白岩山の花園に酔いしれる!

 西村さんより、白岩山のキレンゲショウマを見に行く計画をしているとのご連絡を頂く。自分は川上溪谷のキレンゲショウマしか知らないので、是非白岩山のキレンゲショウマを見たいこと。それに、白岩山は九州百名山ではありませんか。最近、九州百名山が頓挫しているのので、この機会にお初の山への挑戦も込めて参加させて頂くことにした。

 山行日は9日である。前日に五ヶ瀬スキー場のリフト乗り場の広場に集合。という事で移動中に寄り道して椎原ダムのヤツシロソウを見に行った。昨年、ヤツシロソウの花を知った。今年もこの花に出会いたくて7月23日出かけたがまだ蕾であった。
e0272335_20484874.jpg
あれから半月後、ヤツシロソウは見事に開花していた。
e0272335_20493637.jpg
ヤツシロソウの花を楽しむ意気揚々と五ヶ瀬スキー場のリフト乗り場に向かった。

 そして白岩山の花園では感動の連続であった。何しろ初めて見る花が多いのに嬉しさが込み上げてきた。その中でもコウスユキソウは一番の喜びであった。
e0272335_21263626.jpg
”コウスユキソウ キク科ウスユキソウ属. 小薄雪草、 ヨーロッパアルプスの花 エーデルワイスの仲間。”との事であった。 

                          記

【山行日】2015年8月9日 (日曜日)  晴れ
【山行先】白岩山(1620m)&向坂山(1684.5m)
【山行者】14名
e0272335_1932465.jpg

【行動コース】白岩山登山口P(8:12)~杉越(8:35)~白岩山(9:15)~水呑の頭(10:20/10:40)~向坂山(11:47/12:20)~白岩山登山口P(13:25)
【行動時間】5時間13分(休憩時間含む)
【行動記録】
 昨晩、五ヶ瀬スキー場広場から眺めた夜空は満点の星であった。車中泊なので暑さを気にしていたが高度が約1.300mという事で心地よい気温で快適な車中泊、しかし午前3時過ぎには目が覚めた。 本日の参加者は14名であった。
e0272335_21442968.jpg
素晴らしい夏空の下、白岩山登山口Pから出発
e0272335_21582110.jpg
歩き始めてから間も無くするとミヤマツチトリモチ。緒方さんから名前を教えて頂いた。赤色のツチトリモチは見たことがあるのだが、ミヤマツチトリモチは初めての出会いであった。
"日本に7種類あるツチトリモチ科の仲間の1つで、本州、四国、九州の山地に広く分布し ます。ツチトリモチ科の植物は葉緑素を持たず、他の植物の根に寄生する植物です。 このミヤマツチトリモチは主にカエデ類やシデ類の植物に寄生する。" 寄生植物といえば最近目にしたナンバンギセルも寄生植物である。
e0272335_84245.jpg
ブナの巨木を見るとなんとなく嬉しさがこみ上げてくる。大きなものに憧れる気持ちが存在しているのだろうか?  
e0272335_8422830.jpg
たんたんと歩くのだが緩やかな登りも足が重たく、額からは汗が滲みだしなんとなく士気が消沈気味だった。
e0272335_8522491.jpg
そんな中先頭グループの方がツルリンドウを発見。単細胞の自分は花を見るだけで先程のモヤモヤも吹き飛んでいた。今季お初であった。
e0272335_8425134.jpg
体も徐々に山歩きモードに差し掛かってきたところで霧立越関所に到着。「霧立越」の言葉には魅力を感じますね。
昭和初期まで駄賃つけと書かれていた。その意味は
「駄賃つけ」とは、カジ皮やシイタケや 山茶といった林産物を牛馬の背に積み、峠を越えて熊本や延岡の市場に運び、戻りにも 酒や塩や衣類などを乗せて双方から駄賃をもらう、いわば村の宅急使である。との事でした。
e0272335_92201.jpg
「霧立越」杉越。ここが分岐点でした。右の方向に進めば向坂山。左に進路を取り白岩山を目指した。
e0272335_843159.jpg
白岩山まで1.3Km。気温は22℃であった。
e0272335_9135766.jpg
関所から山頂までは花ロードであった。先ずはヤクシマホツツツジ。この花も緒方さんから教えて頂く。余りにも小さな可愛い花に未熟なカメラワーでは写せなかった。
e0272335_9215665.jpg
心地よい山路歩きと花観賞で段々とテンションが高まってきた。ヤマホトトギスもあちこちに咲いていた。
e0272335_11114435.jpg
色の薄いものから濃い色のヤマホトギスまで色々と楽しむ。期待していたヤマジノホトトギスとの出会いは無かった。
e0272335_11145215.jpg
オオバヨメナ(大葉嫁菜)。 キク科 ヨメナ属. 山地のやや湿ったところに生える多年草。
e0272335_1123049.jpg
花園の核心部に辿り着くとソバナの群生地であった。
e0272335_1123276.jpg
ソバナの群生地に出会ったのは初めて。驚きと感動であった。
e0272335_11241041.jpg
そして、清楚なソバナも楽しむことができた。
e0272335_11474381.jpg
この花はオオダイトウヒレンの蕾との事。またもやお初の名前だった。開花した花を見てみたいものだ。
e0272335_1154391.jpg
オタカラコウは知っているがこの花はメタカラコウ。違いは全体がオタカラコウに似るが、オタカラコウの頭花の舌状花が8個程度であるのに対し、メタカラコウは1個から3個程度で、また全体的に小ぶり。男と女の違いを連想すれば覚えられrかも。(笑)
e0272335_11571459.jpg
お花観賞で渋滞中。只管にカメラを花に向けるだけであった。
e0272335_1513382.jpg
シキンカラマツ(紫錦唐松)は良く見かけるがいつ見ても素敵な花である。
e0272335_1535343.jpg
なんとなんとハバヤマボクチ(葉場山火口)、花の種類が多くて嬉しい悲鳴であった。
e0272335_15402567.jpg
あるわあるわ次はホソバシュロソウ。既に終盤の様相を呈していた。
e0272335_1542028.jpg
ママコナも存在感を示していた。
e0272335_15432516.jpg
既に花が終わっていたキリンソウ(麒麟草)。ベンケイソウ科に属する多年草。
e0272335_15483336.jpg
でも、運良く一輪のみ残っていたキリンソウの花。とてもラッキーであった。
e0272335_1551134.jpg
初めて見るホタルサイコ(蛍柴胡 )。セリ科ミシマサイコ属またはホタルサイコ属の多年草。初めて見る花があるわあるわで興奮気味であった。
e0272335_16392651.jpg
写真はボケていたがイワキンバイ?
e0272335_15565049.jpg
緒方さんの案内でコウスユキソウが咲く場所に。
e0272335_15571374.jpg
今日はキレンゲショウマのことが頭にあったが、コウスユキソウに出会えて一気に最高潮に達した。
e0272335_1671686.jpg
やはり初めての花は感動しますね。
e0272335_16101074.jpg
ヤハズハハコ。

e0272335_16171793.jpg
白岩山に初登頂。今日は花園に心が奪われ九州百名山はすっかり忘れていた。ここから水呑ノ頭を目指したがまだまだ花園は続いた。
e0272335_16213961.jpg
ここに咲いていたソバナは淡いピンク。3色の色を楽しむことができた。
e0272335_16243990.jpg
またまたお初のツクシクサボタン。
e0272335_16285268.jpg
葉がボタン(牡丹)に似ており筑紫は九州に分布することでツクシクサボタン。 本州に生息するクサボタンの変種。クサボタン(草牡丹 )は、キンポウゲ科センニンソウ属の半低木。有毒植物。今日は勉強することが多く覚えきれそうにない。嬉しい悲鳴だ!
e0272335_16504288.jpg
ヒナノウスツボ(雛の臼壺)も今日が初めての出会い。
e0272335_1735122.jpg
レイジンソウがもう咲いていたのには驚き。
e0272335_1735503.jpg
レイジンソウを見ることができたので次のターゲットはトリカブトかなぁ。
e0272335_17414564.jpg
水呑の頭と扇山山小屋の分岐点。
e0272335_17453587.jpg
水呑の頭に到着。しばし休憩。それにしても花が多いのにはビックリであった。ここから霧立越杉越までUターンである。
e0272335_1750784.jpg
シロモジの実。シロモジ(白文字)は、クスノキ科の落葉低木の一種。種名はクロモジに対して付けられた。
e0272335_1805270.jpg
ヤマホトトギスを再度見ながら向坂山に向う。
e0272335_1755110.jpg
登り時にはうまく撮れなかったヤクシマホツツツジ、帰路はなんとかそれなりに見られるので一安心。
e0272335_1823282.jpg

e0272335_1831242.jpg
霧立越杉越に戻ってきた。ここから向坂山に。ここから先にキレンゲショウマが。
e0272335_1854353.jpg
花を満喫したあとはしばらく登りが続いた。
e0272335_187476.jpg
ここにも初めての花。イケマという花でした。イケマ(牛皮消 )はガガイモ科イケマ属のつる性の多年草。
e0272335_1894312.jpg
今日2つ目のピークである向坂山(1684.5m)に到着。ここで昼食タイム。スキー場まで570m、だんだんとキレンゲショウマに近づいている。
e0272335_18125818.jpg
スキー場の中を通り登山道へ。それにしても素晴らしい青空であった。
e0272335_1911897.jpg
今日2度目のツルリンドウ。可愛い花である。
e0272335_19125825.jpg
ボケボケの写真であったが。?
e0272335_1916797.jpg
ついにキレンゲショウマの咲く場所に。なんと大群生地に驚くばかりであった。初めて見る光景に大満足である。
e0272335_19185864.jpg
開花したキレンゲショウマを見ることができた。
e0272335_19205976.jpg
写真は数多く撮っているのだがピンボケが多かった。
e0272335_19214740.jpg
丸みを帯びた蕾はとても可愛らしい。
e0272335_19224370.jpg
蕾の状態もなかなか素敵である。
e0272335_19232786.jpg
五ヶ瀬川源流。ここの水で喉を潤す。冷たくとても美味しかった。

《一口メモ》
 
 素晴らしい花園にすっかり酔いしれてしまった。これほど初めての花に出会ったのは初めての事である。
今回参加させて頂きとても充実した山歩きでした。また、前泊のひと時もとても楽しかったです。
大変お世話になりありがとうございました。


                                             以上
by tinnan1515 | 2015-08-09 22:00 | 山歩き | Comments(16)
Commented by furaibow581203 at 2015-08-10 20:09
こんばんは、うすきハッピーリタイアメントさん。
白岩山、沢山の花に出会えて良かったですね。
風来坊も初めて行った時に、山頂付近のネットで囲まれた小さなエリアに沢山の花が咲いているのでびっくりしました。
ウスユキソウを見ることが出来るのは、九州ではここくらいかと思います。
今の時期と春先には行ったことがあるので、紅葉の時期に訪れてみたいところです。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2015-08-10 21:02 x
うすきさん、こんばんは。
流石ですねぇ~アップが早いです^^
お初の山とのことでしたので、お誘いしてよかったです。
たくさんのキレンゲショウマを見ることができてよかったですね。
昨年は工事中で通行止めでしたので、別の山へと行き、キレンゲショウマを保護ネット越しでみました。
また行きましょう!!
Commented by マイペース登山 at 2015-08-10 21:03 x
先日はお疲れさんでした。宮崎からです。
アップが速いとのお話でしたが、その通りだったです。
花の名前覚えきれなかったので参考にさせてもらいます。
今後ともよろしくお願いします。
 
Commented by ポンちゃん at 2015-08-10 21:58 x
こんばんは
土曜日は仕事で参加できず、まことに残念でした。
それにしても素晴らしい花々ですね
コウスユキソウでスイッチオンですね。
うすきさんの笑顔が見えるようでした。
キレンゲショウマも美しい!
また宿題が増えたようです。
Commented by tinnan1515 at 2015-08-11 04:53
風来坊さん、おはようございます。
白岩山の花の豊富さには驚きでした。
しかも、私にとってはお初の物が多く感激・感動でした。
特にウスユキソウに会えたことが嬉しかったです。
また足を伸ばしたくなる花園でした。
Commented by tinnan1515 at 2015-08-11 05:01
信ちゃん&俊ちゃんさん、おはようございます。
この度の山行にお誘い頂きありがとうございました。
お陰さまで沢山のお花に酔いしれることができ幸せ一杯でした。
キレンゲショウマの群生には吃驚。川上溪谷のキレンゲショウマしか見たことがありませんでしたのでとても嬉しかったです。
又のお誘いお願い致します。
Commented by tinnan1515 at 2015-08-11 05:12
マイペース登山さん、おはようございます。
白岩山山行では大変お世話になりました。
また、早速にコメントを頂きありがとうございました。
白岩山はお初、しかもお初の花に沢山会えて喜びに浸っているところです。
こちらこそよろしくお願い致します。
Commented by tinnan1515 at 2015-08-11 05:20
ポンちゃんさん、おはようございます。
お出でになっていなく残念でした。
花園で一気にヒートアップ、お初の花との出会いに酔いしれることができ最高でした。
キレンゲショウマの大群落は素晴らしいですよ。
是非、ご覧になってください。
Commented by まっちゃん at 2015-08-11 07:26 x
うすきさんおはようございます。
白岩山&OFF会では大変お世話になりました。
山復帰してからチョクチョク来ていましたが今回は3年ぶりでした。
保護の成果が出てきていますねこんなに沢山の花が開花した風景は初めてでした。私はこれから北アルプス遠征のトレーニングに励みたいと思っています。
Commented by tinnan1515 at 2015-08-11 08:33
まっちゃんさん、おはようございます。
先日はお世話になりありがとうございました。
まっちゃんさんのパワーを頂き、今回も沢山の花を楽しむことができました。
キレンゲショウマの大群生には驚きでした。
来年が楽しみです。
北アルプスを計画なされているご様子。
大いに楽しんで来てくださいませ。レポが楽しみです。
Commented by jinashi at 2015-08-11 13:19
ニアミスだったようですね!
うすゆきそうには気が付きませんでした。やはりお花探しには仲間の皆さんとの登山が良いですね。
Commented by tinnan1515 at 2015-08-11 19:04
jinashiさん、こんばんは。
五ヶ瀬スキー場で車中泊でしたか。私も同場所で車中泊でした。
お会いできずに残念でした。
初めての山で沢山の花に会え素晴らしい山行となりました。
ウスユキソウはもちろん初めて。そして、ソバナやキレンゲショウマの群生には驚きでした。
次に登るときには扇山まで足を伸ばそうと思っています。
Commented by higetias at 2015-08-12 18:51 x
うすきさん、こんばんは。
先日は大変お世話になりました。
今日は雨覚悟のくじゅう詣でだったようですね。 お疲れ様でした。
白岩山の花の数の多さには驚かされましたね~。
翌日くじゅうに朝駆けしたあと久しぶりにおいちゃん家に寄り、脊梁の山の花の復習をしましたが、メモし忘れていたものもありました。
じなしさんの記録を参考に次回は是非扇山まで足を延ばしてくださいね^^
牧ノ戸コースではマツムシソウは見付けられませんでしたが、扇ヶ鼻まで上がる気力はありませんでした。
Commented by tinnan1515 at 2015-08-13 05:31
higetiasさん、おはようございます。
こちらこそ大変お世話になりありがとうございました。
翌日はくじゅうへの朝駆けとは元気盛り盛りですね。
白岩山の花園には感激・感動でした。
また、行って見たい山となりそうです。
今季お初のマツムシソウとの出会いが叶い嬉しかったです。
Commented by natsucoco at 2015-08-13 17:54 x
白岩山・・・見たことがないお花がいっぱいで垂涎です。
キレンゲショウマは鹿の被害などないんでしょうか。大群生とはうれしいですね。 もう来年の予定が決まった気分です。ちょっと遠いのが難点ですが^^;
Commented by tinnan1515 at 2015-08-16 08:08
natsucocoさん、おはようございます。
白岩山の山頂付近は花園ですっかり花に酔いしれました。
私には初めて見る花が多く感動でした。
キレンゲショウマは防護柵で囲われ保護されていましたので、それはそれは見事な群生でした。
natsucocoさんも白岩山のキレンゲショウマを是非ご覧になってくださいませ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード