山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
信ちゃん&俊ちゃんさん、..
by tinnan1515 at 07:31
うすきさん、こんばんは。..
by 豊津の信ちゃん at 21:11
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:54
おはようございます、うす..
by 風来坊 at 06:29
いーさん、こんにちは。 ..
by tinnan1515 at 16:06
うすきさんおはようござい..
by kabuto1952 at 10:13
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:22
うすきハッピーリタイアメ..
by 風来坊 at 07:08
higeさん、こんにちは..
by tinnan1515 at 16:20
うすきさん、こんにちは。..
by higetias at 10:59
メモ帳

烏帽子岳&市房山!そして水上役場の職員さんに感謝!

 昨日は夏木山と五葉岳に登り、今日は旧九州百名山の烏帽子岳である。車中泊は国道219号線から県道39号線に入り「山の駅銀鏡」を通り過ぎて最初の烏帽子岳登山口の標識がある地点の広場であった。

 私にとって烏帽子岳はお初の山、しかも旧九州百名山という事でとても楽しみな山。しかも単独山行ではないので気が楽であった。

                           記

【山行日】2016年5月2日  (晴れ)                                         
【山行先】烏帽子岳(1125m)&市房山(1721m).
【山行者】2名
【行動コース】
1、烏帽子岳
林道路肩P(6:40)~登山口(7:04/7:08)~5合目(7;40)~ししの平(7:55/8:00))~8合目(8:15)~烏帽子岳(8:44/9:05)~林道路肩P(10:20)
【行動時間】3時間40分(休憩時間を含む)                                         【行動記録】
e0272335_1831149.jpg
この標識の前に広場があり車中泊には好適だった。昨晩も満点の星を眺めながら夢現の中眠りに就いていた。午前4時過ぎに目が覚め5時から朝食、登山準備に取り掛かった。
e0272335_1884319.jpg
県道39号線からスーパー林道に入り烏帽子岳登山口を目指した。
e0272335_18122323.jpg
登山口までの走行を諦め林道の途中で駐車し歩いて20数分で登山口に辿り着く。ここから山路歩きとなる。昨日は最初から体が重かったが、今日の林道歩きは頗る体の動きが軽やかであった。    
e0272335_18483045.jpg
只管に黙々と歩き3合目通過。
e0272335_1850106.jpg
山道は急登が続くが1時間で5合目通過。昨日のように息が上がることはなかった。
e0272335_1852318.jpg
で小休止。周囲を見渡すと奥深い山々が続いていた。
e0272335_18544926.jpg
ししの平から15分歩いて8合目通過。あとひと頑張りで山頂だ!
e0272335_18573242.jpg
約2時間で二人してお初の山にゴールイン。それにしても今日も素晴らしい天気に恵まれ絶好の山日和に感謝である。
e0272335_1915793.jpg
登山道では花に恵まれ無かったが山頂に咲いていた山帰来の花。15分程休憩して下山開始。この調子でいけばあと一山登れそうだと思いつつ下山を急いだ。
e0272335_1992522.jpg
登り時は早く山頂に着きたい一心でミツバツツジを無視していたが下山となるとやはり気になるのは花である。ここのミツバツツジはとても素晴らしかった。
e0272335_19104362.jpg
新緑と淡いピンクのコントラストは自然が恵んでくれた贈り物。このような光景に幸せを感じる。
e0272335_19161071.jpg
林道を歩いていると独特な花の匂いが漂ってくる。この匂いはガクウツギだ。懐かしい匂いが思い出された。
e0272335_19194877.jpg
心地良い林道歩き。この新緑は最奥だった。
e0272335_19213962.jpg
この花は?余りにも小さなな花なのでピントが合わず一苦労。

e0272335_4544766.jpg
花の全体像。葉もしっかりと写しておいた。
e0272335_19255182.jpg
10時20分下山。この時刻だと市房山に登れるそうだと思い、市房山キャンプ場にナビ設定すると13時前には到着できる。急遽相談して本日2座目の市房山に登ることにした。

2、市房山
 市房山は昨年の12月24日、田中陽希さんを追っかけて初めて登った山。その時は宮崎県側の登山口からであったので、次回は熊本県側の市房山キャンプ場からの登山を思い描いていた。そうすれば陽希さんが歩いた縦走路を歩いたことになるのである。昨年は一日違いで陽希さんには会えなかったのだが。

                           記

【行動コース】
市房神社P(12:25)~市房山(15:00/15:15)~市房神社P(17:05)
【行動時間】4時間40分(休憩時間を含む)                                         【行動記録】
 烏帽子岳登山口から市房山キャンプ場までの移動時間は2時間以内と描いていた。出発時間が午後からなので市房神社Pからのスタート。駐車場には5台程停めてあった。
e0272335_19511912.jpg
準備を終えて12時25分スタート。18時下山が目標であった。この二本の杉は新夫婦杉。右が女杉幹周り(6.17m)。左が男杉(6.37m)である。
e0272335_2032846.jpg
市房登山道4合目。このあと写真を撮る余裕がなく只管に山頂を目指した。午前中の体のキレはどこかに飛んでいて全く足が進まない状態であった。下山者の方に会うたびに山頂の様子や登山者の人数を確認していた。
元気そうな下山中の青年とお会いし、山頂の人数を聞くと山頂を目指している方が3名との情報を得た。山路は思った以上に難路で登りがいがある登山道であった。
e0272335_2016546.jpg
兎に角体が動かず立ち止まる回数が多いこと。そんな時花に救われる。綺麗なミツバツツジが咲いていた。3名の下山者の方に遭遇したが何合目かは定かではなかった。ご挨拶をするとちょっと気になる印象を受けた。男性2名ご婦人1名の3名のグループであった。
e0272335_20243695.jpg
市房山のアケボノツツジ。風雪に耐え抜いた古木の様で風格を感じた。
e0272335_2027351.jpg
山頂まで5分の表示を見ても足取りが重たかった。最後のひと踏ん張るなのだが兎に角キツイの一言。
e0272335_20294671.jpg
15時ジャスト。やっとの思いで山頂に立つことができた。今回で2回目であるが市房山は素晴らしい。

 陽希さんが市房山の山頂に立った時は大勢の登山者で歓迎されていたことを思い出す。一日違いは残念であったが、今では思い出としてしっかり胸に刻み込まれている。

 さて、山頂でゆっくりしたいのだが下山のことやら、帰宅の事を考えるとのんびりする余裕はなかった。日が長くなり明るいうちに下山できるとの確信、しかも単独ではないのが心強かった。

 肉まんさんの九州百名山登頂は昨日から一気に4座制覇で、新旧合わせて完全踏破は間近の様だ。自分も2011年版の九州百名山を目標に掲げているのだが挫折中である。肉まんさんや、風来坊さんを見習いたいと思うばかりである。

 下山前に肉まんさんが見られている方向は宮崎県側の西米良村からの登山道?次の機会に歩かれることでしょう。市房山は素晴らしい山であった。
 
 山頂の写真が最後で下山時の写真は一枚もなかった。ほとんど余裕を無くしていた様だ。さて、下山は15時15分発。登りは弱いのだが下りはなんとかなるだろうと思いつつ気力を振り絞って歩くしかない。

 下山していると何合目かは定かではなかったが、登りの時に下山されている3名の方に追い着いた。えっまだこんなところと一瞬思った。お話をしているとどうもご婦人の方の膝の調子が悪く正常な歩きができないことが何となく分かってきた。この時点では軽い挨拶程度で追い越して行ったのだが。

 実はこの時点から肉まんさんは危機管理能力を発揮されていた。この調子の足取りで下山されると日が暮れるのではないかと。気にはなるのだがこの時点ではどうすることも出来なく、下山後警察署にこの状況を連絡しましょうとのご提案。沈着冷静なご判断であった。

 17時05分、市房神社駐車場に着くと車は3台。肉まんさんと自分の車でもう1台は下山中の方の車と判断できた。登山者届けを確認するとなんとなんと登山開始時間が午前8時40分頃ではなかったか。さらには電話番号が記載されていなく、ここで事の重大さに気付かされた。

 このペースで下山されると日が落ちて仕舞うのではないかと。そして、はしが場やロープ場の急登の下りを考えると困難な状況が予想される。足の状態が正常であれば問題はないのだが、何しろ膝の調子が良くないから一気に不安が高まってきた。

 この情報を伝えるべく先ず警察署に向かう事にした。途中で郵便局に立ち寄り駐在所の場所をお尋ねすると、役場の方が近いとのアドバイスを頂き水上村役場に向かった。事の状況を説明し下山の確認をご依頼する。ここまで肉まんさんの的確な判断でひとまず安心することができた。

 肉まんさんはもう1泊の予定。明日の天候次第ではもう1座登るとの事で、水上村役場でお別れした。そうそう、次回は鹿児島県の磯間嶽に登りませんかとのご提案を頂いたので、磯間嶽の情報を得なくてはと思いつつ一路西都インターに向かった。

 日が落ちない時間帯の山中の走りは景色を楽しめるのだが、日が落ちてくると徐々に登山者の方の事が頭をよぎる様になっていた。東九州自動車道の西都インターに到着後はひと安心。臼杵インターに向かって走っていると20時半頃携帯電話の着信音が鳴りだした。肉まんさんからであった。

 水上役場の職員さんのご尽力で無事に下山することができたとの一報を聞きホッとした。水上役場の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。そして、肉まんさんの適切なご対応を学ばさせたいただきました。ご苦労様でした。

 道の駅北川はゆまで10数分の仮眠を取り自宅に着いたのが10時過ぎ。3日間の山旅にピリオドを打つことができた。あっという間の3日間であったがとても充実した日々を送ることができた。今回の山旅でお会いした皆様方に感謝申し上げます。ありがとうございました。


                                                  以上 



 

 
by tinnan1515 | 2016-05-03 18:30 | 山歩き | Comments(6)
Commented by furaibow581203 at 2016-05-04 17:42
うすきハッピーリタイアメントさん、こんばんは。
肉まんさんとの九州百名山巡り、お疲れ様でした。
宮崎の烏帽子岳から熊本側からの市房山、しかも市房山は午後からの登りで大変だったと思います。私なら無理でした。
今年はアケボノツツジを楽しめませんでしたので、来年は楽しみたいです。
Commented by 山馬鹿 at 2016-05-05 05:27 x
お早うございます
一日二山 登られましたか 凄い体力&精神力!
膝を痛めた方々 ご無事でなによりでした 的確なご判断&行動のおかげですね~
Commented by tinnan1515 at 2016-05-05 08:26
風来坊さん、おはようございます。
九州百名山歩き無事歩き終えることができました。
二日目の烏帽子岳は絶好調でありましたが、流石に市房山ではバテバテでした。
市房山は今回で2回目でしたがまた登りたいと思いました。
アケボノツツジと新緑の山歩きは最高です。
来年はぜひぜひご覧になって下さいませ。

Commented by tinnan1515 at 2016-05-05 08:35
山馬鹿さん、おはようございます。
市房山は素晴らしい山でしたが、なんとか気力だけで登ったような。(笑)
膝を痛めておられた方、20時20分に下山されたとの事。
本当に良かったです。
二日間の山旅を終えて充電中ですが、頭の中は次はどこの山にと駆け巡っているようです。(笑)
Commented by katuyamak at 2016-05-07 06:18
うすきさん、おはようございます。
2日間、天候にも恵まれ、旧友とも会えてと最高の山歩きを堪能できました。
これもうすきさんのお蔭です。
振り返っても、本当にいい山歩きだったと思います。
ありがとうございました。
Commented by tinnan1515 at 2016-05-07 19:51
肉まんさん、こんばんは。
九州百名山4座制覇は快挙でしたね。
私も肉まんさんのお蔭で充実した山歩きができました。
山友さん達との交流も楽しかったです。
こちらこそありがとうございました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ただになれない自分! 夏木山&五葉岳! >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧