山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

ヤマオダマキとワタナベソウ&バイカツツジとタマガワホトトギス!

 6月28日の山行でヤマオダマキとワタナベソウでやゃ消化不良であった。そのリベンジではないが天候と睨めっこしながら今日の山行がベストと判断する。山行コースはバイカツツジとタマガワホトトギスそれにオオヤマレンゲが見られる欲張ったコースを歩くことにした。

 先ずは今日の成果を冒頭に報告する。
1)ワタナベソウ
e0272335_20492353.jpg
大船林道歩きは単調であるが、この時期は花は咲いていないかとキョロキョロ。咲いていましたね。

2)タマガワホトトギス
e0272335_20503823.jpg
時期が早いと思っていたが辛うじてこの一輪のみ開花していた。

3)ヤマオダマキ
e0272335_20513558.jpg
今期2度目の出会い。感激・感動。

4)オオヤマレンゲ
e0272335_20534182.jpg
北大船山から大戸越に向かっていたらオオヤマレンゲを見ることができた。蕾の時も見ていたがやはり開花したものは素晴らしい。

5)バイカツツジ
e0272335_2054874.jpg
北平治岳登山道で昨年初めてバイカツツジに遭遇。今季も同じ場所で会えることができた。しかし、足場の悪い岩場なのでうまく撮れなかった。


                           記

【山行日】2015年7月3日 (火曜日)  晴れのち曇
【山行先】大船山(1786.2m)&北大船山(1706m)&平治岳(1643m)
【山行者】単独
【行動コース】 吉部路肩P(6:00)~暮雨の滝分岐点(7:45)~坊がつるベンチ(8:00/8:20)~大船山登山口(9:00)~立中山分岐点(9:35)~段原(10:15)~大船山(10:35/11:00)~段原(11:15)~北大船山(11:20)~大戸越(12:05/12:10)~平治岳(12:40/13:00)~鞍部分岐点(14:00)~林道出合(14:15)~大船林道出合(14:15)~山路分岐(14:20)~吉部路肩P(15:20)
【行動時間】9時間20分
【行動記録】
 大船林道を歩けばワタナベソウとタマガワホトトギスが見られるかもと思いつつ、今日の登山口は吉部にする。今回は有料駐車場には停めず路肩に駐車した。 
e0272335_3543394.jpg
吉部から坊がつるに行くコースはここの登山口を含めて3箇所あるようだ。ここに至るまでワタナベソウの花が咲いていることを確認できた。
e0272335_3584641.jpg
大船林道を淡々と歩くも心の中は早くタマガワホトトギスのある場所に着かないかであった。
e0272335_484569.jpg
ヤマブキショウマも点々と咲いていたが心はやはりワタンベソウ。
e0272335_485887.jpg
ワタナベソウロードと勝手に名付けたくなる。
e0272335_491613.jpg
淡い黄色が優しさを感じさせてくれた。
e0272335_493011.jpg
ここはワタナベソウの群生地だった。
e0272335_421859.jpg
タマガワホトトギスとの最初の出会いはまだ蕾であった。まだ早いのかなと思いつつ歩いていると。
e0272335_423538.jpg
一輪のみだが咲いていた。この開花を見ることができたのでこの後の行動コースを変更する事になった。
e0272335_4234351.jpg
タマガワホトトギスの群生。今季は一輪で満足する事にした。
e0272335_4334313.jpg
ヤマブキショウマの蕾。
e0272335_4335645.jpg
開き始め。
e0272335_435657.jpg
満開のヤマブキショウマがとても賑わっていた。
e0272335_4532487.jpg
沢の音や野鳥の鳴き声が心地よく聞こえてくる。当初はバイカツツジを見るため平治岳に登ろうと考えていたが、タマガワホトトギスに会えた嬉しさがヤマオダマキに飛び火した。そういうことで坊がつるを目指す事にした。
e0272335_4585382.jpg
三俣山が見え出すと坊がつるはもう少しだ。それにしても青空が素晴らしかった。
e0272335_563556.jpg
ベンチで一休みしながら三俣山を仰ぎ見る。すっかり夏山だった。それにしても今日は登山者が少ない。坊がつるを見渡すと誰一人歩いていなかった。
e0272335_511753.jpg
今日一番の嬉しさはやはりヤマオダマキかな。自宅のオダマキは淡い紫だがヤマオダマキは色合いがとても魅力的。ヤマオダマキの奥の山は白口岳。
e0272335_5174251.jpg
この色合いが素敵ですね。
e0272335_520950.jpg
満足、満足。
e0272335_7553682.jpg
エゾミゾハギはまだ2から3輪の開花だった。
e0272335_7555683.jpg
イブキトラノオも花ざかり。
e0272335_821879.jpg
テントひと張りの淋しいキャンプ場。平日、しかもこのところ雨続きで登山者も少ないようだ。
e0272335_7573042.jpg
さて、平治岳に向かうか大船山に登るかで迷ったが時間はまだ9時。しかも今日は山歩きをまだしていなかったので大船山に登る事にした。
e0272335_7563374.jpg
静かな山中を一歩一歩登る。額からは汗が滲み出てくるが木々が陽射しを遮ってくれるので大助かり。立中山分岐点に辿り着くも段原まであとひと頑張りだ。
e0272335_8111471.jpg
展望所で息を整える。青空であった空には雲がかかってきた。それにしても九重の山々は素晴らしい。
e0272335_814755.jpg
登山道にはヤマブキショウマがいっぱい咲き誇っていた。
e0272335_8162627.jpg
段原に着くまで登山者との出会いはゼロ。
e0272335_8184952.jpg
段原から山頂に向かう途中にでやっと2名で下山しているお方と出会う。そして、山頂で休憩中していたら岳麓寺コースから1名の男性者が登ってこられた。
e0272335_8245820.jpg
さて、下山コースは北大船山を通り、平治岳に登り北登山道でバイカツツジをと思っていた。当然、北大船山のオオヤマレンゲも気になるところであるが。
e0272335_8291749.jpg
先日登った由布岳はガスで霞んでいた。
e0272335_8303342.jpg
大船山からの眺望も素晴らしい。ガスがなくて本当に良かった。
e0272335_8324628.jpg
今日2つ目のピーク。ミヤマキリシマ咲く時期は賑わっていたのだが。
e0272335_8345015.jpg
ヤマブキショウマが多いのには驚く。
e0272335_8363561.jpg
オオヤマレンゲを発見。まだ咲いていた。
e0272335_8414376.jpg
森の貴婦人に会えて嬉しい。
e0272335_8423875.jpg
蕾、枯れたもの、見頃のものとそれぞれの変化があり、まだ楽しめそうだ。
e0272335_8463476.jpg
オオヤマレンゲを楽しみ大戸越に向かっている途中一人のご婦人と遭遇。男池から登ってこられたとお聞きした。お話をしていると平治岳北登山道の梯子を外して有るとの情報を得る。その場所にバイカツツジがあるのだが。
e0272335_852558.jpg
色鮮やかなシモツケが咲いていた。
e0272335_85474.jpg
ミヤマキリシマの面影はなく静かな夏山であった。
e0272335_8555569.jpg
先程登ってきた大船山。山頂の気温は26~27℃であった。
e0272335_90279.jpg
バイカツツジのある所まで慎重に降りてきた。一輪のバイカツツジを見付けてホットする。周囲を良く見ると沢山咲いていたが、足場が悪く近寄りがたい場所であった。
e0272335_904480.jpg
今年もこの場所でバイカツツジを見ることができ嬉しかった。これで今日予定したいた全ての花を見ることができた。
さて、情報を得ていたのである程度は覚悟していたがロープだけでは降りる自信がなく、仕方なく迂回することにした。
e0272335_985256.jpg
鞍部に辿り着き一安心。
e0272335_995634.jpg
平治岳・北登山口の標識。ここから林道歩き。
e0272335_9112821.jpg
この林道を歩くと大船林道に出る事に。
e0272335_9141057.jpg
この地点から大船山4合集材路に向かうと平治岳・北登山口があります。
e0272335_9161954.jpg
大船林道から沢筋の山道に向う。
e0272335_9182073.jpg
綺麗なヤマアジサイが咲いていた。
e0272335_9251877.jpg
この地点から駐車場までひと頑張り今日も良く歩きました。
e0272335_9243823.jpg
早朝男池から吉部に向かっていた時にツチアケビが咲いてるのを発見。帰路カメラに収めた。

《一口メモ》

 好天に恵まれたのが一番だった。是非見たいと思っていたヤマオダマキ、ワタナベソウ、バイカツツジとタマガワホトトギスに無事ご対面できたことも最大な喜び。また、今季3度目のオオヤマレンげも嬉しかった。


                                          以上
by tinnan1515 | 2015-07-03 21:30 | 山歩き | Comments(12)
Commented by ポンちゃん at 2015-07-03 22:02 x
こんばんは!
編集中なので、とりあえずコメント
ヤマオダマキ、群生が凄~い!!
Commented by tinnan1515 at 2015-07-04 03:27
ポンちゃんさん、おはようございます。
昨年、偶然出会ったヤマオダマキ。
今年も期待して出かけましたが、時期が少し遅かったような気もします。
でもこの群生には大いに満足致しました。
由布岳のヤマオダマキはもう開花していることでしょうね。
Commented by 悟空さん at 2015-07-04 09:30 x
おはようございます^^
こんなに綺麗なんですね~ヤマオダマキ
自分の目でいつか見たくなりました^^
ありがとうございます。
Commented by tinnan1515 at 2015-07-04 09:40
悟空さん、おはようございます。
ヤマオダマキの美しさに魅了され、今季も由布岳に出掛けましたがまだ蕾でした。
今回は大いに満足することができました。
群生も良かったですよ。
Commented by ポンちゃん at 2015-07-04 22:12 x
改めまして、こんばんは
こんな山歩きが出来たら、快心でしょうね!
羨ましい!
やはりお花のバックには青空がよく似合います。
ヤマオダマキの群生は、正に天恵でしたね。
それにしても、健脚でいらっしゃいますね。
タマガワホトトギスはまだ見たことが無いので英彦山も考えていますが、こちらも魅力的ですね。
Commented by tinnan1515 at 2015-07-05 05:30
ポンちゃんさん。おはようございます。
コクランを楽しまれたご様子。
茎の色が2種類あるとは初めてしりました。
私も今回は思い描いていた花に会えて嬉しかったです。
また、久し振りの坊がつるに心が浮き浮きでした。
おまけに天候も良くて幸いでした。
単調な林道歩きが長かったので体力は持続できたようです。
タマガワホトトギスの花模様は素敵ですよ。
是非、ご覧になってください。
Commented by 豊津の信ちゃん at 2015-07-05 09:55 x
目指したお花に出会えてよかったですね(^^♪
それにしても相変わらずのロング山行ですね。
これでは先日の歩きは物足りなかったことと思いますねぇ~
青空に映えるヤマオダマキ、素敵ですねぇ~~
私どもはお天気が悪いのを覚悟で、昨日お花散策でした^^
Commented by tinnan1515 at 2015-07-05 14:09
信ちゃん&俊ちゃんさん、こんにちは。
今回はワタナベソウ、ヤマオダマキ、バイカツツジ、タマガワホトトギスと目的の花全てを見ることができ嬉しかったです。
また、天候も良くて坊がつるを楽しむことができました。
最近雨が多く歩数が伸びていませんでしたので頑張りました。
花散策の結果が楽しみです。
そうそうヤシャビシャクは参考になりました。
Commented by furaibow581203 at 2015-07-06 04:05
おはようございます、うすきハッピーリタイアメントさん。
お目当ての花に出会えて良かったですね、しかも絶好の青空。
羨ましいです・・・。
さすがにこの時期の平治岳は人が少ないですね。
土曜は朝から雨だったのですね。福岡は昼前から雨になりました。
Commented by tinnan1515 at 2015-07-06 05:34
風来坊さん、おはようございます。
梅雨の合間を縫って坊がつるを歩いて来ました。
青空が広がる夏山とても素晴らしかったです。
お目当ての花全て見ることができラッキーでした。
特にヤマオダマキの群生は見事でした。
ミヤマキリシマで賑わった平治岳は静かな眠りについている様でした。
三日連続の雨になりそうです。
Commented by higetias at 2015-07-06 22:47 x
うすきさん、こんばんは。
花を求めての長丁場、相変わらず凄いの一言です。
ワタナベソウ、ヤマオダマキに加えてタマガワホトトギス、森の貴婦人、バイカツツジ等々由布のリベンジ以上の成果でしたね。
平治北登山道の梯子は外されているんですか? 大変ですね~。
Commented by tinnan1515 at 2015-07-07 05:02
higetiasさん、おはようございます。
お花は自分でもビックリするほどの成果でした。
淡い期待が目の前に現れる瞬間はとても嬉しかったです。
頑張って歩いて良かったです。
梯子が外されている情報を途中でお聞きしていましたので、心構えは出来ておりましたが、ロープつたいに降りることができませんでした。やむなく迂回した次第です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー