大船山・鉢窪コースから登る!

 くじゅう連山6座巡りした時、鉾立峠から立中山を経て鉢窪コースから大船山に登ることを実行しようと思っていた。大船山から鉢窪コースを経て立中山・鉾立峠の下りはくじゅう17サミッツの時に歩いていたのだが、登りのコースの確認と所要時間等を把握するため今日の運びとなった。
e0272335_20302969.jpg
大船山御池の光景。
e0272335_2030566.jpg
御池は氷が張っていた。


                      記

【山行日】2015年12月8日  (晴れのち曇り)   登山口気温 1℃                        
【山行先】立中山(1464.4m)&大船山(1786.2m)&北大船山(1706m)        
【山行者】単独
【行動コース】大曲登山口P(6:55)~スガモリ越(8:00)~法華院温泉(8:40/8:55)~鉾立峠(9:25)~立中山(9:40)~佐渡窪分岐点(10:15)~大船山(11:45/12:50)~段原(13:10)~北大船山(13:15)~坊がヅル(14:30)~法華院温泉(14:40/14:55)~スガモリ越(15:45)~大曲登山口P(16:25)  
【行動時間】9時間30分(休憩時間含む)                                         
【行動記録】
 竹田道の駅での外気温は2℃でかなり冷え込んでいた。もしかした霧氷が見られるかもと期待しながら大曲登山口向かった。大曲登山口の気温は1℃、準備中はやはり厳しい寒さであった。スガモリ越え付近での風対策を整え午前7時前に出発した。
e0272335_21283650.jpg
霜柱を踏みながら歩く。20分も経過すると躰が火照ってきた。汗をかかないように衣服調整。スガモリ越えに向かうが風もなく順調にスガモリ越えに到着。素晴らしい青空であった。、
e0272335_21351037.jpg
今日のコースは北千里から法華院温泉を目指し鉾立峠へ。
e0272335_2137471.jpg
北千里から星生山を眺める。硫黄山からは勢いよく噴煙が上がっていた。
e0272335_2139481.jpg
法華院温泉で小休止。登山者は見当たらなかった。
e0272335_21413222.jpg
三俣山には期待していた霧氷は付着していなかった。
e0272335_21433411.jpg
坊がヅルではテントは見られなく静かな佇まいであった。
e0272335_21451274.jpg
法華院温泉から鉾立峠に向かう。あと400mだ。
e0272335_21463221.jpg
鉾立峠から白口岳を仰ぎ見る。今日はここからのコースをしっかりと覚えなくては。
e0272335_21495224.jpg
立中山に向かう。それにしても素晴らしい青空であった。
e0272335_21514373.jpg
立中山からの鉢窪ルートは藪こぎ状の登山道なのでテープを見逃さず慎重に歩く事にした。
e0272335_21543282.jpg
このような登山道である。
e0272335_21552321.jpg
ここの標識まで来ればもう大丈夫。途中で左に進めば確実にこの地点に着く。今回の歩きで確実にコースを覚えることができた。
e0272335_21582047.jpg
途中の展望所から大船山を眺める。
e0272335_21593898.jpg
残雪が所どころに。
e0272335_2203576.jpg
心地良い山中であった。
e0272335_2214894.jpg
佐渡窪分岐点から急登が続き息を弾ませながら歩く。キツさに立ち止まるとツルリンドウが咲いていた。この時期に見られるとはビックリ。
e0272335_2242110.jpg
寒さに耐えながら開花していた。
e0272335_2252351.jpg
山頂に近づくと残雪がかなりみられた。岩場なので滑らないように慎重に歩く。アイゼンは不要だった。
e0272335_2273123.jpg
くたみ分かれと鉢窪ルートの分岐点。ここまで来れば山頂までひと頑張りだ。
e0272335_2210277.jpg
大船山に着くとガスが次から次へと流れていた。
e0272335_22121558.jpg
山頂から御池を眺めると湖面は凍っていた。霧氷は残念ながら願い叶わずだった。
e0272335_5224087.jpg
御池にて昼食をしながら青空を待つがガスの流れが凄くほんの一瞬の青空だった。そうこうする内にガスが御池に流れ込み寒くなったので下山する事にした。
e0272335_5271879.jpg
山頂直下登山道には残雪が。凍っていなかったので助かった。
e0272335_530710.jpg
段原に着くと空はガスで心も沈む様な。さて、ここで北大船山に向かうか、下山すべきか。
e0272335_5322819.jpg
結果は今日3っ目のピークを踏む。小さな積み重ねが自信につながるつと信じて。
e0272335_5344757.jpg
何となく盛り上がらない気分であるが黙々と歩きやっと坊がヅルに辿り着く。これからまだ北千里までの登りがあると思うと気が滅入りそうだった。法華院温泉で一休み。気合を入れて自分の足で進むしかないのだ。
e0272335_5414769.jpg
法華院温泉からの登りはきつかったが漸く北千里に辿り着き一安心。しかし今季初めての寒風には肌身に応えた。スガモリ越えを下る時も物凄い寒風であった。
e0272335_5465472.jpg
でもここまで来ればもう大丈夫なのだが時間がかなり下がっていた。
e0272335_5485132.jpg
ここの梯子を登ればゴール間近。それにしても今日はよく歩いた。


《一口メモ》
 懸案事項だった鉾立峠から立中山を経て鉢窪から大船山に登るコースを歩き終えることができた。これで前回と逆回りのくじゅう17サミッツのコースを分割で歩き終えた。三俣山の坊がヅルからの直登コースは経験済みなので良しとしょう。
 さて、2回目のくじゅう17サミッツ挑戦は日が長くなる来年の課題として、今から体力をつけていかないと今の調子ではくじゅう17サミッツターになれそうにない。

 それから、初めて着用したTEKUNDER(テックアンダー)は、汗を吸い上げ、ドライに保つとのことであったがほぼその通りだった。それに肌触りがよく着ごごちが良かった。もう1枚欲しいと思った。


                                           以上
by tinnan1515 | 2015-12-08 21:30 | 山歩き | Comments(6)
Commented by higetias at 2015-12-09 13:07 x
うすきさん、こんにちは。
くじゅうもすっかり冬景色ですね。
来春の山行に向けて着々と準備中ですか~。
大船山マイナールートからの大周回ロングコースの単独行、
うすきさんのバイタリティーには脱帽です!
Commented by tinnan1515 at 2015-12-09 16:27
higetiasさん&mamatiasさん、こんにちは。
くじゅうの山々はすっかり様変わり致しておりました。
くじゅう17サミッツに挑戦しようかなあと思いつつ、大船山マイナールートを歩いてきましたが、さすがにこのルートは厳しかったです。
もっと基礎体力をつけたいと思います。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2015-12-09 19:57 x
うすきさん、こんばんは。
何処にその体力があるのかと感服しております。
立中山から大船山のルートは藪漕ぎが強いられますね。
お疲れ様でした。来春の山行レポを楽しみにしております。
Commented by tinnan1515 at 2015-12-10 05:31
信ちゃん&俊ちゃんさん、おはようございます。
立中山から鉢窪に向かう時の藪漕ぎは難儀致しました。
また鉢窪から大船山の登りは息を切らしながら登りました。
ここのルートとラストの三俣山直登がありますので気弱になっているところです。
もっと体力・気力を培わなければいけないなと思いました。

Commented by furaibow581203 at 2015-12-11 17:07
うすきハッピーリタイアメントさん、こんにちは。
相変わらずロングなコースを歩かれていますね。
皆さんのコメントの通り、脱帽です。
でも、ツルリンドウや御池の氷など見れて良かったですね。
また、テックアンダー、知りませんでしたので貴重な情報に感謝します。
風来坊も汗っかきですので必需品になるかも。
日曜日は由布岳ですか?
Commented by tinnan1515 at 2015-12-11 17:59
風来坊さん、こんばんは。
来春のくじゅう17サミッツに向けての下歩きでした。
立中山から鉢窪・大船山ルートは手強いですね。
ちょっとビビっております。
今回は予期せぬツルリンドウに会えて嬉しかったです。
御池の氷はもしかすると見られるのではないかと思っていましたのでラッキーでした。
テックアンダーはなかなか優れものではないかと思っているところです。
田中陽気さん、12日が13日に変更になっていましたね。
日曜日は由布岳に登ろうと思っているところです。
出会いがあれば嬉しいのですが。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード