山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

平治岳&北大船山&大船山! ミヤマキリシマは一分咲き!

  登山靴を購入したので履き慣らしのため山歩きに出掛けた。山行先は随分と悩んだのだが、やはりミヤマキリシマの状況が気になるため平治岳に登る事にした。さらには今季まだ満足行くイワカガミを見ていなかったのでイワカガミも是非見たいと思っていた。

e0272335_19542482.jpg
平治岳のミヤマキリシマの開花状況は一分咲きであった。
e0272335_19544222.jpg
見頃時期は例年のごとく5月末から6月1週~2週辺りか?
e0272335_19541146.jpg
気になるシャクトリ虫はほとんど見当たらなかった。

                         記
【山行日】2016年5月22日  (晴れ)                                         
【山行先】平治岳 (1643m) &北大船山(1706m)&大船山(1786.2m)
【山行者】単独
【行動コース】
男池P(6:35)~かくし水・衣服調整(7:05/7:10)~東尾根コース分岐点(7:33)~平治岳(9:00/9:50)~大戸越(10:20)~北大船山(11:25/11:30)~段原~大船山(11:55/12:20)~段原~風穴分岐点(13:45)~風穴~奥セリ(14:20)~ソババッケ(14:50)~男池P(15:30)
【行動時間】8時間55分(休憩時間を含む)                                   
【行動記録】
1、自宅から男池駐車場まで
 午前3時起床。山歩きに出掛ける時は時間が気になるのか早い時間帯に目が覚める。もちろん就寝時間も早いのだが。朝食を自宅で済ませてから自宅発午前4時、途中でコンビニによりお握りとコーヒーを買った。ここまではいつものパターンであるのだがここでポカをやっていた。コーヒーを入れるためお握りをカウンターの上に置いていたのだが、コーヒーだけを持って車に乗り込んだのである。走る事5分後お握りがないことに気が付き慌ててコンビニに引き返す事に。その後は順調に男池まで。準備を終えて平治岳を目指した。

2、<span style="color:rgb(0,0,255);">男池から東尾根コースで平治岳まで
今日からトレッキングパンツはショートパンツに変更。そして新調の登山靴での出で立ちであった。やはりショートパンツは歩きやすいし暑さを感じないのが良かった。
e0272335_2046767.jpg
すでに終わりかけていたコケイランの花。実は密かに会える事を期待していた。まだ一度も見たことがない花であったのだ。植生地がおぼろげながらに分かったので来年が楽しみである。
e0272335_20502320.jpg
バイケイソウが咲き始めていたが、本格的な開花はまだ先の様だ。
e0272335_20514284.jpg
ここの樹林地帯はいつ歩いても心が癒される。特にこの時期の新緑は最高だ。
e0272335_20551573.jpg
かくし水に咲いていたオウギカズラ。開花時期が長い様だ。
e0272335_20562542.jpg
30分も歩くと汗が吹き出てくる。ここで衣服調整し東尾根コースの分岐点を目指す。一歩一歩進みながら緑が濃くなった森林を楽しむも徐々に足が重たくなりつつあった。
e0272335_210627.jpg
平治岳東尾根コースの標識が下げられていた。
e0272335_2115529.jpg
東尾根の直登コースは厳しいが、新緑と野鳥の囀り、そして涼風で随分と励まされた。
e0272335_21112040.jpg
ポチポチとミヤマキリシマの開花が見られる様になってきた。
e0272335_21122698.jpg
ここのミヤマキリシマはとても鮮やかであった。
e0272335_2114979.jpg
今日はどうしても見たかったイワカガミ。山頂近くの林床にはイワカガミがあちこちに。素晴らしい色合いを堪能できた。
e0272335_2115494.jpg
明るい陽射しを浴びながら喜んでいるようなイワカガミさん。
e0272335_21143318.jpg
こちらには見頃な石楠花が。
e0272335_21152982.jpg
平治岳の山頂に着きほっと一息。青空に恵まれて本当に良かった。それにしても東尾根の急登は足が進まなかった。この後しばらく写真タイム。
e0272335_105388.jpg
一分咲きの状況。この山肌が全面ピンクに染まる日は六月の初めか?いつみても雄大なくじゅうのやま山は素晴らしい。
e0272335_10103944.jpg
涌蓋山を背景に。この一体のミヤマキリシマはかなり色付いていた。
e0272335_10133928.jpg
やゃ白っぽいミヤマキリシマは満開だった。

《平治岳山頂でのサプライズ》
 山頂でたっぷりとミヤマキリシマの観賞を終えそろそろ下山しようと思っていた時、平治岳北コース山頂間近の所から登山者の会話が聞こえててきた。耳を澄まして声を聞くと、あっ!この声はじなしさんだ。なんとなんと花牟礼山に続いての今年2回目のサプライズであった。実はじなしさんの指山のミヤマキリシマの開花情報が、今日の平治岳登山の一つの布石でもあったのだ。
 短時間ではあったが会話が弾み楽しいひと時であった。じなしさん次回のサプライズが楽しみです。

3、平治岳から大戸越・北大船山そして大船山まで
 平治岳のミヤマキリシマの次はオオヤマレンゲの状況を見たくて北大船山を目指した。そして余力があれば大船山も視野に入れていた。
e0272335_111346.jpg
平治岳下山道には白のミヤマキリシマがあるのだが、今回はまだ早い為見ることが出来なかった。大戸越からは予定通り北大船山に向かう。
e0272335_1151535.jpg
早速にイワカガミ観賞。
e0272335_1165754.jpg
なんとなんとイワカガミで足止め。
e0272335_1183623.jpg
こちらにはクサボケがまだ咲いていた。
e0272335_1193715.jpg
マイズルソウも咲き始めていた。荒れた登山道を慎重に歩きながらオオヤマレンゲのある場所に。この間、大戸越に向かって下山されていた登山者の方6名とお会いする。目的は平治岳のミヤマキリシマ?
e0272335_1113945.jpg
やっと辿り着いたオオヤマレンゲがある地点。蕾を確認することができひとまず目的達成。今季の蕾の付き具合は昨年より多いのではないかと感じた。今年は期待できそうだ。
e0272335_11165285.jpg
オオヤマレンゲが咲く時期が楽しみ、祖母山でも見たいと思っている。
e0272335_11202212.jpg
またまたイワカガミさんの誘惑に負ける。でもこの美しさでは誘惑されても当たり前。
e0272335_1123440.jpg
イワカガミを目一杯に楽しむことにしましょう。
e0272335_11241811.jpg
もちろん、ミヤマキリシマもしっかりと楽しんでいますよ。
e0272335_11252655.jpg
ほら、素晴らしいでしょう。
e0272335_11264320.jpg
くじゅう17サミッツ以来の北大船山であった。ここで昼食をと思ったのだが先を急ぐことにした。段原11時35分着、ここから米窪コースで下山をと一瞬思ったが大船山に向かう事にした。
e0272335_11444113.jpg
真上に山頂が見えているのにここは気力を奮い立たせなくては。
e0272335_11464173.jpg
今日3座目の大船山。やはり青空が一番だ。山頂でくじゅうの山を眺めながらお握りにかぶりついた。
e0272335_11493710.jpg
素晴らしい眺望であった。

4、大船山から米窪・風穴・ソババッケそして男池まで

 米窪コースから下山すると途中でヨウラクツツジを見ることができるのではと淡い期待を抱いていた。でも、米窪ではミヤマキリシマに難儀するところでもあるのだった。
e0272335_1204060.jpg
段原から風穴を目指して下山開始。
e0272335_123616.jpg
米窪と大船山。
e0272335_1254134.jpg
大戸越・平治岳と黒岳の分岐点があるがここは黒岳の方向に進む。
e0272335_12122317.jpg
開花前のヨウラクツツジに出会うことができた。
e0272335_1273975.jpg
こちらはツクシドウダン。ヨウラクツツジの開花後と間違っていた。
e0272335_12164198.jpg
急登を降りきり黒岳・風穴&岳麓寺コースとの分岐点。ここまで下山すればとりあえず一安心。次は風穴である。
e0272335_12194737.jpg
オトコヨウゾメは、スイカズラ科ガマズミ属の落葉低木。別名、コネソ。
e0272335_12211021.jpg
大きな岩の上を慎重に歩く。
e0272335_12222781.jpg
山中深くにはまだユキザサが咲いていた。
e0272335_12233870.jpg
風穴到着。次はソババッケ、自分の足を信じて進むしかないのだ。
e0272335_1226261.jpg
先ずは奥ゼリ通過。ここからソババッケまで長く感じた。
e0272335_15402138.jpg
何か花はないかと集中力を切らさず歩いているとコクワガタに出会った。
e0272335_12291919.jpg
15時前にソババッケに到着。ここまで来ればもう大丈夫だ。あとは転ばないように注意して下山すること。
e0272335_15425476.jpg
苔類だろうか?陽射しを浴びて輝いていた。素敵な色合いだった。
e0272335_12374259.jpg
下山はただただ黙々と歩くだけであったが男池の橋をみると一気に気が緩んだ。今日もよく歩きました。

《一口メモ》

 ミヤマキリシマは今日の段階ではまだ一分咲き。見頃は例年通り6月の初めと思われる。また、久住山系のミヤマキリシマ観賞に出掛けたいと思っている。

                                                         以上
by tinnan1515 | 2016-05-22 20:30 | 山歩き | Comments(8)
Commented by giroro at 2016-05-22 21:19 x
うすきさん、こんばんは。
平治岳は、靴慣らしではありません。
立派なお山です!!
私の予想では、臼杵城散策か、ちょっと坂道を試すために、里山を想像していましたが、まさかの平治岳とは…。
でも、ミヤマキリシマの今の状態がわかって嬉しいです。
編集中にすみません。楽しみにしています。
Commented by tinnan1515 at 2016-05-23 09:26
giroroさん、おはようございます。
平治岳のミヤマキリシマ開花状況の偵察に行って来ました。
好天に恵まれ心地良い山歩きができましたよ。
靴の方はもう一度履けば大丈夫だと思います。
ミヤマキリシマは一分咲きと言った感じでした。
平治岳のシャクトリムシは殆ど見当たらなく今年は期待できそうです。
お花の方はイワカガミを存分に楽しむことができました。
Commented by 風来坊 at 2016-05-23 19:48 x
こんばんは、うすきハッピーリタイアメントさん。
3足目の同型の靴でもちゃんと靴慣らしをされるのですね。
風来坊は適当ですが、今までそれほど困ったことがありません。
九重のミヤマキリシマ、他の方のブログでも虫が少ないと書いてあります。
それを見るとつい、計画を立ててしまいそうです(笑)
貴重な情報、ありがとうございます。
Commented by tinnan1515 at 2016-05-23 20:00
風来坊さん、こんばんは。
靴がまだ固く何となく違和感を感じましたがもう大丈夫だと思います。
平治岳のミヤマキリシマの様子を観察に行ってきましたが、まだ一分咲きでした。
今年はシャクトリムシを余り見かけませんでしたので、開花時期が期待できそうです。
6月1週、2週が見頃だと思います。
Commented by jinashi at 2016-05-23 21:25
うすきさん お疲れ様でした。
なんとなく山頂に誰かが偵察隊としているのではというような予感も少ししていました^^
なので・・うすきさんと出会えてとてもハッピーでした。
その後の行程はさすがうすきさんならでは・・大船まで行ったのですね!  ヨウラクツツジやツクシドウダンもいいお顔をされていますしたね。(私たちは北大船から段原~坊ケつる~吉部へと周回しました)
今年はすばらしいジュウタンが見られそうですね。 
また・・そのころにはあのあたりでお会いできそうです。
Commented by tinnan1515 at 2016-05-24 05:43
じなしさん、おはようございます。
ツクシドウダンの名前ありがとうございました。
平治岳でのサプライズはとても嬉しかったです。
また良き思い出となりそうです。
ピンクのジュウタンを求めて再度出掛けるつもりです。
あの山この山のミヤマに胸をときめかせております。
Commented by higetias at 2016-05-25 17:42 x
うすきさん、こんばんは。
くじゅうのミヤマキリシマ開花情報、大変参考になりました。
花付きは良く虫も少ないとのことなので今年は期待できそうです。
今週末に行こうかと思っていましたが、今週末はまだ少し早そうですね~。
偵察ありがとうございます。
Commented by tinnan1515 at 2016-05-25 18:12
higetiasさん&mamatiasさん、こんばんは。
早いとは思いましたがくじゅうのミヤマキリシマ開花状況が気になり行って参りました。
案の定一分咲きでしたが、シャクトリムシの少ないのには驚きでした。
見頃は6月初め頃ではないでしょうか。
これからが楽しみです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー