山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
風来坊さん、こんにちは。..
by tinnan1515 at 14:33
うすきハッピーリタイアメ..
by furaibow581203 at 11:29
ポンちゃんさん、こんにち..
by tinnan1515 at 15:35
おはようございます、うす..
by ポンちゃん at 08:28
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:08
おはようございます、うす..
by 風来坊 at 07:04
周平さん、おはようござい..
by tinnan1515 at 05:55
giroroさん、こんに..
by tinnan1515 at 16:41
うすきさん、おはようござ..
by 山沢周平 at 09:19
うすきさん、おはようござ..
by giroro at 07:22
メモ帳

大崩山で再び田中陽希さんを見ることができた!

 由布岳で田中陽希さんをひと目見て、もう一度見たいという思いが急に膨らみ、17日の大崩山だったら可能性が高いという事で大崩山に登る事にした。幸いな事に宮崎県の天候は晴れマークだった。

 今回は万全を期して16日、祝子川温泉駐車場で車中泊であった。午後8時頃の夜空は満天の星であったが夜中に雨が落ちてる音を聞いた。熟睡はできなかったが午前3時起床。準備を終えて大崩山登山口向かった。

e0272335_20244861.jpg
今回は山頂で見ることができて超嬉しい。後ろ向きのポーズはカメラマンさんの要請の様だった。
e0272335_20243138.jpg
頭に吸着盤付いているのが分かりますか?

                            記

【山行日】2015年12月17日  (曇り雪)                                         
【山行先】大崩山(1644m)                                                  【山行者】単独
【行動コース】大崩山登山口P(4:55)~大崩山荘(5:25)~湧塚尾根分岐点(5:55/6:10)~袖ダキ(8:05/8:15)~下和久塚分岐点(8:45)~下和久塚分岐点(9:10)~坊主尾根分岐点(9:45) ~田中陽気さんから追い越された時間(10:15)~上鹿川登山口分岐点(10:25)~大崩山(10:35/10:45)~小積尾根コース分岐点~小積ダキ(11:45/12:15)~林道分岐点(13:40)~徒渉地点(14:25)~大崩山登山口P14:45)
【行動時間】9時間50分(休憩時間含む)                                          【行動記録】
 登山口近くの路肩には数台の車であった。時間が早いが今日の観衆は少ないとみた。祝子川温泉駐車場も自分の車1台であった。、
e0272335_20571955.jpg
スタート時間が5時前ではヘッドランプが必要。今日はワク塚尾根から大崩山を目指す。このコース難関は徒渉地点、うろうろするがなかなか決断がつかなくて一苦労であった。
e0272335_2174735.jpg
午前7時過ぎご来光を見ることができた。                           
e0272335_2195916.jpg
登山道も朝焼け。
e0272335_2114111.jpg
突っ張り棒が大活躍。
e0272335_21165635.jpg
田中陽希さんの登山コースが気になるが先ずは袖ダキを目指した。
e0272335_21203397.jpg
袖ダキに8時5分着。下山後、分かつたことだが陽希さんはこの時間帯に登山口を出発されていた。乳房岩?
e0272335_2121872.jpg
岩峰をそこそこに楽しむ。気になるのは陽希さんの山行コース。もし坊主尾根コースだったら会えないかも知れないとの焦りもあり山頂を目指した。
e0272335_4534487.jpg
冬山は淡々と歩くだけなのでこのような霜柱に会えるとつい嬉しくなる。それにしても今日は冷え込んでいた。
e0272335_4572474.jpg
下和久塚はスルーして山頂に向かってひたすらに歩くが思うように足が進まない。
e0272335_54476.jpg
粉雪が降っていた。氷柱があるということは岩場には要注意。
e0272335_573981.jpg
中和久塚もパス。
e0272335_5103794.jpg
りんどうの丘経由坊主尾根コース。山頂に少しでも早く着きたいと思うのだが足が進まない。
e0272335_5143741.jpg
落葉した樹林が素晴らしい。ここの風景はお気に入りである。
e0272335_518962.jpg
登山道の足跡を確認するが先行者がいるようだった。
e0272335_520447.jpg
坊主尾根コース分岐点に到着。この時点で陽希さんは坊主尾根コースから登られすでに山頂に到着?。そんなことを思いながら歩いていた。
e0272335_5234865.jpg
山頂近くに霧氷が付いている事に気を取られながら歩いていた。ふと、後ろを振り向きとなんとなんと陽希さんではありませんか。慌ててカメラを取り出し撮すも後ろ姿。歩くのが早くあっという間の出来事であった。
e0272335_5285686.jpg
陽希さんにも会えて気分高揚、さらには霧氷も見ることができ嬉しかった。
e0272335_5304583.jpg
上鹿川登山口に下山されていなければこの先もう一度会えるとの期待感を膨らませ山頂をめざした。
e0272335_5335099.jpg
ビッシリ付いていた霧氷。青空が欲しかった。
e0272335_5355181.jpg
石塚に到着。下山されていないことはまだ山頂かも知れない。期待が高まってきた。
e0272335_535832.jpg
その前に霧氷撮影。
e0272335_5411690.jpg
う~ん、素晴らしい。
e0272335_5424696.jpg
空の様相の変化が激しい事。
e0272335_5435759.jpg
山頂で陽希さん御一行を目にしたときは、心の中では雄叫びだった。撮影中の一コマを撮ることができた。山頂で撮った最初の1枚。
e0272335_5494082.jpg
自分のカメラで自分を撮っている様子。
e0272335_5513085.jpg
カメラに向かってのポーズ。
e0272335_5541799.jpg
頭には小さな三角の旗。
 あと残り5座で日本二百名山達成までカウントダウンとなった。大崩山の次は島原の雲仙普賢岳だが雲仙までの行程はカヤックを使われるお話をしておられた。

 下山時に陽希さんから下りは気お付けてくださいとのお言葉を掛けて頂く。もう一つは坊主尾根のトラバース地点は凍つていないとの貴重な情報も。どうもありがとうございました。

 この後自分も即下山開始。その後、一人の男性の方と遭遇する。なんとなんと、合野越から西登山口に向かって降りたところに分岐点があるのだが、そこでお会いしたお方であった。自分のヘルメットに見覚えがあり声を掛けて頂いた様だ。陽希さんとツーショット写真を撮られたとの事。上鹿川登山口分岐点前で良かったですね。佐賀県在住のお方であった。

e0272335_8115372.jpg
陽希さん御一行様は上鹿川登山口に下山された様子。登山道に踏み跡が付いていた。
e0272335_8234474.jpg
下山はここの地点から。
e0272335_8251943.jpg
岩峰を眺めながら慎重に歩く。まるで亀が歩くようだった。
e0272335_8263549.jpg
坊主尾根に降る前に小積ダキに。
e0272335_8291191.jpg
小積ダキに着いてひと休みしていると一人の男性の方が見えられた。山頂からの下山時に会話をしていたので覚えていたのだが途中で道を間違えられたとの事。自分もこの地点で坊主尾根に降る標識を見落としてウロウロした経験があるので納得。その後、小積ダキで昼食タイム。トラバース地点を眺めていたらこの男性の方が坊主尾根コースに向かわれた事を確認した。そうそう、このお方は静岡県の人で九州の山歩きをなされていた。
e0272335_840968.jpg
小積ダキから岩峰を楽しむ。
e0272335_8424163.jpg
陽希さんが仰っていたトラバース地点はここだと思うのだが。緊張する地点である。凍っていなくて本当に良かった。
e0272335_1113433.jpg
坊主尾根コースはハシゴ場が多く緊張する箇所が何箇所もあるのが。未だに登りに使ったことはない。
e0272335_1115431.jpg
坊主岩コースのシンボルである坊主岩。なんとこのような岩が誕生したものか。
e0272335_1117365.jpg
粉雪がチラついていたがいつの間にか青空が見え始めていた。
e0272335_11184729.jpg
徒渉地点が増水で渡られないときは林道歩きとなるのだが、未だにその機会には遭遇したことがない。
e0272335_1121318.jpg
大崩山に登るたびに吊り橋があればと思うのだが。
e0272335_11251569.jpg
無事ゴールイン。このあと
祝子川温泉に向かうが木曜日は定休日だった。ここの駐車場で再度、静岡と佐賀のお方にお会いする。山の縁は妙に面白い。

『余談』
 今日の山中でアクエリアスがシャベット状になっていた。寒いので汗をかかずに済んだものの自然現象は必ず訪れる。辛抱していたが我慢の限界、チンポコを取り出そうとすると余りにも小さく縮まっており、掴んで取り出す始末。さらにはポンポンと叩かなければ手に持てない有様。眼前には聳え立つ岩峰なのに我チンポコはお粗末であった。(笑) が放尿するとスッキリ。人間の身体が耐寒予防の適応機能を備えている事を学んだ貴重な出来事であった。

《一口メモ》

 田中陽希さん見たさに大崩山に登頂。目的を達成することができて満足の一言。今日の大崩山山行は一生の思い出となりそうだ。

                                              以上
by tinnan1515 | 2015-12-17 21:30 | 山歩き | Comments(8)
Commented by ポンちゃん at 2015-12-17 21:37 x
うすきさん、こんばんは
流石に今の時期、大崩は人が少ないようですね。
九州ではナンバーワンの山だと思っておりますので、陽希さんの感想が気になりますね。
Commented by tinnan1515 at 2015-12-18 04:50
ポンちゃんさん、おはようございます。
登山者の方がもっと多いのかなぁと予想しておりましたが、静かな大崩山でした。
陽気さんは坊主尾根コースから山頂を目指され、宇土内谷登山口に下山されたようです。
山頂まで2時間ちょっとのコースタイム、物凄い速さに驚きでした。
放送が楽しみです。
Commented by furaibow581203 at 2015-12-18 11:15
こんにちは、うすきハッピーリタイアメントさん。
やっぱり行かれたのですね。
今回は人も少なくてゆっくりと田中陽希さんを見れたようで良かったですね。
お蔭様で写真も見させていただきありがとうございます。
グレートトラバースの放映が楽しみです。
映っていると良いですね。
Commented by tinnan1515 at 2015-12-18 12:39
風来坊さん、こんにちは。
大崩山まで足を伸ばしてきました。
今回は山頂で陽気さんをじっくり見ることができ、身近に感じたひと時でした。
今にして思えばツーショット写真をお願いすれば良かったと。でもその場では勇気がなくじっと眺めているだけでした。
カメラを向けられていませんので可能性ゼロですね。
Commented by 悟空さん at 2015-12-18 13:53 x
こんにちは^^
さすがに大崩山は追いかけがいませんでしたね。
うすきさんは凄いです。
陽希さんとの写真撮ってもらえば良かったのにぃ~~~
私は次回お会いしたらお願いしようと思っていますよ^^
でもどこから登るか?教えてもらいないので
前日の宿泊先をちゃんと確認しないといけませんね^^;

お疲れ様でした^^/
Commented by tinnan1515 at 2015-12-18 15:50
悟空さん、こんにちは。
今回は陽気さんをばっちり見ることができましたよ。
大崩山まで登った甲斐がありました。
どのコースから登るのか分かりませんので、早く山頂を目指せばと思っていましたが、途中で追い抜かれてしまいました。
でも、山頂が近くでしたのでとてもラッキーでした。
高千穂峰が楽しみですね。
Commented by まっちゃん at 2015-12-18 23:28 x
うすきさんすごいじゃないですか^^。
私も大崩山なら間違いなくお会いして一言お話や写真も撮れるのではと思っていたのですが都合がつきませんでした。ホームグランド高千穂峰もありますが当日はくじゅう法華院温泉山荘泊でこれまた無理のようです。今度お会いできましたらお話してくださいね。
Commented by tinnan1515 at 2015-12-19 05:19
まっちゃんさん、おはようございます。
由布岳に続き大崩山への追っかけでした。(笑)
今回は山頂で写真が撮れて嬉しかったです。
大崩山山行は都合がつかず残念でしたね。
年末は法華院温泉のようで、初日の出は大船山でしょうか?
今度お会いする日が楽しみです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< コーヒー豆を挽いて! やはり気になるのは大崩山! >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
1日に一つの目標!
at 2017-10-17 19:10
冬支度!
at 2017-10-16 20:00
すすき梅雨!
at 2017-10-15 19:20
レイジンソウとムラサキセンブ..
at 2017-10-14 18:10
園芸&里山歩き!
at 2017-10-13 19:00
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧