山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

国東トレッキング(大不動岩屋~五辻不動尊~千燈岳)!

 昨日は「トンテンカンの家」に宿泊させて頂き、交流会で大いに盛り上がる。そして、今日は国東トレッキング&ウォーキングだったがなんとなんとロングコースだった。
 
e0272335_14313621.jpg
イギリスの彫刻家、アントニー・ゴームリーさんの作品。

                              記

【山行日】2015年11月29日  (曇り)                                        
【山行先】大不動岩屋~五辻不動尊~千燈岳(605.8m) 大分県国東市国見町                 
【山行者】17名+2名
【行動コース】千燈岳P(8:10)~大不動岩屋~旧千燈寺跡~五辻不動尊~千燈岳(14:10)~千燈岳P(15:15)
【行動時間】7時間05分(休憩時間含む)                                         
【行動記録】
 くにみの田舎暮らしの情報はうすうす知ってはいたが、まさか自分が「トンテンカンの家」で宿泊するとは夢にも思わなかった。
e0272335_14354064.jpg
築60年の旧家で落ち着いた生活ぶりを伺い知ることができた。1泊あたりのハウス料金は3.000円。
さて、前置きは長くなったが本日のスタート場所は溜池がある千燈岳登山口からであった。
e0272335_1552514.jpg
先ずは主催者の代表挨拶から。
e0272335_1572110.jpg
大不動岩屋を目指し南に向かって、県道31号線を歩く。
e0272335_1584625.jpg
この岩が人形に見えるから人形岩と命名されているそうだ。
e0272335_15111227.jpg
大不動岩屋まで900m。
e0272335_15125569.jpg
尻付岩屋堂。本日のガイドをして下さる地元のじなしさんです。よろしくお願い致します。
e0272335_15171896.jpg
尻付岩屋についての説明。
e0272335_1519535.jpg
大不動窟まで200m地点。木段を歩き詰めると大不動岩屋分岐に到達。
e0272335_15222974.jpg
宝篋印塔地点が分岐点。、そのまま進めば、阿弥陀越を経て西方寺へのコース。『大不動岩屋』へは、右側に。
e0272335_15253788.jpg
大不動岩屋
e0272335_15273839.jpg
大不動岩屋から岩峰の景色。素晴らしい眺めだった。
e0272335_15293284.jpg
この花、なんの花?
e0272335_15444583.jpg
千燈石仏。800年前の、鎌倉時代のもの。 阿弥陀如来の来迎の様子。
e0272335_15412286.jpg
説明板。
e0272335_15524789.jpg
旧千燈寺跡に向かう。
e0272335_15544849.jpg
西行返しに進む。
e0272335_15573459.jpg
西行返し地点。『谷川の瀬に住む鮎の腹にこそうるかと言へるわたはありけれ』
e0272335_1653943.jpg
イズセンリョウ (伊豆千両)。ヤブコウジ科イズセンリョウ属(新しい分類体系ではサクラソウ科とされる)。別名:ウバガネモチ。
e0272335_161052.jpg
千燈寺跡・西不動寺一帯全図。
e0272335_16261167.jpg
千燈寺跡、石造り仁王像。
e0272335_16274871.jpg
その1
e0272335_16282763.jpg
その2
e0272335_1795176.jpg
枕の岩屋。
e0272335_17573066.jpg
枕の岩屋にあるモミジが色付き始めていた。
e0272335_17173949.jpg
初めて知るキジョラン(鬼女蘭)は、ガガイモ科 キジョラン属に属するつる性の多年草の1種。有毒。 長距離移動することで知られている チョウのアサギマダラの食草とされ、卵も産み付けられる。じなしさんの説明で良く分かりました。
e0272335_1721713.jpg
千燈登山道。
e0272335_17223328.jpg
千燈プロジェクト見え出してきた。賛否両論相まっているとのこと。
e0272335_17255929.jpg
近くで見るとこのような立像だった。
e0272335_17273769.jpg
姫島や彼方の周防灘を眺めているのだろうか?
e0272335_1730355.jpg
五辻不動尊にお参りして千燈岳へ。
e0272335_17322119.jpg
静かな千燈岳だった。今
回で2回目。山頂からは周回コースで下山。初めての登山道を歩き無事ゴールインであった。

《一口メモ》
 国東トレッキング(大不動岩屋~五辻不動尊~千燈岳)で多くの知識に触れることができた。やはり歩くことは色々な物に触れることができてとても楽しかった。今回の企画に参加させて頂きありがとうございました。

《帰路にて、交通安全標語》
大分の方言を使っての交通安全標語を3個だけ紹介します。
e0272335_1742202.jpg
ほげほっぽに飛ばすんなぇ前をよう見ち走っちなあー
e0272335_17424182.jpg
そげえ飛ばすとおおごつ事故を起こすでェ。
e0272335_1743027.jpg
そげえ飛ばしちどき行くんかえ飛ばすんなえー。


                                               以上

by tinnan1515 | 2015-11-30 18:30 | 山歩き | Comments(8)
Commented by jinashi at 2015-11-30 21:21
うすきさん~2日つづきの国東トレッキング、お疲れさまでした。前夜には懇親会(忘年会?)におつきあいくださりありがとうございました。 いつもの癖で・・焼酎の入れすぎと、すこししゃあしいガイドぶりを反省していますm(--)m
ゴームリー像は作者の意向で山口県上関町祝島の東にある八島あたり(東北東?)を向いているといいます。 大田村の交通安全標語とあわせて国見町の宣伝をありがとうございました。
これからも・・国東の山々の征服にお出かけ下さい。
またどこかのお山行にご一緒した時はよろしくお願いします。
Commented by yamabakanikki at 2015-11-30 23:03
こんばんは☆
 千燈岳、懐かしいです。
 五辻不動尊も立派でした~
 「ほげほっぽに」には、降参です。
 そげな勝手に・・・?
Commented by tinnan1515 at 2015-12-01 06:02
じなしさん、おはようございます。
この度は色々とお世話になりありがとうございました。
お蔭さまで楽しい二日間を過ごすことができました。
トンテンカンの家でのひと時は良き思い出となりそうです。
じなしさんの名ガイドには聞き惚れました。とても素晴らしいです。
ゴームリー像が眺めている方角ありがとうございました。
一度は見るべき価値はあると思いました。
大分弁丸出しの交通安全標語は面白いと思っておりましたので、今回はブログにアップしてみました。
国東の山は素晴らしいです。
これからもお邪魔致したいと思いました。
Commented by tinnan1515 at 2015-12-01 06:09
山馬鹿さん、おはようございます。
長崎から仏の里国東は余りにも遠すぎますよね。
千燈岳や五辻不動尊はすでに登っておられたとは。
山馬鹿さんでしたら当然かも知れませんね。
大分方言丸出しの交通安全標語には私も大笑いでした。
でも、帰りを急ぎスピード出し過ぎたようです。反省!
Commented by 豊津の信ちゃん at 2015-12-01 10:45 x
うすきさん、こんにちは。
2日間のお付き合い、有難うございました。
千燈岳の下りの道はお初でしたので、ルートを一つ覚えました。
真玉から猪群山のコースにも、大分弁の案内板がありますよ~~
ほんわかする言葉ですよねぇ(^_-)-☆
Commented by tinnan1515 at 2015-12-01 12:12
信ちゃん&俊ちゃんさん、こんにちは。
お蔭さまで仏の里国東の山を楽しむことができました。
今回は初めての所が多々あり大いに満足致しております。
大分弁もなかなか面白いですね。
ついついブログのネタにしました。
これからの山は霧氷や雪山が目標となりそうですね。
Commented by mamatias at 2015-12-01 12:36 x
うすきさん、こんにちは。
今回も一緒に山歩きできて楽しかったです。
そして夜のお食事会も最後までお付き合いくださいまして有難うございました♪
それにしてもうすきさんの身の軽さと好奇心には毎回驚かされるばかり!!いつもこっそりエネルギーをいただいております(*^_^*)
またお会いできそうな予感がしておりますので今後とも宜しくお願いいたします。
Commented by tinnan1515 at 2015-12-01 17:47
mamatiasさん&higetiasさん、こんばんは。
二日間お世話になりました。
食事会は大いに盛り上がりとても楽しかったです。
いつもだと午後9時頃は蒲団の中ですが、今回は目がパッチリでしたよ。
花を見るとついつい熱中しますのでご容赦のほどを。(笑)
次の山はどこになりますでしょうか。楽しみです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー