坊がヅルから三俣山南峰を登る!

 崩平山の花散策か三俣山かで随分と迷ったが、夜明けと共に阿蘇山系の山容が素晴らしく、これは三俣山に登っても眺望が素晴らしいだろうとの思惑と、もう一つは三俣山南峰直登コースを登る体力が回復しているのかを確かめたかった。
e0272335_18165827.jpg
坊がヅルから仰ぎ見た三俣山南峰。今日のメインはこの直登コースを登る事だった。

                      記

【山行日】2016年4月5日  (晴れ)                                         
【山行先】三俣山南峰(1154.9m) &三俣山本峰(1744.7m)&三俣山西峰(1678m)【山行者】単独
【行動コース】長者原登山口(7:00)~雨ヶ池(8:20)~坊がヅル(9:00/9:10)~三俣山南峰(11:25/11:30)~三俣山本峰(11:48)~三俣山西峰(12:10)~すがもり小屋(12:30/12:50)~長者原登山口(14:00)                                                         
【行動時間】7時間00分(休憩時間を含む)                                        
【行動記録
 今日は自宅発午前5時と言う事で久し振りの早朝出発、かなり気合が入っていた。
e0272335_1961676.jpg
竹田からくじゅう花公園そして瀬の本高原を目指していた。途中の展望所から素晴らしい阿蘇山系の光景を見ることができた。根子岳にもう一度登りたいと思った。
e0272335_1922321.jpg
瀬の本レストハウス方面の雲海が素晴らしかった。
e0272335_1924463.jpg
牧の戸も車が少なかったが長者原登山口も平日なのか登山者の車は少なかった。準備を済ませ7時ジャスト出発。天候は上々だった。
e0272335_19294369.jpg
雨ヶ池から坊がヅルを目指す。
e0272335_19311020.jpg
このコースではマンサクが見られるのだが、目線の高さでは写真を撮ることができないので仰ぎ見るだけである。登山道にはハルトラノオやツクシショウジョウバカマを見ることができたが余りにも小さい為眺めるだけだった。
e0272335_1935146.jpg
三俣山南峰斜面にはマンサクが咲きほこっていた。
e0272335_19364539.jpg
雨ヶ池手前の展望所から涌蓋山の素晴らしい山容を見る。
e0272335_19384540.jpg
雨ヶ池に到着。ここまで無心に歩いてきた。
e0272335_19414218.jpg
坊がヅル9時着。野焼き後の風景や大船山、久住山系の山々を楽しむことができた。三俣山南峰直登コースは久し振りである。くじゅう17サミッツを視野に入れて気合が入っていた。
e0272335_19514943.jpg
馬酔木の花に水滴が付いていた。黒土の山道は難儀することだろう。想定内ではあるのだが?
e0272335_195437100.jpg
雨後の黒土は滑り力が入らない。悪戦苦闘しながら展望が開けたところに着く。中岳、白口岳、久住山の山群が素晴らしい。
e0272335_19584893.jpg
坊がヅルからこの地点まで登ってきたが山頂はまだまだ先である。今日は天候に恵まれて本当に良かった。気分が高揚しパワーをもらえそうな気がする。
e0272335_2041180.jpg
由布岳の双耳峰も確認できた。
e0272335_2081222.jpg
今日最初のピークは三俣山南峰。雨後の黒土には苦労したが登り切ることができたので少しは自信を持つことができた。しかし、くじゅう17サミッツではこの直登コースがラストになるので相当厳しい山行になるのだが。
e0272335_2013474.jpg
南峰から黙々と歩いて三俣山本峰着。本峰から西峰に向かっていたらOBSラジオから芹洋子さんの”坊がつる讃歌”の歌が流れて来て気分最高であった。こういう偶然もあるのかと思う。
e0272335_20165941.jpg
西峰は通過点。そろそろお腹が空いてきたのでスガモリ小屋で昼食をと思いつつ懸命に歩く。三俣山では登山者との出会いはなかった。
e0272335_2031536.jpg
硫黄山と星生山を眺めながらスガモリ小屋に向う。
e0272335_2032402.jpg
スガモリ小屋に着きひと安心。今日の昼食は最近ハマっている吉野鶏めしである。
e0272335_2034365.jpg
昼食のメニューは至って簡単。吉野鶏めし、みかん(はるみ)、どら焼き。
e0272335_20374084.jpg
昼食を済ませ下山開始。長者原登山口に向かう。
e0272335_20415472.jpg
三俣山の山塊を振り返る。
e0272335_20441192.jpg
”坊がつる讃歌”の碑を見て無事ゴールイン。

《一口メモ》
 最近はハードな山行ができていなく多少不安があったが、なんとか坊がヅルから三俣山南峰を歩き通すことができた。これで少しは自信が付いたと思う。

                                      以上
by tinnan1515 | 2016-04-05 20:20 | 山歩き | Comments(6)
Commented by ポンちゃん at 2016-04-05 21:06 x
こんばんは、うすきさん
随分と、気力体力が戻られたご様子ですね。
三俣山南峰への登りは500mを越えますので、結構大変ですね。
でも、振り返ると素晴らしい景色が待っていますので、登っている間とても楽しめますよね。
素晴らしい展望が羨ましい限りです。
Commented by furaibow581203 at 2016-04-06 03:58
おはようございます、うすきハッピーリタイアメントさん。
天気の良い日に登られて良かったですね。
くじゅう17サミット、いつ再チャレンジされるのでしょうか?
ダブルストックで楽勝では?と思いますが大変なのでしょうね。
吉野の鶏めし、懐かしいです。
今度大分出張の際にはお土産に買いたくなりました・・・。
Commented by tinnan1515 at 2016-04-06 05:11
ポンちゃんさん、おはようございます。
三俣山南峰に登らなくてはと思いつつやっと今日実現することができました。
気力・体力が漸く戻りつつあるようです。
天候に恵まれ素晴らしい景色を大いに楽しむことができ最高でした。。
Commented by tinnan1515 at 2016-04-06 05:24
風来坊さん、おはようございます。
くじゅう17サミッツを目標に掲げながら意欲が湧かずそのままになっておりましたが、今回は準備の一環としての体力測定でしたが、なんとか登りきることができました。
少しは自信を取り戻した感じです。
ダブルストックに期待しているのですが、もっと足腰を鍛えたいと思っているところです。
吉野の鶏めしは美味しかったです。
Commented by 3565tm.exblog.jp at 2016-04-07 13:21 x
tmです。
三俣山南峰直登お疲れ様でした。
坊がツルからの登りって聞いた事有りましたが、濡れた黒土で滑る中余計大変だった事と思います。
私も出来るかどうか自信有りませんが、機会有ったら挑戦したいです。
Commented by tinnan1515 at 2016-04-07 15:11
tmさん、こんにちは。
ありがとうございます。
三俣山南峰直登コースをなんとか歩き通すことができました。濡れた黒土は滑りやすく大変でした。
雨の翌日は避けた方が良かったのですが、天候に誘われて山歩きに出かけた次第です。
お蔭さまで眺望は抜群でした。
三俣山南峰直登コース、挑戦なさってみてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード