白口岳・稲星山・久住山を歩く!

 8月に入り山虫が騒ぎ出してきた。山行先は久しく登っていない久住山系の山を。そして坊がヅルは必須条件とした。
e0272335_2032993.jpg
このエゾミソハギを見たかったのである。

大分森林管理署の皆様、清掃活動ご苦労様です。
e0272335_20343939.jpg
北千里から法華院温泉に向かっていた時、このパンフレットを頂く。暑い中、ゴミ袋を片手に清掃活動中でした。

                          記

【山行日】2015年8月4日 (火曜日)  晴れ
【山行先】白口岳(1720m)&稲星山(1774m)&久住山(1786.5m)
【山行者】単独
【行動コース】レゾネイトP(6:20)~くたみ分れ(6:50)~鍋割峠(7:35)~鉾立峠(8:13/8:25)~白口岳(9:35/9:45)~稲星山(10:25)~久住山(11:10/11:35)~くじゅう分れ(11:58) ~法華院温泉(13:10/13:25)~坊がヅル~鉾立峠分岐点(13:50)~鉾立峠(14:15)~鍋割峠~(14:45)~くたみ分れ(15:20)~レゾネイトP(15:40)
【行動時間】9時間20分(休憩時間含む)
【行動記録】
 当初は長者原から坊がヅルを目指そうと思っていたが、途中から山行コース変更してくじゅう1番水から歩くことにした。
e0272335_20403785.jpg
午前6時過ぎの久住山は青空であった。
e0272335_20494293.jpg
張り切って歩いていると早速にツチアケビに遭遇する。もう色付いていた。
e0272335_20543395.jpg
ツチアケビとの出会いに歓び意気揚々と歩いていたら、途中でアブの集団にまとわりつかれ一瞬パニック。キツネノカミソリを撮る余裕も無くくたみ分かれを目指した。ヤマホトトギスはくたみ分かれ直前に咲いていた。
e0272335_20524733.jpg
コバギボウシは朝露に濡れていた。
e0272335_2122494.jpg
くたみ分かれに着き、虫から解放され一安心。
e0272335_2134416.jpg
久し振りの鍋割峠。マンサク観賞登山以来だった。
e0272335_215592.jpg
樹林地帯は日差しがなく暑さは感じなかったが汗は吹き出していた。佐渡窪に降りるとヒンヤリでとても心地よかった。しかし、カヤの中を歩くと足元がビッショリ。
e0272335_21132022.jpg
鉾立峠から白口岳を眺めると一人の登山者が登られていた。鉾立から坊がヅルを目指すことを諦め白口岳に登る事にした。
e0272335_21164470.jpg
三俣山の光景も青空で素晴らしい。
e0272335_2119246.jpg
白口山登山道。この地点から山頂に進む。
e0272335_21221982.jpg
やっとの思い出白口岳に着くが、なんと山頂はガスに覆われていた。山の天候は急変するので油断禁物である。
e0272335_21244258.jpg
中岳方面もガスだった。
e0272335_2128970.jpg
白口岳に咲いていたママコナで歓び半分であった。
e0272335_21334110.jpg
ノリウツギも美しかった。
e0272335_2136849.jpg
オトギリソウはあちこちに咲いていた。
e0272335_2138441.jpg
稲星山&と中岳の分岐点。ここは迷わず稲星山を目指した。
e0272335_21401654.jpg
ガスで展望が期待できないため稲星山は通過点であった。
e0272335_21415771.jpg
久住山に進路を取る。久住山は久しく登っていなかった。
e0272335_21433121.jpg
11時10分、久住山着。流石に久住山は人気の山。平日であるが賑わっていた。昼食タイム、今日も冷やし中華であった。期待していた眺望は残念賞だった。
e0272335_21481371.jpg
くじゅう分れに向う途中にて。続々と久住山を目指す人、人。
e0272335_21501344.jpg
久住山を見上げると青空が。
e0272335_21582242.jpg
くじゅう分れから北千里~法華院温泉を目指した。
e0272335_220548.jpg
くじゅうの空は晴れたり曇ったり。
e0272335_2211620.jpg
硫黄山を眺めながら北千里を歩く。
e0272335_4345524.jpg
スガモリ小屋近くの北千里からの三俣山。自分は坊がヅルから眺める三俣山が好きだ。
e0272335_438625.jpg
北千里から法華院温泉に至る山路にアサギマダラが食事中だった。
e0272335_4414432.jpg
好物のヒヨドリバナが沢山咲いていたので嬉しいことでしょう。
e0272335_445017.jpg
法華院温泉で喉の渇きをコーラーで癒す。それにしても法華院温泉は久しぶりだった。一休みして坊がヅルに。
e0272335_4481168.jpg
今日見たかったエゾミソハギ。
e0272335_4493417.jpg
エゾミソハギに会えてこれまでの疲れを忘れてしまいそうだ。
e0272335_4514581.jpg
そして、もう一つ見たかったサワギキョウ。花はやっぱりいいなぁ。
e0272335_454543.jpg
吾亦紅も見ることができた。
e0272335_4553534.jpg
アカバナ?だったら初めて見る花なのだが。
e0272335_502244.jpg
ノハナショウブがまだ咲いていた。まだ花散策をしたいのだがそろそろ帰路時間のことが気になりだしたのこの花を最後に法華院温泉に向かった。
e0272335_545410.jpg
鉾立峠分岐点から下山開始。まだまだ頑張って歩かなくては。
e0272335_594785.jpg
淡い紫と緑のコントラスト。コバギボウシが素敵だった。
e0272335_5142428.jpg
木道の中を歩くとヒンヤリとして気持ちよかった。
鉾立峠から佐渡窪、くたみ分れを目指して懸命に歩くが思うように足が進まない。それにしてもこのコースはマイナーコースであることか。登山者との遭遇はなかった。
e0272335_525171.jpg
登りの時に撮らなかったキツネノカミソリ。前回よりかなり咲き始めていた。
e0272335_5271591.jpg
群生地もあちこちに。

ラストはくじゅう1番水で喉を潤す。冷たくてとても美味しかった。駐車場間近で雷鳴が聞こえてきた。久住山を仰ぎ見ると雲で覆われているではないか。夏山は天候の変化が激しい。もう少し早く下山しないといけないのについつい長歩きになる。反省はその時だけなのだが。

《一口メモ》
 
  くじゅうの夏山歩きを楽しむが流石に暑い。カンカン照りでなかったのが幸いであった。今回も良く歩いたので体は満足。次の山行が楽しみだ。


以上
by tinnan1515 | 2015-08-04 21:30 | 山歩き | Comments(4)
Commented by higetias at 2015-08-05 19:34 x
うすきさん、こんばんは。
この暑さにめげず、精力的に動かれていますね。
この時期のくじゅうロングコース、恐れ入ります。
おかげで家に居ながらくじゅうの夏の景色と花を楽しませて頂きました^^
しばらく山から遠ざかってしまいましたので今週末辺りそろそろ・・・と思っています。

Commented by ポンちゃん at 2015-08-05 21:13 x
こんばんは
夏の盛りにこのロングコース。
スゴカです~
花もいろいろ咲いてますねえ
お盆あたりに坊がつるに行ってみようかなあ!とか思いつつ、楽しませてもらいました
Commented by tinnan1515 at 2015-08-06 05:23
higetiasさん、おはようございます。
お庭の手入れご苦労様でした。
私は久し振り、くじゅうの山を歩きました。
やはり開放的で素晴らしいですね。
今回は坊がヅルの花が目的でしたが、エゾミソハギとサワギキョウに会えて嬉しかったです。
Commented by tinnan1515 at 2015-08-06 05:34
ポンちゃんさん、おはようございます。
くじゅうの山々を見るとあの山もこの山もとついつい欲が出てまいります。(笑)
久し振りの久住山に癒されました。
山の光景は今一つでしたが、坊がヅルで花を楽しめて良かったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード