山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

三度目にて佐渡窪のマンサクに会えた!しかし、カメラ忘れの大チョンボ!!

 佐渡窪のマンサク観賞に2度足を運んだがいずれも硬い蕾であった。最近、ブログにアップされるマンサクを拝見し、たまらず3度目のマンサク観賞に出掛ける事にした。

 今日は午前5時前に自宅を出たがいつもと変わらぬ行動だと思っていた。ところだが、くじゅうレゾネイトの駐車場で準備をしているとカメラのないことに気がついた。一瞬ガックリしたがどうすることもできない。気持ちを切り替えて佐渡窪に向かった。
 
                     記
  
【山行日】2015年3月24日(火)   晴れ時々雪
【山行先】白口岳 (1720m)&中岳(1791m)&稲星山(1774m)&鳴子山(1643m)
【山行者】単独
【山行コース】
くじゅうレゾネイトP(6:50)~くたみわかれ(7:07/7:15)~鍋割峠 (7:55)~佐渡窪(8:05/8:25)~鉾立峠(8:50)~白口岳(9:50/10:00)~中岳分岐点(10:10)~中岳(10:45)~避難小屋(10:55/11:15)~稲星山(11:45)~鳴子山(12:55)~くたみわかれ(14:10)~くじゅうレゾネイトP(14:35)
【行動時間】7時間45分(休憩時間含む)
【行動記録】
1、駐車場からくたみわかれ
 3月5日にこのコースを歩いてから19日経過しているが、登山道にはオオキツネノカミソリの芽吹きで賑わっていた。開花時期は綺麗だろうなと思いつつ歩いていると、「ホーホケキョ」のウグイスの鳴き声が聞こえてくる。春の感じを肌で感じるようになってきた。くたみわかれの山桜はと期待していたが枝先が僅かに変化している程度であった。やはり高地の山桜はまだ先の様だ。 駐車場の外気温は2℃であったが、くたみわかれに着く頃には汗ばむ程であった。衣服調整をおこない気合を入れて再出発だ。

2、くたみわかれから鍋割峠まで
 鳴子山の直登コースが気になったがここは今日の目的を優先する。山道の霜柱を踏みながら鍋割峠に。過去、山際が黄色に染まっている光景を見たことがあり、今回も様子を伺いながら歩くと少しばかり黄色の花を確認することができた。佐渡窪は期待できるかも知れないと足取りが軽くなった。

3、佐渡窪
 窪の山際は期待外れ、こうなると登山道から外れたあの場所のマンサクに期待するしかない。踏み跡を確認しながら慎重に歩いていくと捻れた花びらが開花していた。3度目の正直で喜びをかみしめることができた。白口岳を背景に写真を撮ることができないのが至極残念。でも、目的が達成できたので良かった。
e0272335_2136297.jpg
携帯電話で撮影したマンサク。青空が時折覗かせるのだが撮ろうとすると雲が邪魔をする。でも3度目の正直でカールした花びらを見ることができて嬉しかった。
e0272335_5321981.jpg
マンサクの咲く場所に20分程いたが窪は寒かった。白口岳を眺めると山頂付近は白く被われていた。

4、鉾立峠から白口岳
 マンサクに出会えたので気持ちも軽やかに白口岳の直登コースを登る事にした。山頂を見上げると樹木が白い風景に。霧氷がついているようだ。黒土で難儀するのだが凍土状態で登りやすいのだが、急登の連続には息が上がる。1時間掛けて山頂に辿り着いた。一休みしながら霧氷を楽しむことができた。このあとのコースは鳴子山経由で下山と思ったが、中岳を見上げると登山者が確認できた。時間を見ると10時、気力・体力もまだ充実していた。予定に入れていなかった中岳に向かった。
e0272335_5315466.jpg
白口岳に着いた時は青空を覗かせていたが雲の流れは早かった。見渡す光景はいつ見ても素晴らしい。
e0272335_5294353.jpg
まさか霧氷が見られるとは。思わぬ光景に感激である。

5、中岳・避難小屋
 白口岳から中岳分岐点に向かう途中、登山道には凍りついた雪がところどころにあった。中岳に登りかかると2名の男性登山者とお会いする。稲星山、白口岳に向かわれていた。中岳に着く頃から雪が激しく降り出してきた。風がほとんどないので寒さは感じないが避難小屋に向かった。避難小屋で早目の昼食。カップそばを食べるとお腹がぬくもり心地よかった。小屋を出ようとすると4名の登山者が入ってこられた。
e0272335_533234.jpg
雪が舞い散り眺望も期待できないとなれば直ぐに移動開始。一応証拠写真をパチリ。

6、稲星山
 避難小屋で一息つき稲星山・久住山の分岐点に向かう。分岐点に着くと稲星山から下山されている二人を確認。先ほどお会いした方たちの様だ。天候が良ければ久住山も考えられるところだが、ここは予定通り稲星山に。殺風景な山頂に余り魅力は感じないが周回するには価値ある山だ。
e0272335_99647.jpg


7、鳴子山
 稲星山から鳴子山に移動中、水を飲もうとしたら水がシャーベット状に。稲星山から鳴子山は岩稜歩きやミヤマキリシマに覆われた山道歩きには手こずった。鳴子山の景観は素晴らしいのだが、時折残雪が凍結している箇所があり、奥深い山中はまだ雪が溶けていなかった。ミヤマキリシマ、ドウダンツツジ、オオヤマレンゲが楽しめる鳴子山はかくれ名山ではないかと思っている。
e0272335_9232196.jpg

 くたみわかれからの登りはかなりの急登であるが今日は下山である。時折ある黒土の山道は要注意、今回はスッテンコロリンもなく直登るコースの分岐点に無事到着。くたみわかれからは春の日差しを浴びながら無事ゴールインできた。


《一口メモ》
 こだわり続けてきた佐渡窪のマンサク、念願が叶いとても嬉しい日となった。一方、認知症が進んでいる自分の再発見でもあった。

                                        以上
 
by tinnan1515 | 2015-03-24 21:00 | 山歩き | Comments(8)
Commented by higetias at 2015-03-25 14:08 x
うすきさん、こんにちは。
三度目の正直でマンサクを見れたというのに、カメラをがなかったのは如何にも
残念だったことと思いますが、瞼にしっかり焼き付けられたことでしょう。
雪が無くなってから足が遠退いていますが、九重はまだ冬の名残りが残っているようですね。
白口、中岳、稲星、鳴子と歩かれてくたみ分れへの激下りとは恐れ入ります。
昨日は予定通りであればお会いできたはずでしたが今回は残念でした。
またの機会を楽しみにしております。
Commented by 悟空さん at 2015-03-25 17:17 x
こんばんは^^
カメラ忘れましたか?あら~~悲しかったでしょうね^^;
私の携帯のカメラは大変悪いのでどれだけショックを受けるか^^;マンサクも今年見てませんね~なかなか遠出出来なくなってます...
相変わらず流石の体力ですね~恐れ入ります。
Commented by tinnan1515 at 2015-03-25 17:46
higetiasさん、こんにちは。
佐渡窪に3度通い、やっと開花したマンサクを見ることができましたが、カメラを忘れるという失態で残念でした。
仰有る通り瞼に焼き付けましたが記憶の方も薄らいでいるようです。
くじゅうの山々は残雪、霧氷そして雪が降るやらで春本番はもう少し先の様でした。
稲星山・鳴子山からの下りは亀さん歩きで、岩稜線やミヤマキリシマには難儀致しました。
今回の登山会が中止になりお会いすることができなく残念です。こちらこそまたの機会を願っております。
Commented by tinnan1515 at 2015-03-25 17:52
悟空さん、こんにちは。
駐車場に着いたらカメラがなくショックでした。
事前に準備はしていましたが肝心な所が抜けていたようです。
確認を怠っていました。
マンサクを眺めることができ嬉しかったです。
今回は歩くことに集中致しました。
くじゅうの山々は全てが見渡せるのでついつい欲が出てしまいました。
Commented by ミーコ at 2015-03-25 19:35 x
今晩は、佐渡窪の『マンサク』昨年ご一緒した所でしょうか?
私達もあそこのマンサクが大好きです。
昨日は何処も寒かった様ですね、多良岳に行かれた方も雪がチラついて寒かったですよと言われていました。
Commented by tinnan1515 at 2015-03-25 19:54
ミーコさん&サスケさん、こんばんは。
昨年ご一緒させて頂きましたところです。
3度通い今回漸く開花を見ることができました。
とても嬉しかったです。
ペットボトルの水がシャーベット状になりましたので氷点下の世界ではなかったでしょうか。
Commented by furaibow581203 at 2015-03-26 05:44
うすきハッピーリタイアメントさん、おはようございます。
マンサクに加えて霧氷も楽しめた良い一日でしたね。
忘れ物は皆さんありますのでご心配なく。
認知症と言っている内は大丈夫ですね。
でも、遠征の時などはチェックリストで確認しておく方が良いかも知れませんね。
他山の石としなければいけません。参考にいたします。
Commented by tinnan1515 at 2015-03-26 09:13
風来坊さん、おはようございます。
多良岳のマンサクには及びませんが漸く会えて嬉しかったです。
くじゅうでは思わぬ霧氷や雪が舞い散る光景を楽しむことができました。標高の高い山の春はこれからでしょうか。
持ち物の確認は行っているのですが、この日は点検が不十分でした。反省です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー