山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ポンちゃんさん、おはよう..
by tinnan1515 at 08:40
おはようございます、うす..
by ポンちゃん at 08:18
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:02
おばんちょさん、おはよう..
by tinnan1515 at 07:55
jinashiさん、おは..
by tinnan1515 at 07:44
おはようございます、うす..
by 風来坊 at 03:53
はじめまして。御池と、今..
by おぱんちょ at 23:22
40分ほどのニアミスでし..
by jinashi at 18:06
悟空さん、おはようござい..
by tinnan1515 at 07:56
のんびり夫婦さん、おはよ..
by tinnan1515 at 07:51
メモ帳

自宅でのんびりと!

2016年6月9日    木曜日 

 夜半の雨は強かったと朝食中に聞く。自分は雨が降っている音は微かながら聞いていたのだが、強い雨足とは思っても見なかった。そう言えば佐伯市は大雨洪水警報が出ていた。

 日に日に変わる梅雨の天候に振り回される。でも、今日は里山歩きを諦めていたので読書を中心にのんびりと過ごす事に心掛けていた。

 読みかけていた本「羊と鋼の森」を読み終え、何となく充実した一日を過ごせたような感じであった。こうなると明日の山行にも力が入り、早々と準備を終えることができた。

 
1、図書館で借りた本
 今日、「羊と鋼の森」を読み終えたので、早速に返却に行く。そして借りた本は下記の2冊であった。今月も目標達成に向けて読み続けたい。 
1)広岡浅子の「九転十起」 原口 泉 著
e0272335_1539764.jpg
「九つ転び十起き(ここのつころび・とおおき)」と読む様だ。
2)春風伝  葉室 麟 著
 
e0272335_15392762.jpg
葉室作品をコツコツと読んできて「春風伝」で37冊目となる。

2、自宅の花
 純白のカラーは咲き始めていたが今日は紫の斑が入ったカラーが咲き出した。黄色のカラーも植えていたのだが消息が分からない。
e0272335_15382451.jpg


3、読めそうで読めない漢字2000  加納善光 著
第二章 これだけ読めれば立派な教養人
【問題】自分の一部である身体漢字を身につけたい。
1)眉間  2)眼窩  3)鼻梁の線  4)耳朶に届く  5)味蕾  6)喉仏
7)盆の窪  8)顳顬  9)臍下丹田  10)脛毛を抜く  11)で閉じる
12)股関節  13)鼠径部  14)椎間板  15)鼻中隔  16)会陰

【解答】
1)みけん  2)がんか  3)びりょう  4)じだ  5)みらい  6)のどぼとけ
7)ぼんのくぼ  8)こめかみ  9)せいかたんでん  10)すねげ  11)また&もも
12)こかんせつ  13)そけいぶ  14)ついかんばん  15)びちゅうかく  16)えいん
●鼠径部 ⇒下腹部が足に接する部分で、腿の付け根に当たる。 
        
《今日の小さな歓び》
  知人と山談義。


                                          以上
by tinnan1515 | 2016-06-09 18:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(4)
Commented by yamabakanikki at 2016-06-09 20:37
こんばんは~☆

 「羊と鋼の森」、私も現在 読みかけ中ですぅ~(笑)
  
Commented by けいこたん at 2016-06-09 22:00 x
こんばんは!
私も、「羊と鋼の森」は読んでいる最中です。
中身も文体も、優しい感性を感じられ、いいなあと思いながら、大事に大事に読んでいます。
うすきさんは読書がお好きなのですね。
私もです!(*^^*)
Commented by tinnan1515 at 2016-06-10 05:33
山馬鹿さん、おはようございます。
関西出張ご苦労様でした。
移動中に読書をなされているのでしょうね。
本屋大賞受賞作「羊と鋼の森」を読んでみたいと思っていました。
奇しくも、今お読みの本を同時期とは。
星新一の作品はまだ一冊のみですが、これから読みたいと思っているところです。
Commented by tinnan1515 at 2016-06-10 05:42
けいこたんさん、おはようございます。
「羊と鋼の森」を漸く読み終える事ができました。
読後感はけいこたんさんが述べられているような印象を受けました。
宮下奈都さんの作品はこの1冊しか読んでいませんが他の作品も読みたいと思いました。
読書はライフワークの一つと言ったところです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 鳴子山で森の貴婦人(オオヤマレ... 里山のコクランを追い求めて! >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧