山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

平治岳・北大船山・大船山&三つのサプライズ!

 5月20日時点の平治岳のミヤマキリシマはほんの一部開花、あとは殆ど蕾状態であった。ミヤマキリシマと言えば平治岳の満開時が特別な思い出がある。今回は時期を外したと思いつつ再度平治岳に挑戦することにした。天候も今日が晴れマークだった。 
 
 行動記を報告する前に今日の三つのサプライズを述べてみたい。 

《サプライズ序章》
 山行時の朝食、昼食の食料は臼杵のセブンイレブンで購入する。午前4時30分にセブンイレブンに入ると自分の名前を呼ばれた。この時間帯に誰だろうとお顔を拝見するとなんと元会社の先輩であった。何事かと尋ねると魚釣りに行くという事であった。やぁ~いろいろあるなと思いながら男池に向かった。

《サプライズその1》 
 今日の男池駐車場は平日なのに車の多いことにビックリ。目的はミヤマキリシマでしょう。今日は天候も良いので絶好の山日和になることでしょう。
 6時過ぎのスタートを考えていたが自宅を出るのが遅れて6時40分のスタートであった。スタート後10数分経過後、ご婦人3名様に追いつく。その中のお一人から五家荘縦走で一緒であった人ではないかと尋ねられた。あっ!なんと五家荘縦走で一緒に歩いた人ではありませんか。もう超ビックリでした。男性の顔は忘れてもご婦人のお顔は忘れる事はありません。(笑)但し、お名前は承知してなく失礼致しました。後でお聞きすると大城さんでした。
e0272335_19535124.jpg

e0272335_1954822.jpg

 皆さん、健脚ぞろいで付いていくのに精一杯。お陰さまで楽しい山行と良き思い出が残せそうです。ありがとうございました。

《サプライズその2》
 森の貴婦人のその後が気になり大戸越から北大船山に向かった。途中で貴婦人を観賞するも貴婦人はまだ眠りについておられた。前回はここで下山したが、今日はミヤマキリシマを求めて山頂を目指した。山頂に着くとなんとなんと”花とおじさん”のいーさんではありませんか。これまたビックリ。しばし、お話をして別れました。

《サプライズその3》
 北大船山から大船山に向かっていたらすれ違い時に声をかけられた。”行縢山でお会いしませんでしたか”あっ!行縢山でササユリの場所を教えて頂いたお方だ。その節はありがとうございました。山登りの醍醐味はこんな一面もあるようだ。握手をさせて頂きお別れをした。

 さて、今日のミヤマキリシマは
e0272335_20174548.jpg
平治岳下山時、三俣山を眺める。
e0272335_20232972.jpg
北大船山手前の登山道から大船山の山容を背景に。
e0272335_2025533.jpg
先日、由布岳から鶴見岳を縦走した事を思い浮かべながらミヤマキリシマを観賞する。北大船山登山道より。
e0272335_20284199.jpg
くじゅうの山々。米窪登山道より。
             
                      記

【山行日】2015年6月4日 (木曜日)  晴れ
【山行先】平治岳(1643m)&北大船山(1706m)&大船山(1786.2m)   
【山行者】単独 
【行動コース】男池P(6:40)~かくし水(7:03)~平治岳直登分岐点(7:24/7:30)~平治岳(8:45/9:15)~大戸越(9:45)~北大船山(10:47/10:56)~段原(11:00/11:10)~大船山(11:36/12:00)~段原(12:25)~岳麓寺・黒岳・風穴分岐点(13:22)~ソババッケ(14:15)~男池P(15:00)
【行動時間】8時間20分(休憩時間含む)
【行動記録】
 今日の平治岳のルートは直登コースと決めていた。花が咲いていたが撮影せずにソババッケ手前まで懸命に歩く。
e0272335_20391957.jpg
直登コースはやはりきつい。息を切らし休みながらやっと山頂に。今日の山頂は既に賑わっていた。ミヤマキリシマは?
e0272335_20523995.jpg
山頂から眺めるお気に入りの光景はやはり三俣山。天候が素晴らしくまんぞく、まんぞく。しかし、ミヤマキリシマは既に終盤の様相を呈していた。
e0272335_20554193.jpg
でも、綺麗なミヤマキリシマもところどころ残存していた。
e0272335_20591513.jpg
平治岳の斜面を下りて行くと。やゃ期待薄だった。
e0272335_430106.jpg
坊がヅルも久しく歩いていないがいつになることでしょう。山オダマキが咲く時期には絶対に歩きたい。
e0272335_4354811.jpg
部分的にはまだまだ綺麗なミヤマキリシマ。
e0272335_4385480.jpg
ここの光景が好きなのだが残念であった。
e0272335_442487.jpg
下り専用の登山道で男性の方が写真を撮られていたので自分も。白色のミヤマキリシマに会えてとても嬉しかった。
e0272335_4455074.jpg
大勢の登山者の方々が一休み。さて、ここからどの方向に?迷わずに”森の貴婦人”のその後の観察であった。
e0272335_4481581.jpg
蕾が膨らんで来ていたがまだ硬い蕾。開花までにはあと10日程?
e0272335_450464.jpg
北大船山登山道から平治岳を眺めると登り・下りの登山道は人人であった。
e0272335_4524185.jpg
色鮮やかなミヤマキリシマ。このようなミヤマキリシマが一面に咲いていると嬉しいのだが。
e0272335_4572480.jpg
ここにも見頃なミヤマキリシマが。涌蓋山にもしばらく登っていないなぁ。迫力満点の三俣山、また直登コースに挑戦してみたい。
e0272335_504514.jpg
いーさんに出会った北大船山。この時期には流石に登山者が多い。
e0272335_532928.jpg
ついに段原までやってきました。ここも休憩中の方々で大賑わい。標識がオニューになっていますね。ここまで来れば大船山に。
e0272335_562525.jpg
段原から北大船山を見上げると。
e0272335_582626.jpg
段原から大船山を見上げると。
e0272335_595347.jpg
北大船山の見事な光景も見ることができ満足。池には水が溜まっていた。
e0272335_5121597.jpg
今日の素晴らしい好天気に感謝。心が晴れ晴れになった。
e0272335_5135466.jpg
大船山に辿り着く。
e0272335_5155316.jpg
御池は緑に被われていた。紅葉や霧氷の時期には降りていくのだが今日は山頂から眺めるだけであった。
e0272335_518198.jpg
霞んでいるものの阿蘇山と根子岳ははっきりと見えていた。
e0272335_5201477.jpg
山頂からもう一度北大船山の光景を。
e0272335_5222717.jpg
丁度お昼前。今日のメニューは冷やし中華とお握り1個。果物はオレンジであった。甘酸っぱい冷やし中華が体に潤いを与えてくれた。お腹を満たしたあとは下山である。さて、ルートは今水ルートからは体力が持たない。大戸越ルートのピストンは避けたい。そうなると米窪ルートの選択肢になった。
e0272335_5323669.jpg
段原から風穴コースへ。
e0272335_5341861.jpg
北大船山を眺めながら米窪ルートのミヤマキリシマロード歩くが結構厳しいものが。両脇のミヤマキリシマに用心用心。
e0272335_5371848.jpg
ミヤマキリシマ観賞しながら狹い登山道歩きがしばらく続いた。
e0272335_5394295.jpg
しかし、このような素晴らしい光景を見られ心が和んできた。
e0272335_541518.jpg
大船山の崩壊地と米窪。
e0272335_5442495.jpg
米窪からお別れし下山していると黒岳の天狗岩と高塚山が見える地点まで下山した来た。急な下りなので神経をすり減らす。
e0272335_5493746.jpg
でもところどころに咲いているヨウラクツツジに助けられた。
e0272335_551214.jpg
このルートの登りは難儀しますね。
e0272335_5524147.jpg
ここの分岐点から黒岳・風穴を目指す。
e0272335_5542410.jpg
風穴に到着。ソババッケまで一頑張りだ。
e0272335_5561598.jpg
ソババッケから風穴の間にある大戸越へのルート。
e0272335_559065.jpg
やっとソババッケに到着。そういえば直登コースのルートからかなり赤テープがなくなっているのに気づいたのだが。圧巻だったのは山頂付近の吉部ルートとの分岐点にあった赤テープが綺麗に取り除かれていた事だ。一度この赤テープを見逃し苦労しながら男池にたどり着いたことが思い出された。色々な考えをお持ちの方がおられるのは良いのだが、山は共有できると有難いと思う。
e0272335_8243615.jpg
バイケイソウもチラホラと開花していた。五家荘の山に群生していたバイケイソウが蘇ってきた。開花時期は見事な光景だろう。
e0272335_8271731.jpg
長い山歩きも無事終えることができそうだ。駐車場までもう少し。(笑)

《一口メモ》

 山での出会いは本当に嬉しいものですね。喜びを頂くことにより心が満たされ体も元気になるようです。
そして、素晴らしい天候に恵まれたことに感謝です。


                                              以上
by tinnan1515 | 2015-06-04 21:00 | 山歩き | Comments(6)
Commented by furaibow581203 at 2015-06-05 05:32
うすきハッピーリタイアメントさん、おはようございます。
昨日は良い天気でしたから、良かったことでしょう・・・。
羨ましい・・・。こんな天気の日は山に限りますね(笑)
いーさんはまた行かれたのですね。
皆さん、昨日の天気を逃さずに・・・。
Commented by kabuto1952 at 2015-06-05 06:04
おはようございます。昨日はお疲れ様でした。ビックリしました(笑)最初に宮崎のOさんに気がついて挨拶しましたら、その横にうすきさんとは!!!(笑)しかし元気ですね~。あの縦走のすぐ後に平治~大船とは凄い行動です。私は虫害の為にキリシマの景色は今年が最後になるだろうと思って?見納めに行ったつもりです。お互いに素晴らしい景色を楽しめて良かったですね。今朝はいよいよかかとの痛みがひどくなって爪先立ってしか歩けない状態です。何とか明日の由布岳までは辿り着きたいと考えていますが、病院通いに突入しそうです。下山後に花の場所には行かれませんでしたか。可憐に咲いていましたよ。
Commented by tinnan1515 at 2015-06-05 11:00
風来坊さん、おはようございす。
この日がチャンスだと思いミヤマキリシマ観賞に出掛けてきました。素晴らしい天候に恵まれ最高でした。
ミヤマキリシマは風来坊さんが登られた時の方が良かったのではないでしょうか。
北大船山でいーさんにお会いしビックリ。
いーさんの行かれるところに花有りでした。
Commented by tinnan1515 at 2015-06-05 11:10
いーさん、おはようございます。
またまたのサプライズでしたね。
お陰さまで喜びと感動を頂きました。
年寄りの空元気で花詣でに励んでいるところです。
天候が良くてミヤマキリシマを楽しむ事ができました。
踵の状態が早く完治すると宜しいですね。
余り無理をなさらないで下さい。
イナモリソウ、ウメガサソウはいーさんのブログで観賞させて頂きました。
もう花の咲く場所に行く力は残っておりませんでした。(笑)
Commented by 山たーちゃん at 2015-06-06 20:16 x
こんにちは 同じ日に行かれてましたね。お会いできずに残念でした。でも写真から同じところで感動したことが伺えます。またどこかで会えますように。
Commented by tinnan1515 at 2015-06-07 05:17
山たーちゃんさん、おはようございます。
同日、平治岳・大船山方面でしたか。
それはそれは残念なことでした。
今年もミヤマキリシマに癒されました。
山たーちゃんさんとのサプライズが楽しみです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー