読書に熱中する!

2014年9月16日  火曜日

  しのぎ易い日が続いていたが、今日ばかりは真夏に逆戻りしたようである。昼食後、少しばかり昼寝をして里山歩きに出かけようと思っていたが、なんと小一時間程眠りこけてしまった。目が覚めた時はもう歩きに出かける気力は失せていた。

 昼寝のお蔭で頭がスッキリすると返却日が迫っている本を一気に読み上げることができた。今日は集中力が衰えず二冊目の本を読み始めると、この本がなかなか面白くて夕方まで読み続けた。久々に読書に熱中できた。

 今日読書した本は『山女日記』と『人生は、楽しんだ者が勝ちだ』である。 

《漢字の学習》
 『熟語これだけ知っていれば十分』黒須重彦 著
【問】□□の□□、という穴埋めの問題。漢字で答えてください。
1、□□の火事        ○対岸の火事
2、他人の□□        ○他人の空似
3、□□の冷水        ○年寄の冷水
4、砂上の□□        ○砂上の楼閣
5、□□の一角        ○氷山の一角
6、怪我の□□        ○怪我の功名
7、□□の薄着        ○伊達の薄着
8、紺屋の□□        ○紺屋の白袴
9、□□の大木        ○独活の大木
10、机上の□□       ○机上の空論
11、□□の深情       ○悪女の深情
12、無用の□□       ○無用の長物
13、□□の一滴       ○大海の一滴
14、青天の□□       ○青天の霹靂
 
* 7問正解。漢字が書けなかったり、□□の熟語が分からなかったりで知識不足が露呈してしまった。

《今日の小さな歓び》
生秋刀魚の塩焼きが美味しかったこと。

                                            以上
by tinnan1515 | 2014-09-16 20:07 | 思いのままに綴る日記 | Comments(4)
Commented by natsucoco at 2014-09-16 21:24 x
山女日記はいかがでしたか?
ドラマがたくさんある山を想像すると尚の事歩きたくなりますよね。

私は新田次郎の聖職の碑という中央アルプス児童集団遭難の話を読み始めました。
Commented by yamabakanikki at 2014-09-16 21:39
こんばんは☆
 あちらこちらに登り、花々を沢山ご堪能され 素晴らしい~♪
 山も昼寝も、大好きです(笑) 
 『人生は、楽しんだ者が勝ちだ』・・・素敵なタイトル、中身は?
Commented by tinnan1515 at 2014-09-17 08:51
 natsucocoさん、おはようございます。
7編からなる連作、どれも興味深く読むことができました。
中でも妙高山と槍ヶ岳が良かったです。
湊かなえさんは登山の経験がおありのようで「物語はわりと実体験に近く、私が最初に登った山も妙高山と火打山の縦走です」と述べられていますね。
女性の心理を上手く描かれているようです。
『聖職の碑』は大正時代におきた駒が岳中学生遭難事故でしたね。内容は記憶喪失ですが読んでいました。
Commented by tinnan1515 at 2014-09-17 09:09
 山馬鹿さん、おはようございます。
著者は米沢富美子(よねざわ ふみこ)さんです。世界的に知られる物理学者で、日本の女性科学者の草分けとして、女性で初めて日本物理学会の会長になられたかたです。
内容は自伝をドキュメンタリーに書かれています。
とても参考になりましたが雲上の人でした。
”どんな哲学でいきてきたか”の問に
1、自分の可能性に限界を引かない
2、行動に移す
3、めげない
4、優先順位をつける
5、集中力を養う
でした。
早速に人生の哲学にしたいと思っているところです。(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード