山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

傾山山行!

 昨年の8月以来の傾山。登り初め登山にと思っていたが今日が山行日となった。天気予報を見てみると今日がベストの様だった。

 傾山に登るときは長丁場になるので、自分にとっては気力・体力の充実が求められるのだが、今日の自分は気力・体力共やゃ低下していた。
e0272335_20413676.jpg
傾山の霧氷1。
e0272335_20533888.jpg
傾山の霧氷2。


                              記

【山行日】2016年1月9日  (晴れ)                                         
【山行先】傾山(1602m)                                                     
【山行者】単独
【行動コース】九折登山口P(6:15)~600m地点(7:20)~カンカケ谷(7:45/7:50)~林道出合(8:45/8:55)~九折越(10:00/10:10)~傾山(11:50/12:50)~九折越(14:15)~林道出合(14:45/14:55)~カンカケ谷(15:25)~九折登山口P(16:15)
【行動時間】10時間00分(休憩時間含む)                                         
【行動記録】
 自宅出発時間は午前3時半過ぎ。空を見上げると燦々と星が輝いていた。今日の天気は期待できそうだと思いながら九折登山口に車を走らせる。駐車場に一番乗りであった。駐車場の外気温は2℃、スタート時間は6時15分。
e0272335_20562476.jpg
今日の傾山登頂は九折越コースである。この時点ではヘッドランプ着用なので下山後撮った写真である。
e0272335_21111320.jpg
標高600m通過時点はすっかり明るくなっていた。
e0272335_21124065.jpg
カンカケ谷。キリッと引き締まった森の空気を肌で感じながら一歩、一歩歩く。谷川のせせらぎも絶え間なく聞こえてくる。日常生活では味わえないものが森の中には色々有り楽しい。この時点ではまだ余裕がある証拠。
e0272335_21203394.jpg
標高800m地点。
e0272335_21215463.jpg
林道出合まで2時間半。ここから九折越までが厳しい登りに。
e0272335_814654.jpg
1000m地点到着。足取りが重たくまだこの地点かなと思いつつ目指すは九折越。自然林を楽しむ余裕はなく山中を只管歩くだけ。
e0272335_872035.jpg
小さな祠に出合休憩タイム。
e0272335_8101248.jpg
霜柱を踏みながらやっと着くことができた九折越、ここに着けば一安心。人影はなく鹿の姿を確認したのみ。予想以上の好天気、なんといっても風がないのが最高だった。
e0272335_8151781.jpg
九折越から傾山を眺めると山頂付近は白く輝いていた。
e0272335_8175980.jpg
縦走路歩きは多少のアップダウンはあるもののやはり心地良い歩きである。1300m地点を過ぎた頃に前方から男性登山者が下山されてきた。ザックを見ると縦走ではないと判断できた。では登山口はと思いつつお話をしていると見立(黒仁田)コースからとの事であった。なんとなんと埼玉県のお方で日本2百名山と3百名山を歩いているとの事。このあと大崩山に登ると仰っていた。只々感心するばかりであった。
e0272335_8283757.jpg
千里の道も一歩から。一歩一歩の積み重ねが1400mの地点まで進んできた。ブナ林も素晴らしいが最後の登りで悪戦苦闘が待っている。
e0272335_8325273.jpg
山頂の霧氷がはっきり分かり始めてきた。早くたどり着きたいと逸る気持ちがあるものの、体は正直ものでのろのろ歩きであった。
e0272335_8511637.jpg
1500m地点を過ぎたあたりから霧氷の光景を目の当たりにすることができた。この時期は霧氷に出会うことが一番喜びを感じる様だ。
e0272335_8523469.jpg
霧氷の光景が徐々に見え始めてきた。何よりも背景が青空なので嬉しい。
e0272335_85491.jpg
高度を増すごとに霧氷の華々しさが伝わってきた。
e0272335_855598.jpg
後傾を背景にした霧氷は素晴らしい。岩峰の木々もしっかりと霧氷に被われていた。
e0272335_1217566.jpg
霧氷の付着状態をアップで見ると風が吹き荒れた方向が分かりますね。
e0272335_1219082.jpg
祖母山へ続く縦走路は霧氷は見られなかったが古祖母山や祖母山は霧氷に被われていた。
e0272335_1223344.jpg
逞しいヒメコマツも今日はすっかりお色直し中であった。
e0272335_12243461.jpg
強風を受けているのかヒメコマツの歴史を伺い知ることができる。
e0272335_12281950.jpg
余りにも素晴らしい光景に山頂に辿り着くことができない。
e0272335_12294048.jpg
ようやく大白谷コースの分岐点に到着。山頂までもう一息なのだが。
e0272335_12313989.jpg
すべての樹木は霧氷に被われていた。
e0272335_1233747.jpg
三ツ坊主・三ツ尾コースの分岐点。やっと目前に辿り着くことができた。
e0272335_12351423.jpg
傾山のシンボルとも言える屹立した岩の間から霧氷を見ることができた。
e0272335_12381865.jpg
日本三百名山の傾山に到着。昼食をしながら霧氷の光景をゆっくりと楽しむ。山頂直下でも下山中の男性と遭遇したが、なんと山頂では若い男女3名が登頂、その後男性二人が相次いで登ってこられた。なんと今日の山頂は珍しい一コマであった。
e0272335_12374047.jpg
昼食後、もう少し霧氷を楽しむ。
e0272335_12465189.jpg
そろそろ下山開始と思ってもついついカメラを取り出す始末。
e0272335_12493773.jpg
青空と霧氷の光景の中に鮮やかな色が現れた。若い女性の方たちであるが、実は男性の方は大崩山で出会っていた方であった。駐車場で再会しそのことが判明した。

 下山は周回コースで下山するのか少し迷ったが、登って来た九折越コースで下山する事にした。やはり、気力・体力がやゃ欠けていたようだ。下山は黙々と歩くだけであったが妙に充実感があった、やはり山頂の霧氷のお蔭だろう。
e0272335_136963.jpg
九折登山口から傾山に登つた時、下山時でこの青い橋を歩くとホッとする。
e0272335_138363.jpg
無事ゴールイン。今日は天候に恵まれて本当に良かった。休憩所で帰宅準備している時に若い人達が下山。男性の方から大崩山でお会いしましたねと言われてそうだったと思い出す。実は山頂で拝見したとき一度あった人だなと思っていたのだが、自信がなく挨拶だけで終わっていた。嬉しい再会であった。

《一口メモ》
 今年最初の霧氷に望外の喜びを味わうことができて大いに満足。しかしながら、傾山は厳しかった。


                                                以上
by tinnan1515 | 2016-01-09 21:30 | 山歩き | Comments(12)
Commented by muginokaih at 2016-01-09 21:43
こんばんは~☆
 素敵な霧氷を、ありがとう御座います!
 今日は関西の山を、目で登って来ました・・・?(笑)
 傾山は、祖母山よりきついと思い込んでいます。
 祖母山は二ケタの登山数ですが、傾山は未だ5,6回?
   
Commented by tinnan1515 at 2016-01-10 07:59
muginokaihさん、おはようございます。
関西にお出掛けでしたか。
今日は歩きながらどちらの山に登っておられるのかなと思っておりましたが、目視登山とは流石に思いがいたりませんでした。(笑)
霧氷は登りながら山頂の様子が確認できましたのでとても楽しみでした。山頂間近の霧氷に見とれてなかなか山頂にたどり着くことができませんでした。
私も傾山の方がハードだと思っています。
因みに傾山の山行回数は累計で16回、祖母山の方が回数が多く34回登っておりました。
Commented by 悟空さん at 2016-01-10 08:33 x
おはようございます^^
素晴らしい霧氷ありがとうございます^^
今年は祖母より傾山の方が多く登られそうですね^^
Commented by tinnan1515 at 2016-01-10 09:01
悟空さん、おはようございます。
傾山に登って良かったと思っているところです。
霧氷を見ることができとても癒されました。
それにしても傾山は遠かったです。
年々、傾山から遠ざかるのではないかと思っているところです。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2016-01-10 16:34 x
うすきさん、こんにちは。
素晴らしい傾山の霧氷ですね!!
それを歩かれる うすきさんはまた素晴らしい!!
傾山も久しく登ってませんね。アケボノツツジの頃、行ってみたい衝動に駆られました。
祖母・傾も前夜泊で移動しないと我が家からは遠いですね。
Commented by tinnan1515 at 2016-01-10 18:12
信ちゃん&俊ちゃんさん、こんばんは。
思わぬ傾山の霧氷に感激・感動です。
苦労して登った甲斐がありました。
仰有る通り祖母・傾は前夜泊が必要だと思います。
私も日帰りがやっとです。
Commented by ポンちゃん at 2016-01-11 20:25 x
こんばんは、うすきさん
青空に霧氷の花が咲いて、見事ですね~
疲れも吹き飛ぶ絶景!誠に羨ましいですが、傾山への登山は厳しいものと体が覚えておりますので、なおさら感動いたします。
Commented by tinnan1515 at 2016-01-12 05:48
ポンちゃんさん、おはようございます。
登る途中で霧氷が確認できましたので、逸る気持ちは有りましたが山頂は遠かったです。
でも、疲れた躰は素晴らしい霧氷で癒されました。
さらには好天気に恵まれラッキーでした。
体調も漸く回復の兆し、次の山行先はと思っているところです。(笑)
Commented by furaibow581203 at 2016-01-12 05:52
うすきハッピーリタイアメントさん、おはようございます。
この日は南国鹿児島でも霧氷が見れました。
でも、曇りでしたので青空が見れたのが羨ましいです・・・。
相変わらずハードな山歩きに脱帽です。
お疲れ様でした。
Commented by tinnan1515 at 2016-01-12 08:27
風来坊さん、おはようございます。
鹿児島で霧氷、しかも今年お初とは欣幸の至りだったことでしょう。
私も今季お初の霧氷を見ることができとても嬉しかったです。
傾山は体力が要りますね。いつまで登れるのかわかりませんがしばらく挑戦を続けたい山の一つです。
Commented by higetias at 2016-01-13 23:19 x
うすきさん、こんばんは。
9日は傾山にお出掛けだったんですね~。
くじゅうより更に雪は少なかったようですが、くじゅうとはまた違った素晴らしい霧氷ですね。
ついついカメラを取り出す気持ちがよく分かります^^
それにしても、私にとってやはりハードな傾に気力、体力低調でも行かれるうすきさんはすごいの一言です。
Commented by tinnan1515 at 2016-01-14 04:30
higetiasさん、おはようございます。
くじゅう連山の霧氷は迫力がありましたね。
それに比べると傾山は山頂付近のみでしたが、それなりに素晴らしい光景を堪能することができました。
今回は周回コースを歩く気力・体力もありませんでしたが、いつの日か挑戦したいと思います。


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー