませ下山開始。
e0272335_19521282.jpg
下山は赤川登山道を予定していたがトラロープが張られていたので南登山口コースで下山する事にした。
e0272335_202292.jpg
南登山口分岐点に向かう途中でノリウツギと中岳を楽しむ。
e0272335_2063061.jpg
南登山口分岐点。正面の山は稲星山。
e0272335_2082316.jpg
悪戦苦闘しながら南登山道を歩く。途中で久住山を仰ぎ見たが山容は見え始めて来た。途中黒土にスッテンコロリン。
e0272335_20113256.jpg
雰囲気の良い樹林地帯を歩くのは気持ちが良いのだがあまり余裕はなかった。
e0272335_20132293.jpg
猪鹿狼寺跡。
e0272335_2015206.jpg
石祠。
e0272335_20164097.jpg
南登山口分岐点の方向に進まないように。
e0272335_2017521.jpg
ここでは赤川の方向に!
e0272335_20202590.jpg
赤川登山口にゴールイン。

《ひとくちメモ》
 今日は目的のマツムシソウを楽しみ事ができたので次のステップへ気持ち良く進むことができる。もうひとつ密かに期待していたヤツシロソウはまだ蕾のままだった。
e0272335_2031556.jpg
ほんの少し紫色が見えた。

                                             以上
by tinnan1515 | 2016-07-29 19:59 | 山歩き | Comments(6)
Commented by ポンちゃん at 2016-07-29 21:55 x
こんばんは、うすきさん
久住満喫され羨ましい限りです。赤川コースは通行止めなのですね
ヤツシロソウ未だ出会えぬ花です。
いつかは!!
Commented by tinnan1515 at 2016-07-30 11:15
ポンちゃんさん、おはようございます。
扇ヶ花に咲くマツムシソウをひと足早く楽しんで参りました。
これから各地の山で見られることでしょう。
久住山はいつもの事ながら登山者が多いですね。
南登山道を数年ぶり歩いてきました。
ヤツシロソウなまだ早かった様です。
山に登ることなく観察できますので楽チンなのですが。(笑)
Commented by 風来坊 at 2016-07-30 22:09 x
こんばんは、うすきハッピーリタイアメントさん。
行動が早いですね!?
狙い通りの花をゲットされて羨ましい。
明日は久し振りに山歩きを楽しむつもりですが、暑そう・・・。
Commented by tinnan1515 at 2016-07-31 03:03
風来坊さん、おはようございます。
マツムシソウを見たさについつい体が動いてしまいました。(笑)
咲き始めに見ると喜びも倍増するみたいです。
さて、どちらの山か楽しみです。
私は川上渓谷のキレンゲショウマを見に行きます。
Commented by yamabakanikki at 2016-07-31 18:52
こんばんは~☆
暑中見舞い申し上げます!
今が一番暑いんですね~、今日はデジカメ忘れ(悲!)
マツムシソウもイヨフウロも、綺麗ですね♪
「福多そう」は、こちらにも咲いてました!
Commented by tinnan1515 at 2016-08-01 05:10
山馬鹿さん、おはようございます。
立秋までもう少しですが、毎日暑い日が続いておりますね。
この時期の山歩きは大変です。
デジカメ忘れは残念でしたね。
私も幾度もデジカメ忘れを経験致しておりますのでお気持ち察し察し致します。
扇ヶ鼻で花を楽しむことができました。
「福多そう」をご覧になられましたか。扇ヶ鼻では咲き始めでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー