里山歩き!

2015年7月14日  火曜日

1、里山歩き

 今朝の天候は昨日までの天気が嘘のような夏空であった。でも、傘マークだったので山歩きの計画は立てていなかったが、せめて里山でも歩かなくてはと思、午前11時からのスタートであった。

 折角だから羊歯の生い茂った山道の整備をしようと思い鎌を携行する事にした。山路に入ると黄色の小さな花が咲いていた。コナスビである。
e0272335_19445338.jpg
コナスビはクラソウ科の多年草で、多摩丘陵などでよく見かけるオカトラノオの仲間。
 ネジバナは前回歩いた時も咲いていたが、今日のネジバナはスタイル抜群であった。
e0272335_19451057.jpg
ネジバナ(捩花)は、ラン科ネジバナ属の小型の多年草。

 里山でも歩き出すと楽しい。でも蒸し暑さに汗がどっと吹き出てくるがじっと我慢の子である。三角台にて海を眺めるも海は霞み佐田岬半島は霧の中だった。

 昼食を済ませ、背丈ほど生い茂っている羊歯を1時間ほど刈り取る。日頃肉体労働を全くしていないので鎌を振り回すだけで結構疲れた。急登を登る時は暑さと疲れで息が上がりヨロヨロであった。

 途中で雨が降り出すが本降りになる前に下山。やはり今日も雨だった。 それにしても最近は里山歩きが続く。

2、漢字の学習
2・1 読めそうなのに読めない漢字の本  日本の常識研究会(編)
● つい間違えて読んでしまいそうな漢字

【問題】
1)冶金 2)脇息 3)椿事 4)画竜点睛 5)呪い 6)年俸 7)出納 8)散華 9)詩歌
10)忍辱 11)躍如 12)矜持 13)欠如 14)境涯 15)山積 16)苦行 17)破綻
18)諫言 19)生業 20)兵糧 21)熾烈 22)和尚 23)細雪
                                            
【答】
1)やきん 2)きょうそく 3)ちんじ 4)がりょうてんせい 5)まじない 6)ねんぽう
7)すいとう 8)さんげ 9)しいか 10)にんにく 11)やくじょ 12)きょうじ 13)けつじょ
14)きょうがい 15)さんせき 16)くぎょう 17)はたん 18)かんげん 19)なりわい 
20)ひょうろう 21)しれつ 22)おしょう 23)1ささめゆき

*呪い …災厄を逃れるために、神秘の力に祈る術のこと。
*忍辱…さまざまな屈辱や迫害を受けても、うらまないこと。


2・2 面白いほど幸せになる漢字の本  ひすいこたろう&はるねむ 著

《泣く》  ◎ 瞳に涙がなければ魂に虹はかからない。

“「氵《サンズイ》のあとに立つ」と書いて、「泣く」。
涙のあとに人は立ち上がる。ちゃんと最後は立ち上がれるから。“  ““《抜粋文》

●人が流す涙の理由は、「感動」が最も多いそうです。涙は本当に不思議なものですね。


《今日の小さな歓び》

 早朝読書。


                                       以上
by tinnan1515 | 2015-07-14 20:32 | 思いのままに綴る日記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード