山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

白石山のキンランはまだ蕾だった!

 2016年4月22日   金曜日  
                                                                   1、里山歩き
 今日は昨日の雨が嘘のような初夏を思わせる好天気であった。本来なら越敷岳方面にアケボノツツジ観賞に行きたかったのだが、竹田方面では自粛も止むを得ないだろう。    
 じっと家に籠るのも精神衛生上に良くないと勝手に理由付けして里山に登る事にした。4月19日、龍王山山麓でキンランの蕾を見て、白石山の山頂にもキンランが咲くことを思い出した
 いつもの様に田中公民館に車を停めさせていただき白石山を目指した。田中・山口部落に流れる川をさかのぼって行くと川岸にピンクの花が。
e0272335_17511575.jpg
なんと川の石垣や土手近くにシランが数箇所に咲いていた。
e0272335_1754260.jpg
集落を通り過ぎると自分の好きな風景が広がってきた。カエルの鳴き声も聞こえてくるし、山肌はすっかり様変わりで新緑が眩しかった。
農道歩きから山路に入るとギンランがある場所に。
e0272335_1833736.jpg
昨年出会った場所を探すと今年も小さな花芽が出始めているではないか。思わず嬉しさが込み上げて来た。気分も良くなり次はイチヤクソウのある場所に。
e0272335_1882622.jpg
イチヤクソウは臼杵の山でも多く見られる事に昨年気づいたが、自分は白石山の山路に咲くイチヤクソウに一番愛着がある。何故かと言うと最初に出会ったからである。余談はさておきもう花芽が出始めていた。
 山路の登りとなると足が進まずゆっくりと一歩一歩歩く。ふと下を見ると花びらが沢山落ちていた。この花はムベだと思い上を眺めながら歩いているとムベの花を見ることができた。
e0272335_18131322.jpg
 ムベ(郁子、野木瓜)は、アケビ科ムベ属の常緑つる性木本植物。別名、トキワアケビ(常葉通草)。方言名はグベ(長崎県諫早地方)、フユビ(島根県隠岐郡)、イノチナガ、コッコなど。                                     
e0272335_18591986.jpg
山頂に着き海を眺めるも霞んでいて今日の光景はサッパリ。記帳をすると今年になり登山者が増えているようだった。さて、お目当てのキンランは?
e0272335_1931340.jpg
まだ蕾であった。      
e0272335_1943447.jpg
でも満足満足。
e0272335_196119.jpg
山頂にはフデリンドウも咲いていたがとても小さな株であった。                                              
e0272335_1972481.jpg
そして菫も。
 山路来て何やらゆかしすみれ草   松尾芭蕉
  の俳句が思い出された。                                        今日の予定は白石山で下山するつもりであったが、花に喜びを頂いたので気分も良くなりトギシ山まで縦走する事にした。
e0272335_19125441.jpg
縦走路に咲く花はないかと期待していたのだが何もなくトギシ山(409.6m)に着く。今回もトギシ山は通過点であった。
e0272335_1923439.jpg
今日のハイライトはこの花。ホタルカズラでしょうか?初めて見る花です。ホタルカズラ(蛍葛 )はムラサキ科ムラサキ属の多年草。和名の由来は緑の中に鮮やかな瑠璃色の花が咲く様子をホタルに例えたことから。                  
e0272335_19253152.jpg
青空に向かってグングン伸びるたけのこ。

 白石山からトギシ山の縦走歩きで花を楽しむことができたがもう一つ宿題が残っていた。龍王山の山麓に咲くキンランの様子を知りたくて、キンランの咲く場所に足を運んだ。
e0272335_19443135.jpg
残念ながらまだ蕾であったが確実に蕾は膨らみを増していた。
e0272335_1946429.jpg
また数日間空けて足を運ぶ事にしましょう。                                                                        
2、自宅の花
待ちに待った牡丹の花が今日の暖かさで一気に開いてくれた。
e0272335_16285575.jpg
ボタン(牡丹)は、ボタン科ボタン属の落葉小低木。または、ボタン属の総称。
 別名は「富貴草」「富貴花」「百花王」「花王」「花神」「花中の王」「百花の王」「天香国色」 「名取草」「深見草」「二十日草(廿日草)」「忘れ草」「鎧草」「ぼうたん」「ぼうたんぐさ」など多数。

3、読めそうで読めない漢字2000  加納善光 著
第二章 これだけ読めれば立派な教養人
【問題】これも女性誌から拾った木の名です。
1)紫陽花  2)槐  3)柘植  4)沈丁花  5)金木犀  6)胡桃  7)石榴 
8)公孫樹  9)無花果  10)石楠花  11)沙羅双樹

【解答】
1)あじさい  2)えんじゅ  3)つげ  4)じんちょうげ  5)きんもくせい  6)くるみ  7)ざくろ 
8)いちょう  9)いちじく  10)しゃくなげ  11)さらそうじゅ

●娑羅双樹⇒日本において娑羅双樹(沙羅双樹)、サラノキ、シャラノキ等とされているものは、ツバキ科のナツツバキ。日本において無常の象徴とされているのがこの植物のことである。
e0272335_16273899.jpg


《今日の小さな歓び》

 ホタルカズラに出会ったこと。

                                            以上
by tinnan1515 | 2016-04-22 20:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー