山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
ポンちゃんさん、おはよう..
by tinnan1515 at 08:40
おはようございます、うす..
by ポンちゃん at 08:18
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:02
おばんちょさん、おはよう..
by tinnan1515 at 07:55
jinashiさん、おは..
by tinnan1515 at 07:44
おはようございます、うす..
by 風来坊 at 03:53
はじめまして。御池と、今..
by おぱんちょ at 23:22
40分ほどのニアミスでし..
by jinashi at 18:06
悟空さん、おはようござい..
by tinnan1515 at 07:56
のんびり夫婦さん、おはよ..
by tinnan1515 at 07:51
メモ帳

桔梗の花 咲く時ぽんと 言ひそうな!   

2015年6月25日  木曜日    

 朝の目覚めがサッパリであった。昨晩熟睡できなかったことが要因であるが、こんなに気分がスッキリしない起床は珍しいことである。梅雨の真っ只中、体調管理が難しい。

 今日は雨かと思っていたが雨が降りだしたのは夕方からだった。体を動かしたいのだが気力が湧かず、ついついテレビの前に座る時間が長かった。でも、目標の読書冊数がクリアー出来たので良かったと思っている。

 そろそろ山虫が騒いで来たのだがこの天候ではどうにもならない。その前に今日の生活態度を見直すことが先かな。
 
1、自宅の花
1)桔梗
e0272335_1913057.jpg
秋の七草のひとつ。秋の花のイメージがありますが、開花時期は夏。
もう少しでひらきそうな蕾。こんな俳句に出会いました。 明日あたりポンと言ってくれそうだ。
  
     桔梗の花 咲く時ぽんと 言ひそうな   加賀千代女 

2)仲睦ましく
e0272335_19103226.jpg
トカゲが2匹。小さなトカゲが大きいトカゲを追っていたようだ。

2、読めそうなのに読めない漢字の本  日本の常識研究会(編)
● 簡単そうで読めない漢字
【問題】
1)遮る 2)折板 3)香具師 4)脚立 5)祝言 6)誰何 7)庇う 8)庇
9)譬え 10)鑑 11)薬缶 12)素面 13)縞 14)巫女 15)饒舌
16)諌める 17)拘る 18)一入 19)灰汁 20)鋏 21)気色ばむ
                                            
【答】
1)さえぎる 2)へぎいた 3)やし 4)きゃたつ 5)しゅうげん 6)すいか
7)かばう 8)ひさし 9)たとえ 10)かがみ 11)やかん 12)しらふ 
13)しま 14)みこ 15)じょうぜつ 16)いさめる 17)こだわる 18)ひとしお
19)あく 20)はさみ 21)けしきばむ

*折板…杉や檜の材を薄くはいだ板。「剥板」とも書く。
*気色ばむ…ムッとした感じが顔にでる、機嫌が悪くなること。

 《今日の小さな歓び》
 
  折板の読みが分かったこと

                                          以上
by tinnan1515 | 2015-06-25 20:00 | 思いのままに綴る日記 | Comments(4)
Commented by 豊津の信ちゃん at 2015-06-25 21:08 x
こんばんは。
桔梗は今にもポンと弾けそうですね。
早いですねぇ~~
いったい何種類のお花が植わっているのでしょうか~?
Commented by furaibow581203 at 2015-06-26 04:51
うすきハッピーリタイアメントさん、おはようございます。
信ちゃんさんのコメントの通りです(笑)
お屋敷のようなご自宅ではと思っています・・・。
キキョウが咲く瞬間、一度でも見てみたいです。
俳句、キキョウの蕾を良く詠んでいる良い句ですね。
Commented by tinnan1515 at 2015-06-26 05:25
信ちゃん&俊ちゃんさん、おはようございます。
雨の多い中でもお花たちは元気に育っているようです。
桔梗が今にも咲きそうで大きく膨らんでいました。
平尾台に咲く桔梗はもう間もなく開花でしょうか。
正確な数は分かりませんが50種類前後だとおもいます。
Commented by tinnan1515 at 2015-06-26 05:38
風来坊さん、おはようございます。
小さな家で庭は猫の額ほどです。
花は鉢、プランタ等を中心にごちゃごちゃと植えております。(笑)
桔梗の膨らんだ蕾が印象的でしたので、桔梗を詠んだ俳句はないかと調べていましたら、加賀千代女さんの句に出会いました。この句を知ることができ嬉しかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 出会いは「出会い」の不思議・河... 今日も懲りずに里山歩き! >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧