山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

”姫百合”を詠んだ歌

2016年3月9日      水曜日   
 
 葉室麟さんの「橘花抄」を読んでいたら姫百合を詠んだ歌を知り得た

  夏の野の繁みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものぞ    大伴坂上郎女

 ひとに知られず夏の野の繁みに咲いている姫百合のように相手に知られない、心に秘めた恋は苦しいものだという意味。恋い慕う相手が、こちらの気持ちを知らないせつなさを歌っていると書かれていた。
 
 姫百合は好きな花の一つで毎年見に行っているが、このような歌があったとは。自分は花を眺めて楽しむだけでこのような歌は一切浮かんでこない。今年は姫百合を眺めながらこの万葉集を呟いてみたいと思うが、果たして覚えられるだろうか。(笑)  
e0272335_19531889.jpg


2、読めそうで読めない漢字2000  加納善光 著
【問題】これも覚えておきたい熟字読みです。
1)雑魚  2)尻尾  3)亡骸  4)伊達  5)独楽  6)松明  7)灰汁
8)裸足  9)抽斗  10)火傷  11)案山子  12)熨斗袋  13)注連縄
14)黄泉の国

【解答】
1)ざこ  2)しっぽ  3)なきがら  4)だて  5)こま  6)たいまつ
7)あく 8)はだし  9)ひきだし  10)やけど  11)かかし
12)のしぶくろ  13)しめなわ  14)よみのくに


《今日の小さな歓び》
 映画を観た事。


                                以上
by tinnan1515 | 2016-03-09 20:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー