山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp
ブログトップ

塚原コースから由布岳へ!

 田中陽気さんの日本2百名山ひと筆書き、グレートトラバース2で由布岳登頂予定の日程が段々と近づいてきた。また、一昨日テレビも見たので日本2百名山由布岳への思いが強くなった。

 今回のコースは課題であった塚原コースからの登頂である。前回、塚原コースは下山時に使用したが今回は初めての登りであった。
e0272335_16152517.jpg
由布岳東登山道より東峰を眺める。由布岳は双耳峰のイメージがあるのだが、見る位置によりこんなに山容が違うとは。陽気さんはこの山容を眺めるだろうか。楽しみである。

                             記

【山行日】2015年11月16日  (晴れ)                                        
【山行先】由布岳東峰(1580m)&由布岳西峰(1583.5m)                             
【山行者】単独
【行動コース】
塚原コース路肩P(7:00))~林道歩き~塚原コース登山口(7:45/7:50) ~お鉢巡り鞍部分岐点(9:30)~西峰(9:50)~マタエ(10:15)~東峰(10:30/10:50)~東登山口分岐点(11:00)~東登山口(12:27)~塚原コース路肩P(12:35)                       
【行動時間】5時間35分(休憩時間含む)                                          
【行動記録】
 自宅を出る時、空には星がキラキラ光っていたので、今日は青空の下で山歩きができると期待していた。
e0272335_17301360.jpg
由布岳東登山口から塚原方面へ車を走らせると数分で塚原コースの登山道に着く。ここのフェンスが今日の出発地点である。
e0272335_17395938.jpg
林道は落葉の絨毯。舗装道を淡々と歩きながら、何故山へ登るのかと云う思いが湧き上がってきた。山路に入ればこのような余裕はないのだが。
e0272335_17472057.jpg
落葉樹はほぼ裸木になっているがたまに紅葉を見ることができた。
e0272335_17502345.jpg
由布岳の崩壊地が見える地点まで登り詰めてきた。
e0272335_17515095.jpg
なんとなんと紅葉ではなく白葉である。余り見かけないので珍しいと思った。
e0272335_17535949.jpg
林道に由布岳塚原ルート(お鉢回り鞍部へ)の標識。まだ林道歩きなので差ほどきつくはないのだがやはり汗は滲み出てきた。
e0272335_17584831.jpg
45分で登山口に着く。ここから山路歩きである。
e0272335_1803222.jpg
すっかり冬景色。新緑の登山道も素晴らしいのだが、落葉した樹林も風情があり自分は好きである。
e0272335_18634100.jpg
大分自動車道を眺めながら鞍部を目指す。
e0272335_1882963.jpg
活火山の鶴見岳。鞍ケ戸、内山を仰ぎ見る。
e0272335_18134798.jpg
塚原ルートにも原生林を思わせる所があった。
e0272335_18162714.jpg
活火山の伽藍岳からは噴煙が湧き上がっていた。
e0272335_1819169.jpg
マユミの実がところどころにあり楽しまさせてくれた。
e0272335_1821572.jpg
落葉しているので赤テープの確認も楽であった。この地点はちょっと緊張する地点であるが難なく通過することができた。
e0272335_18243444.jpg
由布岳西嶺が大きく見える地点まで辿り着く。鞍部の分岐点はもう直ぐの様だ。
e0272335_1942258.jpg
木の実の花が沢山咲いていた。
e0272335_19432618.jpg
お鉢周りの鞍部に到着。ここまで来れば一安心。今日は西峰を目指した。
e0272335_19462844.jpg
おう!涌蓋山だ。大分県側からは玖珠富士、熊本県側からは小国富士と呼ばれ、日本三百名山の一に数えられ、大分百山にも選ばれている。
e0272335_1949918.jpg
今日最初のピークは西峰だった。陽気さんが由布岳西峰に登る日は?
e0272335_19515864.jpg
くじゅう山系も視界良好。
e0272335_19574927.jpg
今日は正面登山道は眺めるだけ。
e0272335_1959888.jpg
西峰からマタエまでは、緊張の連続だった。
e0272335_2034450.jpg
東峰着10時半。ここでコーヒータイム。まだ時間帯が早いのか山頂は3名だった。
e0272335_2071290.jpg
この時期になると紅葉も花もなく只管歩くだけ。東登山口登山道で下山する。
e0272335_2012822.jpg
昨年11月14日に鶴見岳に登った時は霧氷を見たのだが、今年の初霧氷は何時になるのだろうか?
e0272335_20155942.jpg
この赤い実は?
e0272335_20172759.jpg
順調に下山。正面登山口分岐点に着く。ここからひと頑張り気合を入れ直して東登山口を目指した。
e0272335_20205754.jpg
東登山口からは車道歩きで塚原登山口までひと歩きだ。
e0272335_20232536.jpg
車道沿いにモミジの紅葉が。
e0272335_20244880.jpg
素晴らしい紅葉だった。
e0272335_20254065.jpg
塚原登山道から東口登山道の周回で無事ゴールイン。

《一口メモ》
 塚原コースでの登りは今回が初めて。登山道は赤テープが要所要所にあり迷うことなく登ることができた。また、崩壊地はなく全く問題なかった。


                                         以上



                             
Commented by giroro at 2015-11-16 21:03 x
こんばんは。朝から楽しみにしていました。
由布岳でしたか!!
それも、塚原登山道??そんなコースもあるんですね。。。
途中の景色も山頂からの景色も素晴らしい!!
紅葉も白葉も綺麗です。(白葉は初めてみました♪)
ワクワクするお写真、ありがとうございます。
Commented by 悟空さん at 2015-11-16 21:40 x
こんばんは^^
一筆書き私も観ましたよ^^
楽しそうなヨウキさんですがやはりアルプスでは笑顔ですね。
英彦山由布岳がカットされない事を願うばかりです。
そうそう、普賢岳へ向かうんですよね^^長い距離を歩くのですね。
由布岳のタイムが楽しみです^^
Commented by ポンちゃん at 2015-11-16 23:39 x
うすきさん、こんばんは
塚原コース、こないだのお鉢巡りの時に分岐は確認しましたが、まだ使ったことが無く大変参考になりました。
何時か登ってみます。
道路沿いにはまだ素晴らしい紅葉があったのですね。

Commented by furaibow581203 at 2015-11-17 05:03
うすきハッピーリタイアメントさん、おはようございます。
天気の良い日に登られて羨ましいです・・・。
塚原登山口の様子を紹介していただきありがとうございます。
塚原からだと崩落が心配な気がするのですが、大丈夫なのですね。
ポンちゃんさん同様、一度チャレンジして見たいと思いました。
田中陽希さんが、どこから登るのかも楽しみですね。
Commented by tinnan1515 at 2015-11-17 05:34
giroroさん、おはようございます。
塚原登山道から由布岳に登ってきました。
樹林地帯の冬景色も素敵でしたよ。
何よりも好天に恵まれたのが一番でした。
白葉は余り見かけないのでラッキーでした。
それにしても由布岳は素敵な山ですね。
Commented by tinnan1515 at 2015-11-17 05:38
悟空さん、おはようございます。
悟空さんも一筆書きをご覧になられましたか。
由布岳への登頂が刻々と迫ってきましたね。
とても楽しみです。カットされない事を願うのみです。
正面登山道からの登頂と思いますがタイムも気になりますね。
Commented by tinnan1515 at 2015-11-17 05:46
ポンちゃんさん、おはようございます。
塚原登山道は心配するような箇所はありませんでしたよ。
この時期は草木が茂っておらずテープの確認が容易でした。
由布岳登頂の選択肢が広がり楽しみが一つ増えました。
唯一の紅葉を下山後楽しむことが出来ました。
Commented by tinnan1515 at 2015-11-17 05:51
風来坊さん、おはようございます。
天気予報とにらめっこしながら月曜日を選択致しました。
お蔭さまで青空を堪能することが出来ました。
塚原ルートは舗装道の歩きが長いのが難点ですが、崩落箇所を歩くことはありませんでしたよ。
是非、塚原ルートを楽しんで下さいませ。
田中陽気さんの登頂が楽しみです
。お鉢巡りを期待しているところです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tinnan1515 | 2015-11-16 20:30 | 山歩き | Comments(8)

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515