山に癒されて


山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。
by tinnan1515
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のコメント
信ちゃん&俊ちゃんさん、..
by tinnan1515 at 07:31
うすきさん、こんばんは。..
by 豊津の信ちゃん at 21:11
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:54
おはようございます、うす..
by 風来坊 at 06:29
いーさん、こんにちは。 ..
by tinnan1515 at 16:06
うすきさんおはようござい..
by kabuto1952 at 10:13
風来坊さん、おはようござ..
by tinnan1515 at 08:22
うすきハッピーリタイアメ..
by 風来坊 at 07:08
higeさん、こんにちは..
by tinnan1515 at 16:20
うすきさん、こんにちは。..
by higetias at 10:59
メモ帳

由布岳から鶴見岳縦走!下山時船底新道分岐でサプライズ!

 週末から五家荘縦走に参加の予定。計画書によると土、日の二日間ともロング山行である。体力にやゃ不安を感じたので訓練とミオヤマキリシマ観賞を兼ねて由布岳から鶴見岳縦走を試みた。

e0272335_1852126.jpg
由布岳のミヤマキリシマは2~3分咲き。鶴見岳山頂は見頃であったが、一部すでに枯れかかっているものもあった。

                          記

【山行日】2015年5月26日 (火曜日)  晴れ
【山行先】由布岳西峰(1583.5m)&鶴見岳 (1374.5m)   
【山行者】単独 
【行動コース】正面登山口(5:00)~合野越(5:40/5:45)~マタエ(6:55/7:00)~由布岳西峰(7:18/7:40)~塚原コース分岐点(8:00)~塚原ルート登山口(9:20)~登山道入口(9:50)~由布岳東登山口(10:00)~鶴見岳西登山口(10:15/10:30)~船底新道分岐点(11:10)~西の窪(11:15/11:20)~馬の背(11:36)~鶴見岳(11:55/12:40)~西の窪(13:05)~由布岳東登山口(13:48)~車で正面登山口まで移動。
【行動時間】8時間48分(休憩時間含む)
【行動記録】
 由布岳正面登山口のスタート時間を午前5時過ぎを計画していたので 昨晩の就寝時間は19時30分前だった。
e0272335_19122743.jpg
正面登山口を午前5時スタート。今朝の由布岳はガスもなくはっきりと山容が確認できた。
e0272335_19164266.jpg
定点地点から写真を撮っていると近くに鹿が食事をしていた。
e0272335_19182218.jpg
合野越に着く頃にはすでに汗が滲み出してきた。早くも喉を潤す。山頂まで1時間15分である。
e0272335_19224396.jpg
飯盛ヶ城が朝日に照らされていた。倉木山、その右奥はくじゅう連山だ。
e0272335_19274686.jpg
由布岳山麓に咲いていたミヤマキリシマ。
e0272335_19285811.jpg
マタエに着くと西峰から若い男女のペアが降りられてきた。ご来光登山ではなかったようだ。今日は西峰から塚原ルートを歩いてみたいと思っていたので迷わず西峰に向かった。
e0272335_19354985.jpg
山頂付近のミヤマキリシマは一部の開花であった。見頃はやはり6月?
e0272335_19384312.jpg
山の斜面もこれからといった感じである。
e0272335_19413196.jpg
素晴らしい青空であったがやゃ霞んでいた。コーヒータイムでくつろいでいると鳥の鳴き声が。
e0272335_19442960.jpg
囀る前は体を膨らませているようだ。
e0272335_19595645.jpg
懸命に囀るウグイス。
e0272335_2035151.jpg
東峰をバックに。このミヤマキリシマは綺麗だった。
e0272335_209396.jpg
ピンクのミヤマキリシマ。遠くには涌蓋山もみえた。そこそこに咲いているミヤマキリシマに満足。
e0272335_20113327.jpg
山頂付近にはこんなに咲き誇っているミヤマキリシマもあった。
e0272335_20134778.jpg
西峰からお鉢巡りコースで東峰に向かう。
e0272335_20153177.jpg
お鉢巡りの鞍部から塚原ルートへ。
e0272335_20165086.jpg
鞍部からの塚原ルートは初めて。テープを確認しながら慎重に下る。
e0272335_20183717.jpg
途中でテープが途切れた所があったがそこをクリアーすればテープが再び出現、安心して下山できた。
e0272335_2023966.jpg
下山途中で展望が開けて地点から鶴見岳を見ることができた。鶴見岳まで歩けるかな?余りにも遠いのでふとそんなことを考えた。
e0272335_2026541.jpg
山の斜面には○○の群生が。
e0272335_2028915.jpg
塚原ルート途中までは歩いていたので後半は安心して歩くことができた。
e0272335_20304844.jpg
この地点が登山口である。
e0272335_20333375.jpg
林道歩きでこの標識をご参考に。
e0272335_20345883.jpg
由布岳の崩落箇所。
e0272335_20373468.jpg
単調な林道歩きであったがクモキリソウに出会えて気持ちスッキリ。
e0272335_2041779.jpg
ここから車道歩きで由布岳東登山口まで。暑かったなぁ。
e0272335_20425152.jpg
馬の背を経て鶴見岳を目指す。10時再スタート、気合を入れるものの少々体がだるい感じ。足が重たい。
e0272335_20464161.jpg
猪の瀬戸経由で城島高原のコースが新設されていた。
e0272335_2049285.jpg
鶴見岳西登山口。
e0272335_20504066.jpg
舟底新道分岐点。帰路、ここでサプライズがあるとは。
e0272335_20524855.jpg
西の窪から南平台へのコースもチラッと頭によぎったが、やはり鶴見岳を目指す事にした。
e0272335_20551630.jpg
馬の背から山頂まで一頑張りだ。
e0272335_2056303.jpg
チラホラとミヤマキリシマが見られる様になってきた。
e0272335_211556.jpg
由布岳を背景に。素晴らしい。
e0272335_2192951.jpg
鶴見岳山頂はミヤマキリシマ観賞で賑わっていた。
e0272335_21113924.jpg
満開見頃のミヤマキリシマ。しかし、すでに枯れかかっているものもあった。
e0272335_411540.jpg
あちこちとミヤマキリシマ巡り。由布岳を背景に。
e0272335_41386.jpg
とても鮮やかなミヤマキリシマに感激!
e0272335_4175615.jpg
鶴見岳に足を伸ばしてよかったなぁ。
e0272335_420696.jpg
花を愛でる時は一心不乱。(笑)
e0272335_42553100.jpg
色合いが異なるミヤマキリシマ。
e0272335_4273069.jpg
ピンクのミヤマキリシマも素晴らしい。
e0272335_4275843.jpg
由布岳からここまで縦走してきたことを思い浮かべながらそろそろ帰路の事を考える。御嶽権現社へ降りてバスで正面登山口まで移動も考えたが、バスの待ち時間を思うと日向観察路から正面登山口を目指すことにした。
e0272335_4281375.jpg
山頂でミヤマキリシマを堪能し鶴見西登山口を目指して下山開始。

《サプライズは船底新道分岐点で!》 

 鶴見岳への登りは陽射しが強いなか足がなかなか進まなかったが、下山時は山頂のミヤマキリシマに心が癒されれていたので心身とも軽やかな気分であった。
 西の窪まで順調に降り船底新道分岐点に降り立つと一人の男性登山者の方がおられた。なんだか思案中のご様子なので声を掛けて会話すると、由布岳を目指していたがこれから登ると帰宅時間に間に合わないので鶴見岳引き返すという事であった。
 そのような会話をしていると、船底新道の方向からなんとなんと信ちゃん&俊ちゃんさんが。もうビックリ、今日は会える運命の日であったようだ。
 北九州の方とここでお別れし、信ちゃん&俊ちゃんさんと楽しい会話をしながら下山することになった。その後、由布岳東登山口から由布岳正面登山口まで送って頂き大助かり。また、冷たいジュースまでおご馳走になる。とても美味しかったです。今日は大変お世話にありがとうございました。

《一口メモ》

 由布岳お鉢巡りの鞍部からの塚原ルートをいつかは歩いてみたいと思っていたが、”よっちゃんさんの山日記”を読みその思いが強くなり今日初めて歩いた。今回は下りであったが次は登りで挑戦してみたいと思った。
 

                                                以上 



《編集中》
by tinnan1515 | 2015-05-26 20:40 | 山歩き | Comments(10)
Commented by yamabakanikki at 2015-05-26 21:07
こんばんは~☆
 脊梁縦走楽しみですね~、ウスキさんなら全く問題ないでしょう~
 今時分は、ブナの新緑が最高かも!
 上福根山~七遍巡り&鳥帽子岳~国見岳~南平家山のルートは、格別だと思います。
 お天気だけが、心配ですね~
Commented by tinnan1515 at 2015-05-26 21:18
山馬鹿さん、こんばんは。
土曜日、日曜日と雨マークのようです。
ちょつと心配ですね。
初めての山ですから楽しみにしているのですが。
やはり体力が心配です。
Commented by furaibow581203 at 2015-05-27 06:50
おはようございます、うすきハッピーリタイアメントさん。
昨日は暑かった日でしたので、お疲れ様でした。
信ちゃんご夫妻とのサプライズ、良かったですね。
週末の天気が気になるところですが、気を付けて行ってらっしゃいませ。
〇〇はヤブレガサでしょうか・・・。
Commented by tinnan1515 at 2015-05-27 08:15
風来房さん、おはようございます。
とても暑い中の山歩き、水を沢山飲みました。
まさかと言うこともありますね。
肉まんさんのような劇的なサプライズではありませんでしたが、とても嬉しかったです。
週末はどうも雨のようですね。どうなることでしょうか。?
ヤブレガサありがとうございました。
斜面全体がヤブレガサで見応えがありました。
Commented by higetias at 2015-05-27 09:57 x
うすきさん、おはようございます。
塚原ルートを早速歩かれましたね。 素早い行動力を見習わなければ!
由布岳は随分長いこと歩いていませんが、いつか塚原ルートも歩いてみたいです。
昨夜は「正面登山口まで車で移動」とあったので朝の5時にどうやって正面登山口まで
行かれたのかと思っていましたが、今朝読んで謎が解けました(笑)
全く凄いサプライズでしたね! 下山後の冷えたジュースは病みつきです!(笑)
Commented by 豊津の信ちゃん at 2015-05-27 10:11 x
うすきさん、おはよございます。
まさか あんなところでお会いするなんて~~
ビックリでした。
前方でなんか聞き覚えのある声だなぁと思っていましたが・・・
週末はお天気が心配ですね。
我が家は孫の運動会なんですが~~?
Commented by tinnan1515 at 2015-05-27 18:59
higetiasさん、こんばんは。
今回は月末の五家荘縦走の訓練を兼ねての山歩きでした。
由布岳お鉢巡りの鞍部から塚原ルートは初めてでとても新鮮でした。
鶴見岳西登山道の舟底新道分岐点で信ちゃん&俊ちゃんさんとの出会いにはビックリでした。
由布岳東登山口から日向観察路歩きを覚悟しておりましたが、とても助かりました。
昨日は水分補給が今までの倍、冷たいジュースには癒されました。
Commented by tinnan1515 at 2015-05-27 19:05
信ちゃん&俊ちゃんさん、こんばんは。
昨日の舟底新道分岐点では超ビックリでした。
道中とても楽しかったです。
正面登山口ま送って頂きありがとうございました。
週末は雨天決行のようですが、気合を入れて頑張ります。
お孫さんの運動会を楽しんでください。
Commented by 別府男 at 2015-06-02 08:37 x
以前、山のベテランさんから「塚原ルートにはテープを剥ぐ人が居る」と聞いた事がありました
記事の中に「テープが途切れた場所」という書き込みを見て
昨日確認しに塚原ルートを歩いたんですけど、やっぱり中間地点のテープが剥がされてました(新たなテープも付いてた)
初めて歩く人は注意が必要
Commented by tinnan1515 at 2015-06-02 12:30
別府男様、こんにちは。
由布岳お鉢巡り鞍部からの塚原ルートは今回が初めてでしたので、踏み跡とテープを確認しながら歩きましたが、途中分かりづらい所をクリアーすればあとは大丈夫との情報を得ておりましたのでなんとか無事に下山することができました。
塚原ルートはまた歩きたくなるコースでした。
私にはテープがあると非常に助かります。
テープを剥ぐ人には何か意味があるのでしょうね。








名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 佐賀関までロードバイクで走る! もみじ葉ゼラニュームを植える! >>


最新のトラックバック
http://venus..
from http://venusgo..
http://venus..
from http://venuspo..
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
箱根・山のホテル
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧