山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

今日は読書日!

2015年10月21日  水曜日

 いつになく部屋の掃除を念入りに行ないながら書棚のある部屋で、何気なく本を見ると遠藤周作氏の「死について考える」と司馬遼太郎氏の「人間というもの」に目が止まる。これも何かの縁と思いつつ「死について考える」を読むことにした。遠藤周作氏の本を読むのは実に数十年振りだ。

 今月は読書量が進まず、今日で漸く5冊目読了。7冊の目標達成に向けての努力は惜しまないという事で「死について考える」が6冊目。ページ数が161なので早く読み上げたいと思っている。
e0272335_19195182.jpg

 7冊目は今日借りてきた本「蒼天見ゆ」の葉室麟さんは1951年1月25日で福岡県北九州市小倉]身。時代小説は池波正太郎さんや藤沢周平さんに熱中していたので、葉室麟さんの本は今回が初めてである。



1、図書館で借りた本
冒頭の書き出しを見ると下記の文章であった。
“嘉永六年(一八五三)十月 ― 九州、筑前の秋月藩士臼井亘理は近頃、不思議な夢を見る。“
筑前の秋月といえば古処山があるところではないか。たったこれだけの文章を見てこの本を借りる事にした。至って単純な動機である。
e0272335_18584552.jpg
蒼天見ゆ 葉室 麟 著

2、漢字の学習 《知らないと恥をかく間違いやすい漢字》
2・1第1章 基本編 これだけは覚えておきたい漢字
【問題】正しく読めますか?  ②
1)凸凹 2)伝馬船 3)図会 4)十二単 5)仲人 6)名残 7)土産 8)猛者 
9)木綿 10)浴衣 11)行方 12)寄席 13)若人 14)水夫 15)緒 16)母衣 
                                           
【答】
1)でこぼこ 2)てんません 3)ずえ 4)じゅうにひとえ 5)なこうど 6)なごり 7)みやげ 8)もさ
9)もめん 10)ゆかた 11)ゆくえ 12)よせ 13)わこうど 14)かこ 15)いとぐち 16)ほろ 

●水夫はついつい(すいふ)と読む。緒のいとぐちは全く読めなかった。


《今日の小さな歓び》

  今月5冊目の本を読了。


                                           以上
by tinnan1515 | 2015-10-21 19:30 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー