倉木山&鶴見岳山行を楽しむ!

2014年9月14日   日曜日  晴れ

 そろそろ倉木山でレイジンソウが見られる時期である。併せてタンナトリカブトに出会うことが最高なのだが。今日は自宅を午前4時に出る。由布岳登山口を午前5時30分頃通過するが、なんと駐車場はほぼ満車状態
であった。倉木山駐車場の一番乗りは自分でした。
   
                                記
【山 名】倉木山(1154.9m)
【山行者】単独
【山行コース】
登山口P(6:10)~倉木山(7:30/8:20)~登山口P(9:30)
【行動時間】3時間20分(休憩時間含む)
【行動記録】
 駐車場の外気温は15℃でひんやりした空気はとても気持ち良い。しかし、ガスで遠景はサッパリなのだが、これから出会う花に胸は膨らむ。
e0272335_202464.jpg
なんと登山道に着く前に早くもツルニンジンに遭遇した。
e0272335_203125100.jpg
ツルニンジンとの出会いは昨年の岳麓寺コースが最初。今年も会えて嬉しい。下山中に撮りました。
e0272335_2030156.jpg
ツルニンジン(蔓人参)はキキョウ科の蔓性多年草。東アジア一帯の森林に生育する。別名はジイソブ。
e0272335_20404770.jpg
山麓コースでの花散策が楽しみでした。
e0272335_2045119.jpg
今日一番の目的、レイジンソウに出会うが写真はボケていました。残念。
e0272335_20471425.jpg
紫色はとても好きな色です。アキチョウジ
e0272335_20511510.jpg
シギンカラマツが山路を賑わしていました。
e0272335_20531138.jpg
花には花弁がなく白い糸のようなものはすべて雄しべ。全く知りませんでした。
e0272335_2135113.jpg
凛としたオオバショウマはとても素敵でした。
e0272335_2145729.jpg
蕾は淡いピンクでした。
e0272335_2142749.jpg
蕾が花が半々状態です。
e0272335_219867.jpg
満開です。
e0272335_21144882.jpg
フシグロセンノウにも会えとてもラッキーでした。
e0272335_21175036.jpg
ヤマホトトギスもまだ咲いていました。
e0272335_21203429.jpg
ホクチアザミ
e0272335_21214048.jpg
ホクチアザミの葉の裏側確認です。
e0272335_21241060.jpg
ボケていますが山ラッキョウの花です。
e0272335_21251323.jpg
ハバヤマボクチはまだ赤ちゃんでした。
e0272335_21271817.jpg
アソノコギリソウ
e0272335_2133020.jpg
7時30分、山頂着。小一時間山頂にいましたが期待していた由布岳はガスの中で眺望はサッパリでした。
帰路は藪こぎをするため雨具着用です。
e0272335_2138196.jpg
急坂コースで下山です。
e0272335_21395991.jpg
とても素晴らしいナンバンキセルはススキの中に。
e0272335_2142197.jpg
クマザサの藪漕ぎに苦戦している間に空は青空に。由布岳も見え出してきました。
e0272335_21501434.jpg
急坂コースを選択した理由はタンナトリカブトを期待していたからです。会えて良かったです。
e0272335_21532546.jpg
とても美しいヤマホトギスでした。
e0272335_2155043.jpg
レイジンソウは急坂コースの方に多く咲いています。この花が今日のメインでした。レイジンソウ(伶人草)は、キンポウゲ科トリカブト属の多年草。
e0272335_21573267.jpg
見所のレイジンソウでしたが上手く取ることができなく残念。
e0272335_2201448.jpg
花散策を楽しみ下山すると車が増えていました。急坂コースを登る人はいませんでしたね。

《移動中車道から》
e0272335_225469.jpg
なんと素晴らしい由布岳でしょうか。
e0272335_2264767.jpg
でも、今日は登る予定はありませんでした。
e0272335_2281454.jpg
由布盆地はすっかり秋でした。


【山 名】鶴見岳(1375m)
【山行者】単独
【山行コース】
登山口P(10:20)~鶴見岳(12:00/12:20)~南平台分岐点(12:50)~南平台(13:10)~踊石(13:30)~登山口P(14:20)
【行動時間】4時間00分(休憩時間含む)
【行動記録】
倉木山の花に満足したので静かな山歩きをと云う事で鶴見岳に登る事にした。帰路で移動時間が短いのも選択理由の一つであった。
e0272335_544663.jpg
火男火売神社(ほのおほのめ神社)に通ずる階段上りから神社を目指しました。
e0272335_5134475.jpg
石の階段の隙間に草アジサイが咲いていました。生命力の逞しさには感心です。
e0272335_5182740.jpg
公孫樹の実が落ちていましたがいつの日か芽吹きすることでしょう。小さな公孫樹が既に育っていました。
e0272335_522321.jpg
神社の石垣にイワタバコが。ちょっと驚きでした。
e0272335_5264842.jpg
天然記念物の自然林の看板を読みここから山路に入ります。
e0272335_5322327.jpg
南平台分岐点。ここは鶴見岳を目指します。
e0272335_5365324.jpg
山頂間近のススキの中に咲いていたタンナトリカブト。意外でした。
e0272335_534507.jpg
今日出会った中で一番美しかったようです。
e0272335_5425058.jpg
別府湾、高崎山、別府市街地。大分市街地の先に白く見えるのは大分銀行ドーム。素晴らしい眺望でした。
e0272335_547113.jpg
花を沢山付けている薊。迫力がありました。
e0272335_5483353.jpg
イヨフウロは草むらの中に点々と咲いていました。
e0272335_5494127.jpg
山頂は観光客や登山者の方で大賑わいでした。
e0272335_5511450.jpg
眼下の別府湾、遠くには国東半島。素晴らしい好天気に恵まれ最高でした。
e0272335_5583914.jpg
大勢の登山者で賑わっている由布岳。紅葉の時期にはお鉢巡りに行きますからね。
e0272335_5563356.jpg
くじゅうの山々もはっきり見えました。
e0272335_5595560.jpg
馬の背到着です。鞍ヶ戸・内山、南平台・由布岳東登山口の分岐点。ここから南平台に向かいました。
e0272335_7552796.jpg
西の窪です。南平台こ登り鶴見岳登山道への周回コースとなります。
e0272335_805949.jpg
西の窪にぽつんと咲いていたタンナトリカブト。今日は3箇所で堪能することができました。
e0272335_841380.jpg
南平台から望む鶴見岳です。
e0272335_875380.jpg
ススキがなびき心地良い涼風でした。真夏と違いかなり歩きやすくなり、水分の摂取量も減少していました。
e0272335_812067.jpg
くじゅうは大賑わいだったことでしょう。
e0272335_8133984.jpg
こちらは城島高原パークです。
e0272335_8161657.jpg
花の名前は分かりませんが物凄い群生地でした。
e0272335_8204674.jpg
踊石に着けば登山口までひと頑張りです。西の窪から誰一人出会うことはありません。マイナーなコースで静かな山路でした。
e0272335_8243661.jpg
下山すると駐車場には10台前後の車が。それなりに登山客はあったようです。

《一口メモ》
 好天気に恵まれた素晴らしい山日和でした。なんといっても目的とした花に会えたことが一番の歓び。また、予期せぬ花との出会いはさらに楽しさを倍増させてくれた。
 今日も一日たっぷりと山歩きに浸ることができ幸せでした。

                                                      以上






《編集中》
by tinnan1515 | 2014-09-14 22:09 | 山歩き | Comments(6)
Commented by 悟空さん at 2014-09-15 08:05 x
おはようございます^^
由布岳の姿本当に美しいですね~
私も紅葉の季節行こうと思っています。
鶴見岳からの由布も本当に綺麗です。
秋の花々も拝見出来嬉しいです。
お疲れ様でした~
Commented by tinnan1515 at 2014-09-15 08:37
 悟空さん、おはようございます。
今回は倉木山での花散策がメインでした。
由布岳は眺めるだけでしたが色々な角度から楽しむことができましたよ。
秋の花も充分に楽しむことができ至福のひと時を過ごすことができました。
Commented by 風来坊 at 2014-09-15 18:13 x
こんばんは、14日は倉木山と鶴見岳でしたか?
今日、福岡市博物館の黒田官兵衛の特別展を見に行きましたら鶴見岳は鶴見嶽(多分)、由布岳は湯ノ嶽(これは大丈夫)と絵に書いてありました。由布岳の5時半で満車にはびっくりしました。さすが山ブームです・・・。
Commented by tinnan1515 at 2014-09-15 19:29 x
 風来坊さん、こんばんは。
連休最終日は歴史の勉強でしたか。
鶴見嶽と湯ノ嶽は参考になりました。
14日は花散策を楽しんでまいりました。
レイジンソウ、タンナトリカブト、ツルニンジンに会えて嬉しかったです。
由布岳の人気は凄いですね。ビックリしました。
Commented by higetias at 2014-09-17 13:30 x
うすきさん、こんにちは。
倉木山は手軽に登れて、花観賞にはもってこいのようですが、
登山口までしか行ったことがないので、いつか由布岳or鶴見岳と
セットで行ってみたいと思います。 
ジイソブの正面写真素晴らしいですね。 
南平台周回コースは登山者が少なく静かな山歩きが楽しめて
いいですね。 好きなコースです。
あっちこっちでタンナトリカブトが咲き出しましたね。
Commented by tinnan1515 at 2014-09-17 16:46
  higetias さん、こんにちは。
倉木山は仰有る通り手軽に登れますよ。
最近は花観賞にチョクチョク登るようになりました。
由布岳or鶴見岳とのセットをお勧めいたします。
ジイソブに会えないかと期待していましたので嬉しかったです。
南平台周回コースはマイナーなコースですが静かな山歩きが楽しめますよ。
タンナトリカブトも結講咲いており良き山行となりました。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード