山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

扇ヶ鼻&久住山で花ぼうろを楽しむ!

 2月21日の峰入り古道歩き(秋月街道~八丁峠~古処山~屏山~宇土浦越~馬見山~嘉麻峠)が近づいてきているのに、風邪の為に最近本格的な山歩きから遠ざかっていた。
 体調も上向いてきたので、今日の天候を見て久住山系を歩こうと思い自宅を出たのが午前5時半。当初は長者原からの山行を予定してたのだが、くじゅう花公園辺りから急遽赤川温泉から登る事に変更した。
e0272335_19293047.jpg
今日の山行でまさか霧氷が見られるとは全く予想していなかった。今期最後の霧氷になるかも知れないのでとても嬉しかった。

              記
【山行日】2016年2月18日  (晴れ)                                         
【山行先】扇ヶ鼻(1698m)&久住山(1786.5m)                                    【山行者】単独
【行動コース】赤川温泉登山口P(7:20)~扇ヶ鼻(10:45)~久住山(12:15/13:00)~赤川温泉登山口P(14:55)                                                             
【行動時間】7時間35分(休憩時間を含む)                                        
【行動記録】
 自宅を出た時は星が輝いていたので今日の天候は期待できると思っていた。中九州自動車道の温度計はなんとマイナス6℃であった。赤川登山口に着いた時はすっかり明るくなっていた。外気温を見るとここでもマイナス6℃でとても寒かった。
e0272335_19492674.jpg
駐車場は雪景色であった。
e0272335_19563169.jpg
登山道も積雪。靴跡は昨日のものでは。
e0272335_19582826.jpg
今日は扇ヶ鼻から久住山を登る事にした。扇ヶ鼻コースはバージンロードであった。歓びは最初だけ、その後は雪との格闘になる。
e0272335_2022635.jpg
このあたりまでは楽勝であった。積雪量は数センチ程度。
e0272335_2065414.jpg
扇ヶ鼻の山頂付近は真っ白だった。
e0272335_2083479.jpg
雪景色のアセビ(馬酔木)のトンネル。
e0272335_2011918.jpg
阿蘇山&根子岳が見渡せる地点を歩く。
e0272335_20125927.jpg
花ぼうろが徐々に見え出してきた。
e0272335_2015246.jpg
阿蘇山&根子岳を背景に。
e0272335_20164431.jpg
今日の空は青空で最高だった。
e0272335_20183625.jpg
今日は花が期待できないのでせめてアセビの花芽を楽しむことにしょう。
e0272335_20204950.jpg
花ぼうろのトンネルを歩くが積雪量も段々と多くなってきた。
e0272335_1928452.jpg
どこまでも続く花ぼうろ。
e0272335_20241128.jpg
阿蘇山&根子岳が段々と小さくなってきた。扇ヶ鼻の山頂が見えるのだがなかなか着かない。それもそのはず。足が進まないのである。
e0272335_20271269.jpg
山頂付近の吹きだまりには膝下の雪。ラッセルに疲れてしまった。
e0272335_20291079.jpg
扇ヶ鼻に着くもなんと3時間を越える山行時間だった。
e0272335_8182349.jpg
扇ヶ鼻から久住山に向かう。素晴らしい銀世界を満喫する。
e0272335_8201365.jpg
登山者の方々が多いのにはビックリ。牧の戸の駐車場はほぼ満車とお聞きした。次のピークは久住山。
e0272335_82304.jpg
この花ぼうろは迫力満点だ!
e0272335_8242379.jpg
星生山に向かう意欲はゼロだった。
e0272335_825462.jpg
真っ青な青空が最高だった。
e0272335_826433.jpg
今日の久住山系は素晴らしい。今日登れたことに感謝!
e0272335_8294081.jpg
久住山に着いた時は息を切らしていたが山頂からの光景に救われた。山頂直下の風のあたらない場所にてしばし休憩。疲れているのか食欲がなかったが、無理してお腹に詰め込んだと云った感じであった。下山コースは赤川登山道。
e0272335_10594944.jpg
下山中に登りの登山者と出会った。雪は心配する程でもないとのことであった。急坂が続くので滑らないように慎重に歩く。
e0272335_112353.jpg
ここの木道階段を降りきると黒土の滑りやすい山道があるのだが、案の定スッテンコロリンであった。
e0272335_1153759.jpg
久住山山麓を仰ぎ見ると素晴らしい青空であった。
e0272335_1165866.jpg
赤川登山口に向かって只管歩くだけ。雪が溶けて歩きづらかった。
e0272335_1183690.jpg
この地点の木橋を渡りホッと一息。駐車場まであとひと踏ん張り。
e0272335_11103681.jpg
無事ゴールイン。それにしても今日はハードだった。

《一口メモ》
 雪道歩きや霧氷を満喫することができたが、それ以上に体力の無さを痛感させられた一日であった。

                                以上
by tinnan1515 | 2016-02-18 20:30 | 山歩き | Comments(8)
Commented by 悟空さん at 2016-02-18 21:13 x
こんばんは^^
気になってた九重やはり雪が多かったようですね^^
素晴らしい雪景色ありがとうございます^^
お天気も良かったですからね^^いいですね~
Commented by ポンちゃん at 2016-02-18 22:23 x
こんばんは
南面ルートは、振り返ると根子岳が見え好きなコースです。(^o^)
このルート、冬は登山者が少ないのではないですか?
雪が深く大変だったでしょう。お疲れ様でした。が
ラッセルの苦労以上の絶景を堪能されたご様子。羨ましいです。
Commented by tinnan1515 at 2016-02-19 08:08
悟空さん、おはようございます。
私も予想外の雪にビックリでした。
何よりも青空が一番ですね。
お蔭さまで素晴らしい雪景色を堪能することができました。
くじゅうは多くの登山者で賑わっておりましたよ。
Commented by tinnan1515 at 2016-02-19 08:14
ポンちゃんさん、おはようございます。
マイナーなコースは流石に登山者は少ないようです。
それにしても牧の戸からの登山者の多さにはビックリでした。
久し振りに赤川から歩きましたが、雪景色の素晴らしさに感動致しました。
下山したときはバテバテでした。(笑)
Commented by furaibow581203 at 2016-02-19 15:58
こんにちは、うすきハッピーリタイアメントさん。
昨日は天気が良かったので、仕事をしているのが嫌でした(笑)
羨ましい~。
背振の山も白くなっていたので、休もうかと思ったほどでした。
平日にも関わらず、牧ノ戸からが多かったとありましたので
休んで行った人もいたのでしょうね、羨ましい~。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2016-02-19 16:34 x
うすきさん、こんにちは。
ハイ、登山者の多い牧ノ戸からでした~~
まさかうすきさんが九重に来ているとは~~(^^♪
行動時間もほぼ一緒でした。牧ノ戸~久住山~天狗ヶ城~中岳~御池でした。
今日はあまりに車が汚れていましたので朝は洗車、買い物。午後から野暮用でお出かけ。
まだ写真はカメラの中に入っています。
お天気が良くて最高でしたね!! 霧氷もきれいでした!!
Commented by tinnan1515 at 2016-02-19 18:13
風来坊さん、こんにちは。
昨日は絶好な山日和でした。
お気持ちお察し致します。
お蔭さまで素晴らしい白銀の世界を満喫することができました。
くじゅうの山はビッックリするほど大賑わいでしたよ。
Commented by tinnan1515 at 2016-02-19 18:18
信ちゃん&俊ちゃんさん、こんにちは。
木曜日はくじゅうの山との情報でしたので、もしかしたら会えるのではないかと密かに期待致しておりましたが、私が登山口を変更致しましたので残念賞でした。
天狗ヶ城~中岳~御池のコースを歩く力がありませんでした。
久し振りの青空に大満足でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー