阿蘇烏帽子岳&杵島岳

2014年9月11日   木曜日  晴れ

 道の駅阿蘇で4時過ぎに起床する。車中泊ではあったがそれなりに眠ることができた。もっとも体の方が疲れていたのかもしれない。夜が明けきれない時間帯に阿蘇山ロープウェイ乗り場に向かったが登山禁止である。情報ではちらっと耳にしていたがやはりここまで来れば一応は行ってみたくなるのも当然の成り行きでしょう。
 さてどうしたものかと思いつつ、まだこの周辺の山は歩いていなかったので先ずは阿蘇烏帽子岳に登る事にした。

                                 記
   
1
【山 名】阿蘇烏帽子岳(1337.2m)
【山行者】単独
【山行コース】
草千里P(6:40)~古坊中分岐点(7:00)~烏帽子岳(7:00/7:25)~草千里P(8:25)
【行動時間】1時間45分(休憩時間含む)
【行動記録】
e0272335_5575321.jpg
阿蘇山上の夜明けを眺める。
e0272335_5582165.jpg
尾根の肩からお日様が上がってくる瞬間は神妙になります。
e0272335_5584770.jpg
噴煙が空高く舞い上がっている光景には驚いた。次から次へと噴煙が立ちのぼっている。地下活動が活発におこなわれていることでしょう。いつになったら噴煙はおさまるのでしょうか。
e0272335_8104736.jpg
6時40分。こちらの登山口から登山開始です。
e0272335_813287.jpg
なんと夜露に濡れた山紫陽花がまだ開花していました。
e0272335_8133964.jpg
古坊中分岐点。古坊中も楽しめますね。
e0272335_815340.jpg
蕾。
e0272335_8152887.jpg
ひらきかけ
e0272335_8161752.jpg
満開。
e0272335_10582641.jpg
時期外れのミヤマキリソマ。中には気の早い株もありますね。
e0272335_8171424.jpg
朝日に照らされた吾亦紅。
e0272335_8183994.jpg

シラヤマギクとは違いますよね。?
e0272335_11154668.jpg
南郷谷と南外輪山。

e0272335_8195788.jpg
烏帽子岳と草千里ヶ浜。
e0272335_8203440.jpg
少し霞んでいますが草千里ヶ浜の全貌です。後方は杵島岳。
e0272335_821574.jpg
中岳方面です。
e0272335_11233084.jpg
アキノキリンソウ。
e0272335_11273854.jpg
シラヤマギクとは違いますよね。?
e0272335_11284412.jpg
淡い紫がとても綺麗でした。
e0272335_11324666.jpg
ウドの花でしょうか。
e0272335_11341864.jpg
ホクチアザミ。キリシマヒゴタイに似ているような?。
e0272335_1243377.jpg
深まりゆく秋を感じました。
e0272335_1254029.jpg
薮の中に草藤が咲いていました。
e0272335_127274.jpg
この花がシラヤマギクでした。
e0272335_1275421.jpg
シモツケは至る所に咲いていましたがやっと撮影。
e0272335_1295111.jpg
立野火口瀬。雲仙も見えたような?
e0272335_12113684.jpg
烏帽子岳登山道案内図。赤い点線を歩いてきました。
e0272335_12183940.jpg
烏帽子岳、最後の花なコオニユリでした。
e0272335_12193979.jpg
乗馬用の馬が仲良く朝食中でした。
e0272335_12232518.jpg
乗馬したい気持ちもありますが勇気がありません。
e0272335_12254515.jpg
初めての烏帽子岳を歩き終え出発地点に戻ってきました。

 時間はまだ午前8時25分、一休みして杵島岳に向かいました。

2
【山 名】杵島岳(1326m)
【山行者】単独
【山行コース】
草千里P(8:40)~杵島岳(9:10/9:20)~火口湖歩き~草千里P(10:10)
【行動時間】1時間30分(休憩時間含む)
【行動記録】
e0272335_12315437.jpg
草千里・中岳火口歩道案内図。
e0272335_1234486.jpg
杵島岳に向かいます。しばらくは歩道歩きとなりそうです。
e0272335_12372283.jpg
舗装された登山道を歩きます。駐車場管理者のお方から杵島岳まで30分程度とお聞きした。ラストの階段がきついとのことであった。
e0272335_12424098.jpg
ここから本格的な山路歩きと思ったのだが。
e0272335_12433991.jpg
登山道はなんと舗装道でした。
e0272335_12505111.jpg
階段が何箇所もあり上り下りが大変です。
e0272335_12541278.jpg
初めての杵島岳でした。山頂は秋の涼風で爽やか気分。雄大な景色も最高でした。
e0272335_1258332.jpg
この地点に立ち迷いました。前方に見える往生岳まで足を伸ばすか。それとも下山すべきか。時間は十分あるのだが、結局はこのまま下山することにしました。
e0272335_1391791.jpg
米塚が見えますが霞んでいました。
e0272335_13132911.jpg
火口縁から火口跡を見渡すとこのような淵になっていました。
e0272335_1316694.jpg
登山歩道から振り返り阿蘇五岳の一峰である杵島岳を眺めました。そよ風で揺らぐ薄は秋の気配を感じるのに充分であった。
e0272335_13353597.jpg
草泊まり。
e0272335_13362079.jpg
秋になると農家の人達が草原に泊まり込んで草を刈り取っていたそうです。その時、寝泊りに使われていたのが、この”草泊まり”です。車のない時代にはこのような生活をしていたのですね。勉強になりました。

《番外編》
 阿蘇郡波野村にあるスズランの自生地に、一度は行ってみたいと思っていたので帰路立ち寄りました。
e0272335_1346827.jpg
自生のスズランが九州で見られるのはとても珍しいことなのです。5月中旬~6月上旬になると、波野高原に可憐な5万株のスズランの花が咲き、高原一帯は、甘い香りに包まれます。現在は、熊本県の自然環境保護地区にも指定されており、その一体は保護されています。とのことでした。
e0272335_149238.jpg
駐車場に咲き誇っていたツユクサの美しさに見惚れました。
e0272335_1494299.jpg
なんといっても色合いが素晴らしいです。
e0272335_1495732.jpg
この地に足を運んで良かったです。
e0272335_1414213.jpg
ヤブツルアズキの豆も見ることができました。
e0272335_1415510.jpg
タムラソウ?
e0272335_141795.jpg
なんとナンバンギセルも!
e0272335_1418667.jpg
ヒヨドリバナ。
e0272335_1419197.jpg
この種を付けた花の正体は?
e0272335_14212071.jpg
道沿いにはハガクレツリフネが咲いていました。
e0272335_14215653.jpg
やゃ白っぽいハガクレツリフネは初めて見る色でした。
e0272335_14232057.jpg
こちらはツリフネソウでしょうか。
 
 スズランは次年度の楽しみあるが、思わぬ野草との出会いで昨日からの山旅に花を添えることになり、とても楽しいひと時であった。

《一口メモ》
 二日間の山旅はとても楽しかったが、お初の花との出会いが何よりも嬉しかった。ニューピ-クも3座あり思い出深い山歩きになりそうだ。
 また、車中泊もそれなりに楽しむことができたので、これからももっと経験を積んでいき、山歩きの活動を広げていきたいと思う。

                                                  以上
 
by tinnan1515 | 2014-09-12 05:59 | 山歩き | Comments(6)
Commented by ミーコ at 2014-09-12 09:33 x
おはようございます。
何時もタフな歩きに感心しています。
秋の花も見に行きたい我が家、明日からの晴天に何処か行きたいな~と話しています。
Commented by kabuto1952 at 2014-09-12 14:20
うすきさんお疲れ様でした。いよいよ車中泊登山に突入ですね。これからは車中泊も過しやすくなりますね。今回知りましたが、ホクチアザミとキリシマヒゴタイは花では全く判りませんが、葉を裏返したら直ぐに判る様になりました。明日は三俣に朝駆けしますよ。今度は九重のリンドウの一番咲きを捕まえて来ます(笑)
Commented by tinnan1515 at 2014-09-12 16:24 x
 ミーコさん&サスケさん、こんにちは。
俵山のヒメノボタン観賞に出掛けて来ましたが、好天気に恵まれ阿蘇の山々を楽しむことができました。
初めて見る花も数多くありとても嬉しかったです。
これからますますしのぎ易くなりますので、秋の花散策も楽しいと思います。
私もレイジンソウあたりを考えているところです。
Commented by tinnan1515 at 2014-09-12 16:34 x
 いーさん、こんにちは。
今回は車中泊で阿蘇の山々を楽しんでまいりました。
ホクチアザミとキリシマヒゴタイの相違点は葉の裏側でしたか。
これからは葉っぱにも注目しないといけませんね。
勉強になりました。
天狗ヶ城のご来光は素晴らしかったですね。
明日の三俣山が楽しみなことでしょう。
リンドウの開花が楽しみです。
Commented by 風来坊 at 2014-09-13 03:08 x
おはようございます、うすきさん。
烏帽子と杵島、私も今年登るつもりでしたが天気が悪く登りませんでした。阿蘇五岳は出来れば全部登りたいですね。
時間など参考になりました。ありがとうございます。
登山口のワレモコウが凄いですね。もうすっかり秋です。
三連休は天気が良さそうですので山を楽しんで参ります。
Commented by tinnan1515 at 2014-09-13 04:30 x
風来坊さん、おはようございます。
阿蘇五岳は根子岳を残すのみとなりました。
私も五岳を目指したいと思います。
烏帽子岳登山口に立つと、いきなり吾亦紅とサイヨウシャジンのコラボには嬉しかったです。
阿蘇高原ではたつぷりと秋の涼風を楽しんでまいりました。
三連休は山三昧でしょうか。
大いに秋の山を楽しんでくださいませ。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード