倉木山&花散策!

 九月最初の山歩きはケミヤマナミキの花を見たいため倉木山と決めていた。本来ならもう少し早く行きたかったのだが、天候に恵まれず今日となった。

 自宅を出たのが午前4時過ぎ、久し振りの別大国道は思った以上に車が流れていた。由布岳登山口に着き登山の準備する。さて、東山いこいの森で花散策後倉木山を目指すかと一瞬思ったが、倉木山を先に登る事にした。
e0272335_1914935.jpg
期待していたケミヤマナミキは見付けることができず、レイジンソウで満足する事にした。

                          記

【山行日】2015年9月4日 (金曜日)  晴れ
【山行先】倉木山(1160m)
【山行者】単独
【行動コース】倉木山登山口P(6:35)~倉木山(7:40/7:50)~倉木山登山口P(9:20)
【行動時間】2時間45分(休憩時間含む)
【行動記録】
1)倉木山
 倉木山登山口に一番乗りであった。やはり、由布岳に登る人が多い様だ。さて、9月の倉木山はどのような花が咲いているのか。期待を膨らませ山路を目指した。
e0272335_199295.jpg
今日最初の撮影はヤマホトトギス。まだ咲いているのにはビックリ。
e0272335_19104897.jpg
見事な立ち姿のオオバショウマ。なかなか素敵ではないか。
e0272335_19122336.jpg
団体さんも素晴らしい。山路に目を光らせながらケミヤマナミキはないかと探すもそれらしき物を見付けることができない。
e0272335_19195494.jpg
とうとう山頂についてしまった。せめて由布岳でも眺めたいと思うもガスで眺望も駄目だった。
e0272335_1924671.jpg
山頂付近には確かオオナンバンギセルがあるはずだと探す。茅を踏んだ跡がありそこを覗くとちょこんと咲いていた。
e0272335_19271560.jpg
アゲハ蝶が羽を広げて食事中?
e0272335_19295391.jpg
フシグロセンノウもひっそりと咲いていた。

2)倉木山麓花散策
 下山後、山麓で花散策を楽しむ事にした。さて、どのような花に会えるか興味深々だった。
e0272335_19333487.jpg
最初に出会ったのはキスゲ。未だに咲いているのには驚く。由布岳もガスが取れボンヤリと見えるようになっていた。
e0272335_19362825.jpg
好き透るような花びらは美しい。
e0272335_19375919.jpg
由布岳を背景にしたヒゴタイもなかなかの見頃であった。
e0272335_19395279.jpg
コバギボウシの模様に惹かれてしまった。
e0272335_1941245.jpg
カワラナデシコがまだ元気に咲いていた。
e0272335_1942651.jpg
今年は随分とオトギリソウを楽しむことができた。
e0272335_1945103.jpg
この花はナンテンハギ。
e0272335_19463127.jpg
この時期には是非見たい吾亦紅。
e0272335_19484310.jpg
○○アザミ。とても背が高いのにはビックリ。
e0272335_19501677.jpg
茅の中に咲いているフシグロセンノウを見っけ。
e0272335_19534415.jpg
今季お初のツルニンジン。まさかツルニンジンに出会えるとは。嬉しい悲鳴であった。
e0272335_1956513.jpg
花の中はこのような模様に。
e0272335_19584947.jpg
ヤマトラノオもまだ咲いていた。
e0272335_19593621.jpg
キツリフネも見ることができた。
e0272335_2012354.jpg
ここに群生していた。
e0272335_2022828.jpg


3)東山いこいの森花散策
オオキツネノカミソリを観賞して以来の東山いこいの森だった。この時期に咲く花はどのようなものがあるのかと楽しみだった。
e0272335_11202096.jpg
倉木山麓から由布岳登山口に移動すると駐車場ほば満杯。やっと1台のスペースに駐車することができた。
e0272335_11224662.jpg
倉木山、山麓でも見ることができたフシグロセンノウ。自然観察路にも咲いていた。
e0272335_1125973.jpg
レイジンソウもあちこちに咲いていた。
e0272335_11254328.jpg
藤あやこさんが歌っている”麗人草” 君は可憐な恋の花。
e0272335_1222984.jpg
今日一番の喜びはコフウロとの出会いであった。小さな可憐なコフウロにウットリだ。
e0272335_1272885.jpg
これは見事なツチアケビだった。
e0272335_1294156.jpg
由布岳の山容も見れたしいこいの森を歩いて良かった。タンナトリカブトはまだ蕾だった。そして全体的に葉が枯れかかっていた。

4)霊山寺周辺花散策
 霊山寺周辺花の車道沿いにスズムシバナが咲くことを知る。そろそろ咲き始めではないかと思いつつ”東山いこいの森”から霊山寺に向かった。
e0272335_12165826.jpg
霊山寺の駐車場に車を停めて花散策へ。車道を歩いているとなんと草刈が行われていた。これはやばいぞと思いつつ歩いていると駐車場から近くの地点で紫の花に出会った。
e0272335_12211637.jpg
最初に見つけたのは刈り取られていたスズムシバナであったが、まだ刈られていないスズブシバナが残っていて良かった。
e0272335_1222367.jpg
花は小さのだが葉っぱは大きい。
e0272335_12222591.jpg
全体像はこのような感じ。スズムシバナを見たからここで引き返すことにした。駐車場に戻りお寺の境内を散策する。
e0272335_12284720.jpg
種田山頭火の句碑があることを知る。
e0272335_123026100.jpg
「しぐるるやしぐるる山へ歩み入る」なんとなく」なんとなく心情が伝わってきた。そして、もうひとつの石碑は坂村真民さんの詩の一句であった。
e0272335_12355753.jpg
【念ずれば花ひらく】、夢もてその道に進めば、いつかは叶うかもしれないと作者は思っていたようです。
e0272335_12361016.jpg
霊山寺の楼門を仰ぎ見て帰宅した。

《ひとくちメモ》
  【念ずれば花ひらく】には届かなかったが 霊山寺周辺花でスズムシバナの存在を知り得たことは大きな収穫であった。ケミヤマナミキは今後出会えること期待し念ずる事にしましょう。    


                                             以上            
by tinnan1515 | 2015-09-04 20:00 | 山歩き | Comments(2)
Commented by giroro at 2015-09-04 22:59 x
今朝の青空、tinnanさんもソワソワしているかしら?
と思っていたら、思っていた時間には もう山に向かっていたんですね。
ツルニンジンって変わったお花ですね。由布岳とヒゴタイも素敵(^^♪

霊山寺って、あの霊山寺ですか?
今週末も行けないので、ブログ楽しみにしています。

Commented by tinnan1515 at 2015-09-05 12:57
giroroさん、こんにちは。
倉木山でのお花観賞でしたが山頂に着いた時はガスで由布岳の山容は見えませんでした。
山麓では思っても見なかったツルニンジンに会えてラッキーでした。
藪こぎをして良かったです。
長者原のヒゴタイも良かったですが、由布岳が見渡せるヒゴタイも風情があり素敵でした。
その通り大分市岡川にある霊山寺ですよ。
スズムシバナを見ることができました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード