山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

花牟礼山登山道でサプライズ&男池散策を楽しむ!

オキナグサ(翁草)を見たくて花牟礼山に出かける事にした。幸い今日の天候は晴れマークだ。自宅午前4時過ぎに出発したが空には星一つも輝いていなかった。

 登山口に向かう時はどうしても浮き浮きした気分になるのだが。この時はサプライズが起きるとは全く予想していなかった。
 
今日の感動はこの花でした。
e0272335_2025098.jpg
今季二度目の福寿草だが登り詰めて遭遇したことが嬉しかった。まさかこの山中に自生しているとは。
e0272335_203504.jpg
まだ蕾が沢山あった。


                          記
  
【山行日】2015年4月11日 (土曜日)  曇のち晴れ
【山行先】花牟礼山(1170.3m)&男池散策
【山行者】単独
【山行コース】
林道路肩P(6:25)~展望台(7:30)~花牟礼山 (7:45/7:50)~ながみず山1250m地点(8:45/9:15)~分岐点9:45~林道路肩P(11:00)
【行動時間】4時間35分(休憩時間含む)
【行動記録】
1、花牟礼山
e0272335_20545176.jpg
本日のスタート地点はここの林道路肩より。
e0272335_2164359.jpg
空は雲に覆われている。林道を黙々と歩く。
e0272335_21105589.jpg
この地点から本格的な山路歩きとなる。
e0272335_21123370.jpg
展望台に着くが何も見えない。
e0272335_21155568.jpg
花牟礼山にたどり着くが目的の花には出会えなかった。おまけにガスで眺望はゼロ。
e0272335_21193679.jpg
霊峰花牟礼山の説明である。
e0272335_21212448.jpg
このまま下山するのは物足りなくながみず山に向かうことにした。分岐点から下って行くと雨で濡れていた熊笹をかき分けながら歩くので衣服が濡れだした。慌ててレインウエアの上下、ザックカバーと防水対策を取る。自分の背丈を超す熊笹が済んだと思いや登りではスズタケのトンネルをであった。登っても登っても続くトンネルには閉口した。トンネルから抜け出し稜線に着くとホットした。しかし、四方はガスに被われて何も見えない。ただ山路を歩くだけであった。そして、最初のピーク地点にやっと辿り着いた。
e0272335_4335587.jpg
この地点に着くとなんと熊笹の中に黄色の蕾が点々と。なんと福寿草ではないか。
e0272335_4372262.jpg
可愛い蕾が一人ぽっち。
e0272335_4374383.jpg
こちらは仲良く寄り添っていた。
e0272335_4382679.jpg
雨で萎んだのか、これから開花するのだろうか。なんと素敵な蕾だろう。
e0272335_4412095.jpg
この葉っぱは何の花。

思わぬ福寿草との出会いにすっかり舞い上がり、この先に進むことを放棄してしまった。何しろガスで山の姿が見えないことも理由だったが。そういうことでながみず山は未踏に終わってしまった。下りのスズタケのトンネルは滑るので難儀した。
下山時分岐点に着くと登山者と出会う。ながみず山に向かわれると云う事であった。ここからの下山はスズタケに悩まされることはなく、淡々と歩いていると登山者の方が多いのにビックリ。10数名の方とお会いしたようだ。
e0272335_593125.jpg
広い山路の山際にふと目をやるとなんとツチグリが飛び込んできた。登り時には全く気がつかなかったが、この後は至るところにツチグリがあった。

 この時間帯になると青空も見え出しルンルン状態で歩いていると一人の男性登山者が目に入る。数メートル前になるとなんとなんと、肉まんさんの送別会でお会いした”ヤマゴエさん”だった。なんというサプライズだ。一度にテンションが上がってしまった。 しばし会話が弾み、嬉しい出会いであった。

 ”ヤマゴエさん”は明日の鶴見一気登山に参加されるので今日は足慣らしとという事であった。それにしても強靭な足をお持ちだ。
e0272335_5285177.jpg
満たされた気分で下山開始。登りの時に撮らなかった黄すみれを1枚。
e0272335_5333732.jpg
こちらの白いすみれは
。○○すみれ。
e0272335_5351641.jpg
花の形に特徴があるジロボウエンゴサク。 
e0272335_541355.jpg
若葉と山桜のコントラストがとても素晴らしい。幸せな気持ちに浸ることができた。
e0272335_5441792.jpg
林道の最終地点には登山者の方の車が。自分もここに停めるつもりだったのだが途中の広場に停めた。
e0272335_5512347.jpg
ヒメオドリコソウ。
e0272335_5514236.jpg
ミミガタテンナンショウ。よく見ると昆虫が1匹。
e0272335_552228.jpg
仲良く同じ方向を見ていた。

2、男池にて花散策
 移動中、今日はどのような花に出会えるか楽しみだった。大方はいーさんのブログ拝見していたのだがやはり現地で直に見ることが一番だ。駐車場にはかなりの車が停めてあった。
e0272335_7493964.jpg
花散策する前に先ずはおいちゃん家にて昼食。食べかけていたうどんを慌てて写真を撮った。山菜の天ぷらが美味であった。

1)名水の滝コース
e0272335_884561.jpg
古処山でも見たけど男池にも所狭しとあちこちに咲いていた。シロバナネコノメソウのマッチ棒のような赤がとても素敵だ。
e0272335_8132542.jpg
ハルトラノオは初めて見る花。川べりに咲いているハルトラノオがとても雰囲気が良かった。
e0272335_8171167.jpg
「ハルトラノオ(イロハソウ)(春虎の尾)」は3月~5月に咲くタデ科の花。
e0272335_823221.jpg

e0272335_824591.jpg
○○すみれ。
e0272335_8282044.jpg
あっみっけた!シロバナエンレイソウ。でもなんだか元気がなさそうな姿だった。
e0272335_8411633.jpg
今季お初のヤマルリソウに出会えてまんぞくまんぞく。淡い紫系の花だった。
e0272335_8363656.jpg
やゃ白っぽいヤマルリソウだったが、雨のとばしりで汚れていた。
e0272335_8405269.jpg
見ごたえのあるフデリンドウだった。それにしても花のオンパレードで楽しいやら嬉しやらで花に夢中であった。
e0272335_8463289.jpg
淡いピンクの○○すみれ。葉の形も覚えなくては。
e0272335_8484125.jpg
こちらはヤマエンゴサク?
e0272335_8525978.jpg
昨年、信ちゃんから教えて頂いたサバノオ。なんと可愛いことか。
e0272335_857864.jpg
コガネネコノメソウもいっぱい咲いていた。
e0272335_8595111.jpg
こんなところにオオキツネノカミソリの群生地があるとは。名水の滝コースを歩いて良かった。
e0272335_922713.jpg
ヒトリシズカさんが一人で静か佇んでいた。
e0272335_94857.jpg
こちらは二人で仲良く。カップルかなぁ?
e0272335_951593.jpg
みんなで仲良く整列していたヒトリシズカ。
e0272335_97382.jpg
ユキザサには花芽が付いていた。
e0272335_10593019.jpg
名水の滝に到着。湧水もここに流れ落ちているのだ。
e0272335_1123556.jpg
このヤマルリソウは素敵だった。

2)かくし水コース
 途中でカメラバッテリーがなくなり駐車場に引き返し予備のバッテリーと交換。その後かくし水を目指した。
e0272335_1173488.jpg
おいちゃん家の水場に咲いていたイワヤツデ。ユキノシタ科 イワヤツデ属で別名:タンチョウソウ。初めて見る花だった。
e0272335_1240331.jpg
イチリンソウはまだ蕾であった。
e0272335_11154197.jpg
男池を歩く時に目にする巨根は圧巻だ。
e0272335_11251754.jpg
ミツバコンロンソウもお初だった。何しろ嬉しいばかりだった。
 
e0272335_11271362.jpg
ユキザサも兄弟仲良く咲いてくれることだろう。
e0272335_1128508.jpg
自然の景観も素晴らしい。
e0272335_12423127.jpg
若葉薫る季節到来。自然は最高だ。
e0272335_11322064.jpg
高く聳え立つ巨木。
e0272335_11355638.jpg
岩の上に密生していたハルトラノオ。壮観だった。
e0272335_1156495.jpg
シロバナエンレイソウ見っけ。上から眺めるとこのような姿であった。
e0272335_12191616.jpg
花の中も確認しておこう。
e0272335_12215947.jpg
ツルシキミの花
e0272335_12223441.jpg
みかん科だから香りが良いのか。
e0272335_12251699.jpg
雪割りざくらの蕾がまだあるとは。
e0272335_12262240.jpg
今日の散策はかくし水まで。
e0272335_12275341.jpg
まだまだ楽しめる。フウロケマンが。
e0272335_12294610.jpg
ここのヒトリシズカが一番群生していた。
e0272335_123259.jpg
微妙に色合いが違うヤマルリソウ。淡いピンク系。
e0272335_12331410.jpg
淡いホワイト系。
e0272335_12335016.jpg
淡いブルー系。
e0272335_12352122.jpg
ここには山芍薬の蕾が。今年は是非、紅花山芍薬と出会いたい。

《一口メモ》
 ながみず山に未到達であったが、下山時にヤマゴエさんとの遭遇はとても嬉しかった。そして、男池の花散策では心ゆくまで花を楽しむことができた。ご機嫌な一日であった。今日も山に感謝。

                                           以上
by tinnan1515 | 2015-04-11 21:20 | 山歩き | Comments(8)
Commented by ミーコ at 2015-04-12 07:00 x
おはようございます。
花牟礼山・・・昨年秋に7~8年振りに登ったのですが山頂の木々も大きくなり展望が無く登山道はスズタケが背丈以上に・・・福寿草が咲いて、4月に見れるのは飛岳でした。
花牟礼山でも楽しめるのですね。
(奥様お大事に)
Commented by tinnan1515 at 2015-04-12 14:49
ミーコさん&サスケさん、こんにちは。
大分県の山で、この時期に福寿草が見られることを初めて知りました。
花牟礼山から”ながみず山”に向かう登山道はスズタケのトンネルでビックリでした。
ありがとうございます。短い期間ではありますが主夫業再開予定です。
Commented by higetias at 2015-04-12 17:27 x
うすきさん、こんばんは。
昨日は花牟礼山と男池で花三昧だったんですね。
多くの花と出合えて花好きのうすきさんには至福の一日だったでしょうね。
この時期はどうしても九重から足が遠退いてしまい、おいちゃん家にも
まだ挨拶に行けないでいます。
記事を拝見して男池散策をしたくなりました。
Commented by 悟空さん at 2015-04-12 18:54 x
こんばんは^^
花牟礼山ず~~と行きたかった山でどう行けばいいのかまだわからないままで...いいなぁ~福寿草やいっぱいの花
やはり行かなければいきませんね^^
参考になりとても嬉しい気持ちになりました。
Commented by tinnan1515 at 2015-04-12 19:25
higetiasさん、こんばんは。
ながみず山の途中で自生している福寿草に出会った時は感激でした。また、男池の花散策では初めて見る花が多々あり、仰有るとおり至福のひと時でした。ヤマルリソウも十分に楽しむことができましたよ。
次は三度目の正直で翁草を楽しみたいと思っているところです。

Commented by tinnan1515 at 2015-04-12 19:42
悟空さん、こんばんは。
男池周辺には色々な花が咲いておりもう大満足、夢中で歩き回りました。男池の自然は良いですね。
花牟礼山登山口は御幸トンネルを目標にされたら分かりやすいと思います。
Commented by furaibow581203 at 2015-04-13 05:25
おはようございます、うすきハッピーリタイアメントさん。
花牟礼山懐かしいですが、なぜか濡れますね・・・。
土曜日は福岡も夕方までガスがかかって天気予報が外れました。
でも、サプライズがあり良かったですね。
花も沢山楽しまれて満足の一日だったことと思います。
Commented by tinnan1515 at 2015-04-13 09:05
風来坊さん、おはようございます。
花牟礼山は今回で3回目でしたがいずれも眺望は楽しむことができませんでした。
三度目の正直も自然相手ではどうにもなりませんね。
下山中にヤマゴエさんとお会いしました。
お互いに単独でした。(笑)
男池では花散策で大満足、良き一日でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー