山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

五家荘大縦走!

第3回五家荘大縦走のお誘いを頂き昨年に続き参加する事にした。気になるのはやはり天気の事だったが28日、29日の両日共の雨の予報だった。しかし雨天決行との事で前日目的地に向かった。

 今回の移動は国道218号線を走る。東九州自動車道が佐伯ICから北方ICまでが無料という事と、218号線の高千穂から山都町はまだ走っていないので楽しみもあった。
e0272335_15191820.jpg
初めての土地を楽しみながら美里「佐俣の湯」で温泉に浸かることにした。昨年は帰路立ち寄ったが終了していたので、今回はかけ流し温泉を楽しみ事ができた。
e0272335_15315080.jpg
車中泊は梅の木轟公園である。集合場所の佐倉荘まで10分もあればOK。就寝時間までには十分な時間があり轟の滝を見学する事にした。
e0272335_15385672.jpg
梅の木轟公園吊り橋。
e0272335_1542953.jpg
五家荘は球磨川の支流、川辺川の源流域をなしているため渓谷が多く。、そのため滝や吊り橋が多いそうだ。なんと吊り橋は11個。
e0272335_15485022.jpg
初めて見る轟の滝であった。夕食を済ませ早目に就寝する。21時頃から雨が降り出してきた。

【山行日】2016年5月28日  (雨)                                         
【山行先】
e0272335_1444447.jpg

【山行者】25名
【行動コース】
雁俣山登山口(4:30)~雁股山(5:35)~京丈山(8:37)~平家山(11:40)~国見岳(14:40)~五勇山(16:10)~烏帽子岳(17:20)~烏帽子岳登山口(19:05)
【行動時間】14時間35分(休憩時間を含む)                                       
【行動記録】
 梅の木轟公園で午前3時に目が覚める。予定では2時半であったので少々慌ててしまった。登山準備は雨対策仕様で急ぎ佐倉荘にむかった。辛うじて出発時間内に間に合いホッとする。登山口の二本杉広場に移動し今日の登山者の皆さん達と合流する。責任者の説明の後午前4時半スタートで長い長い第一歩を踏み出した。
e0272335_16111168.jpg
ヘッドランプを灯しながら雨が降りしきる山道を黙々と歩く。今日最初のピークは雁俣山。カタクリの花が見られる山であるが今回が初登頂であった。今回お誘いを頂いたサスケさん。久し振りの同行であった。
e0272335_16172960.jpg
雁俣山の次は京丈山(キョウノジョウヤマ)を目指す。この山もお初であった。
e0272335_16232617.jpg
花が咲いているとついつい立ち止まってしまう。二人靜さんとご対面。
e0272335_16251231.jpg
明るい陽射しを期待するも今日は一日雨の様だ。
e0272335_16272848.jpg
バイケイソウの群生地があちこちに。開花はまだ先の様だった。
e0272335_16292640.jpg
九州百名山の京丈山に到着。九州百名山踏破を目標に掲げながらいつも頓挫しているのだが漸く50座達成であった。
e0272335_16331485.jpg
平家山に向かう山路でなんとなんとサルメンエビネと出会う。今季2回目の遭遇でラッキーであった。
e0272335_17251081.jpg
11時40分、平家山着。体力の方はまだまだ大丈夫だった。雨の中での昼食タイムとなる。
 
e0272335_1729253.jpg
国見岳に向かう山路でオオヤマレンゲの蕾を見ることができた。花に出会うとパワーを貰い嬉しい。
e0272335_17314593.jpg
広河原登山口分岐点。14時前通過。国見岳まではひと頑張りだ。
e0272335_17413142.jpg
雨中の中、黙々と歩いていると山芍薬が咲いていた。歓喜の雄叫びである。
e0272335_17481097.jpg
雨に打たれた紫陽花は今から見頃。雨に濡れた山芍薬はもう最後か?なかなか風情があった。
e0272335_1751245.jpg
ここに来るまで山芍薬の群生地を何度も見てきたが、この山芍薬に出会い一気にテンションがあがった。
e0272335_1754988.jpg
2回目の国見岳登頂、14時40分着、歩き始めてから10時間経過していた。山頂では強い雨に打たれて体が冷え始めていた。国見岳で下山と烏帽子岳を目指す2グループに分かれる。

 国見岳の山頂でかなりの寒さを感じたが、歩き始めると徐々に体が温まり元の体調に戻り一安心。しかし、山中は幽玄の世界。森林の光景を楽しむ余裕もなくただただ黙々と歩き五勇山を目指した。 

 五勇山までが自分なりに歩くことができた区間であった。五勇山で写真を撮ろうとしたらレンズエラーの表示が出て撮影不良となる。防水タイプのカメラではないのに雨中対策を怠ったことが痛恨の極みであった。

 五勇山から最後のピーク、烏帽子岳を目指すものの体の疲労は徐々に奪われていた。烏帽子岳の登りは心臓がパクパク、休み休みやっと烏帽子岳に17時20分着。歩き初めてから12時間50分経過していた。

 最後の気力を振り絞り、バスが待っている烏帽子岳登山口に向かって歩くも、軽い登りの度に足が止まってしまう。登りになると息切れになり立ち止まり息を整える。最悪のパターンを繰り返しながらやっと烏帽子岳登山口に辿り着きホットした。

 かくして、初日の五家荘大縦走を終えることができた。さて、翌日の行程は11時間の山行であったが、予報では明日も雨という事で山行中止となった。

《一口メモ》
 五家荘大縦走は最後は疲れ果ててしまったが、お風呂に入り躰を温めているとじわじわと充足感が込み上げて来た。やはり山歩きは楽しいなぁ。それも多くの皆様方のお蔭ですね。あらためて、第3回五家荘大縦走にご参加の皆様にお礼と感謝を申し上げます。ありがとうございました。

                                                     以上
by tinnan1515 | 2016-05-29 19:30 | 山歩き | Comments(8)
Commented by ミーコ at 2016-05-29 19:17 x
悪天候の中遠路お疲れ様でした。
又何処かの山でご一緒出来たらと思っています。
有難う御座いました。
Commented by 風来坊 at 2016-05-30 03:12 x
うすきハッピーリタイアメントさん、おはようございます。
ロングコースを悪天候の中歩かれて、お疲れ様でした。
でも、サルメンエビネやヤマシャクヤクも見れて良かったですね。
来年もあるなら参加したいコースですね。
勉強になりました。ありがとうございます。
Commented by tinnan1515 at 2016-05-30 05:20
ミーコさん&サスケさん、おはようございます。
大変お世話になりありがとうございました。
お蔭さまで今年も五家荘の山々にたっぷりと浸ることができました。
また、サルメンエビネと山芍薬を見ることができ嬉しかったです。
これから花めぐりで忙しくなりそうです。(笑)
またのご同行が楽しみです。
Commented by tinnan1515 at 2016-05-30 05:29
風来坊さん、おはようございます。
ロングコースでしかも雨という事で、山中の風景が余り目に入りませんでしたが、花に出会った時はとても嬉しかったです。
サルメンエビネと山芍薬がこの時期に見れれるとはビックリでした。
九州百名山の山頂に立つことができ、やっと50座目に辿り着きました。これからも諦めずに60座を目指したいと思います。
Commented by yamabakanikki at 2016-05-30 06:32

ロング縦走、お疲れ様でした~
1泊2日テント泊で、堪能してもいぃルートですね♪
佐倉荘は、食事もお風呂もよかです!
  
Commented by tinnan1515 at 2016-05-30 08:26
山馬鹿さん、おはようございます。
ロング縦走は大変疲れましたが、やっと充実感がこみ上げてきたところです。
雨の山行は余り経験がなく色々と勉強になりました。
佐倉荘のメニューの多いのにはビックリ、山歩き同様懸命に食べました。(笑)
温泉に入り冷え切った躰を温めるひと時は最高でした。
Commented by ポンちゃん at 2016-05-30 12:21 x
こんにちは、うすきさん
長い縦走ですね~!それも雨という悪条件で、驚きです。
いつかチャレンジしてみたいコースです。
お疲れ様でした。
Commented by tinnan1515 at 2016-05-30 17:53
ポンちゃんさん、こんにちは。
ありがとうございます。
五家荘の山々を歩いて来ました。
この山系の地理は掌握できておりませんので、ただ黙々とついて行くだけでしたが、九州百名山のピークに立つことができ嬉しかったです。
最後はくじゅう17サミッツを歩いた時のような苦しさを味わいました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー