山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

一目山&みそこぶし山&涌蓋山!

 7月最初の山行先は涌蓋山にする事にした。まだ少し早いかも知れないがユウスゲ(夕菅)を見たいと思っていた。もうひとつのノハナショウブはきっと咲いているだろうと確信があった。

 気になるのはやはり天気だった。今日の予報は曇のち晴れであったが、山の天候はそんなに甘くはなかった。
e0272335_16241985.jpg
綺麗に開花していたユウスゲはたったの一輪であった。

                          記
【山行日】2016年7月2日  (曇れ)                                         
【山行先】一目山(1284.4m)&みそこぶし山(1299.5m)&涌蓋山(1500m)
【山行者】単独
【行動コース】八丁原登山口P(6:35)~一目山(6:53/6:55)~みそこぶし山(7:55)~涌蓋山(9:15)~八丁原登山口P(11:25)
【行動時間】4時間50分(休憩時間含む)                                        
【行動記録】
 自宅発、午前4時30分。中九州自動車道からくじゅう花公園、そして八丁原登山口を目指した。雨は大丈夫だったが霧が深くて心配だった。準備を終えて八丁原登山口から一目山を目指した。
e0272335_16301861.jpg
歩き始めると一目山の山容はガスで全然見えなく、さらには風が吹きまくり最悪の状態であった。一つの救いは寒さを感じないことであった。山頂に着くとガスで何も見えなかった。
 一目山から下る登山道はお花畑ロードである。最初に目に付いたのはイブキトラノオであった。
e0272335_16414186.jpg
茅の中にイブキトラノオがあちこちに咲いていた。
e0272335_16433348.jpg
今日期待していたノハナショウブに早くも会えて嬉しい悲鳴である。
e0272335_16453849.jpg
このノハナショウブは既に終盤の様子か。
e0272335_16472416.jpg
シライトソウもひっそりと咲いていた。
e0272335_1648291.jpg
オカトラノオはイブキトラノオの勢いに押されていた。
e0272335_16495747.jpg
一頻りお花観賞して、次に目指すはみそこぶし山である。
 左右前後全てガスで景色が全然見えない。前方のを見ながら黙々と歩くだけであるが、緑の草叢の中に突然白いものが見えた。
e0272335_1754546.jpg
シライトソウの三兄弟であった。
e0272335_1756013.jpg
名前は分からないが特徴ある新芽であった。ヒカゲノカズラ(日陰鬘、日陰蔓)
は、ヒカゲノカズラ植物門に属する代表的な植物である。
e0272335_17572889.jpg
ヤマジノギク?。もうこの時期に咲いているとはちょっとビックリ>
e0272335_1842963.jpg
みそこぶし山に到着するも強風が吹き荒れている。先を急ごう。
e0272335_18265779.jpg
シライトソウには会えるのだがユウスゲは姿が見えなかった。
e0272335_18283718.jpg
風が吹くものの寒さを感じなく歩くのには差ほど問題なかった。この先からユウスゲがあることを期待する。
e0272335_1832527.jpg
今日最初に目にしたユウスゲ。しかし、風が吹くので写真を撮るのに一苦労。
e0272335_1833594.jpg
2個目のユウスゲ。開花は申し分なかったのだが、ここでも満足行く写真が撮れなかった。
e0272335_1835418.jpg
涌蓋山、9時15分着。風は強いし眺望はサッパリと言う事で即下山開始。
e0272335_18372912.jpg
山頂周辺に咲いていた擬宝珠。淡い紫色が素敵だった。このあと強風に煽られバランスを崩し転んだが何事もなく良かった。風には要注意。
e0272335_18411380.jpg
下山時にもう一度ユウスゲにご対面。この時期はまだ早かった様だ。
e0272335_18423489.jpg
ノハナショウブには大満足。
e0272335_18441581.jpg
クララの名前を漸く覚えることができた。
e0272335_18454675.jpg
ガスが切れ始め今日お初のみそこぶし山の山容を見ることができたが、この時間帯では青空は無理の様だった。
e0272335_1853465.jpg
草叢の中にひっそりとたった一輪のオトギリソウが咲いていた。
e0272335_18544813.jpg
今朝登った一目山の姿をを見て間もなくゴールイン。下山時、登りの登山者とあったのは10数名であった。

《一口メモ》
 天候が良くないのは覚悟の上であったが強風は予想していなかった。冬季であれば登頂を諦めていたかも知れない。
 目的の花を見ることが出来て良かったのだが時期尚早であった。一面に咲き誇るユウスゲをいつかは見たいものである。

                                     以上
by tinnan1515 | 2016-07-02 18:30 | 山歩き | Comments(8)
Commented by ポンちゃん at 2016-07-02 19:40 x
こんばんは、うすきさん
今日は風が強かったですね!
久住を吹きわたる風は相当強かったのでしょうね。
私も、星生山で強風に2メートルほどとばされたことがあります。
高い山の風は要注意ですね。怪我無く良かったです。
ノハナショウブはちょうど見ごろで綺麗ですね。
明日は山に行けずです~。残念
Commented by giroro at 2016-07-02 22:23 x
うすきさん、こんばんは。
今日は、涌蓋山でしたか。
昨年もこの時期にうすきさんが登っていたので
私も『次のお山は涌蓋山』。と思っていました。
それにしても、4時間50分で登れるなんて…すごいです。
私は多分6時間くらいかかったと思います。
私もユウスゲ、みたいなぁ。。
Commented at 2016-07-02 23:54 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tinnan1515 at 2016-07-03 08:22
ポンちゃんさん、おはようございます。
風が吹く中、ガスで眺望はサッパリでした。
あえて言えば暑さを感じなかったことが良かったような。
風を甘く見てはいけないと反省しているところです。
下りでしたので体が浮いた瞬間に風に煽られてバランスを崩しそのまま転倒でした。
ノハナショウブは見頃でした。雨ヶ池の群生地も気になるところです。
今日は朝から素晴らしい青空で山行日を間違えたようです。(笑)
Commented by tinnan1515 at 2016-07-03 08:29
giroroさん、おはようございます。
ユウスゲとノハナショウブ見たさに涌蓋山に出掛けてきましたがまだ早かった様です。
緑の草原に黄色のユウスゲが点々と咲いている情景を期待していたのですが、いつもの勇み足で7月中旬以降に登るべきでした。
今回は山頂での休憩時間がなかったので早かった様です。
ノハナショウブは綺麗でしたよ。
Commented by tinnan1515 at 2016-07-03 08:38
けいこたんさん、おはようございます。
毎日が日曜日ですので、何か目標を立てて挑戦する気持ちが必要ではないかと思いつつ、今日に至っておりますが馬齢を重ねるばかりです。
涌蓋山に咲くユウスゲを見たさに出掛けてきましたがまだ早かった様です。
一目山やみそこぶし山から眺める涌蓋山の山容は素晴らしいのですが、今回はガスで全然見えませんでした。その上、強風が吹きまくり難儀致しました。
Commented by 風来坊 at 2016-07-03 15:42 x
こんにちは、うすきハッピーリタイアメントさん。
>名前は分からないが特徴ある新芽であった。
先週英彦山で見たヒカゲノカズラではないでしょうか?
土曜日は福岡の背振も大雨でした・・・。お互い、大変でしたね・・・。
でも、雨の中の森は意外に良かったです。
たまには良いかもと思った次第です。
Commented by tinnan1515 at 2016-07-03 17:46
風来坊さん、こんにちは。
ヒカゲノカズラ(日陰鬘、日陰蔓)の名前ありがとうございます。
お陰さまで、また一つ植物の名前を覚えることができました。
雨の中の登山も森と一体化したような気分になりなかなか雰囲気が良いですね。

涌蓋山では雨は降りませんでしたが、風が強くて閉口致しました。
夏山で良かったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー