山に癒されて

tinnan1515.exblog.jp ブログトップ

俵山でヒメノボタンを満喫する!

2014年9月10日   水曜日  晴れ

 栂牟礼山のスズムシバナ観賞から一週間花から遠ざかっていたので、どうしても俵山のヒメノボタンを見たかった。
 それに今回は車中泊で阿蘇山系を歩く計画を立てた。


                                 記
1、
【山 名】俵山(1094.9m)
【山行者】単独
【山行コース】
萌の里P(7:10)~ショートカット分岐点(8:30)~標高865m地点(9:00)~標高926m地点(9:15)~俵山(9:55/10:25)~ショートカット分岐点(11:25)~萌の里P(12:30)
【行動時間】5時間20分(休憩時間含む)
【行動記録】
e0272335_17544292.jpg
自宅発午前4時。午前6時前、空が赤く染まりだしたので車を停めて写真を撮る。
e0272335_1755273.jpg
ご来光を見ることができたので気分良く萌の里に向かいました。
e0272335_18132028.jpg
萌の里を出発し草原を歩くこと10数分、ピンクの花が目に飛び込んできた。今日一番会いたかったヒメノボタンでした。
e0272335_18112422.jpg
ここにも、あそこにも点々と咲いている。会えるかどうかの心配事は杞憂に終わりました。
e0272335_18114756.jpg
しばらくは道草です。
e0272335_186171.jpg
野生のヒメノボタン(ノボタン科)。ヒメノボタンは「絶滅危惧II類(VU)」 絶滅の危険が増大している種。大切にしなくてはいけませんね。
e0272335_1864058.jpg
ブログでは拝見していましたが、やはり現物を見るのが一番です。
e0272335_1872596.jpg
充分に堪能することができました。
e0272335_18584181.jpg
黄色の花は目立ちます。女郎花も点々と咲いていました。
e0272335_1901036.jpg
サイヨウシャジンはあちこちの山に咲いていますが、この株はとても私と違ってノッポさんでした。
e0272335_1924739.jpg
草むらの中に咲いていたこの花は?
e0272335_1942014.jpg
ノヒメユリの花の小さいことにビックリ。とてもチャーーミングでした。
e0272335_19161683.jpg
ハバヤマボクチ(葉場山火口)。この花もお初でした。
e0272335_19201110.jpg
ヒヨドリバナもよく見かけます。
e0272335_19232077.jpg
やっと標識に出会えて一安心です。
e0272335_19245385.jpg
この地点で登山者のお方からショートカットコースを教えて頂きました。
e0272335_1927713.jpg
オトギリソウもなかなか素敵な花ですね。
e0272335_19312876.jpg
シラヤマギクはどこの山にも咲いているようです。
e0272335_19314377.jpg
アキノタムラソウ
e0272335_19354180.jpg
ヤマホトトギスばかりに出会っていましたが、ヤマジノホトトギスにも出会いが叶うようになりました。
e0272335_19362955.jpg
この株は多くの花を付けていました。
e0272335_19401170.jpg
標高865m地点。俵山の花の多さにはビックリでした。
e0272335_19415398.jpg
ホクチアザミでしょうか?
e0272335_19431576.jpg
チゴユリの実?。
e0272335_19513784.jpg
ホソバシュロソウも山路に良く咲いていました。
e0272335_19532962.jpg
ツルリンドウにも会えて嬉しかったです。
e0272335_19571989.jpg
標高926m地点です。

e0272335_19584239.jpg
植林地帯の登りです。
e0272335_200764.jpg
オタカラコウがまだ咲いていました。
e0272335_2021413.jpg

e0272335_2025233.jpg
薊も色々な種類があり名前を覚えることができません。
e0272335_20121883.jpg
素晴らしい天候に恵まれた俵山の山頂でした。女性登山者のお方が休憩中でしたが登山コースが違っていたようです。
e0272335_20155170.jpg
一の峯、二の峯まで縦走できるようです。
e0272335_20183261.jpg
山頂はマツムシソウガ咲き誇っていました。
e0272335_2018532.jpg
マツムシソウは今の時期が見頃見たいです。
e0272335_2026467.jpg
下山は同じコースでした。
e0272335_20291263.jpg
オカトラノオは殆んど見かけなくなりましたがここにひと株咲いていました。ホソバヒメトラノオを期待していたのですが、登りでは会えませんでした。
e0272335_20323020.jpg
ショーカット地点からしばらく進むと下山者のお方とお会いする。頂上は諦めて下山中のお方とお会いし、登り時のコーースと違ったコースにご同行させて頂く。するとホソバヒメトラノオが咲いているではありませんか。
e0272335_20385841.jpg
ホソバヒメトラノオもお初の花でとてもラッキーでした。
e0272335_20421572.jpg
なんとなんとナンバンギセルではありませんか。嬉しいの一言です。
萌の里に下山して昼食タイム。今夜は車中泊予定なので時間はまだたっぷり有る。食事後の行動を考えながらいつもの冷し中華。俵山の山頂で確認した一ノ峯に登る事にした。


2、
【山 名】一ノ峯(857.9m)
【山行者】単独
【山行コース】
林道路肩P(14:35)~一ノ峯(15:05/15:25)~林道路肩P(15:50)
【行動時間】1時間15分(休憩時間含む)
【行動記録】
 何度も何度も尋ねながら漸く林道からの登山地点に辿り着く。何しろ標識がないのだが一ノ峯の登山道は間違いなく踏み跡がはっきりと確認できた。
e0272335_20563320.jpg
時間も下がってきたので
この地点から山頂を目指すことにした。
e0272335_20592355.jpg
一ノ峯山麓で出会ったキセワタ。
e0272335_210551.jpg
この花も確かお初ではなかったか。
e0272335_2154660.jpg
一ノ峯登山コースにも色々な花が咲いていました。先を急いだため花の撮影はそこそこに。この花はキガンプ。
e0272335_2114922.jpg
30分で一ノ峯に。今回は最短距離を歩いたようです。山頂から二ノ峯は目の前でしたが諦めて下山しました。
e0272335_21172096.jpg
山頂周辺に咲いていたマツムシソウ。
e0272335_21185448.jpg
こちらはハバヤマボクチ。
e0272335_21203630.jpg
石碑には『国之御柱石』と刻まれていました。
e0272335_21231650.jpg
マルバハギはあちこちに咲いていました。
e0272335_21241013.jpg
薄紫のサイヨウシャジンは沢山見かけましたが白色はひと株のみでした。
e0272335_2126137.jpg
貴重な白花でした。
往復1時間15分の一ノ峯であったがこの地に足を運ぶことができて良かった。二ノ峯は残念であったが準備不足は否めなかった。

《下山後》

 車中泊は阿蘇駅に”道の駅阿蘇”と決めていた。先ずは夕食を済ませ”阿蘇坊中温泉 夢の湯”で今日一日の汗を洗い流す。身も心もスッキリさせ寝場所の”道の駅阿蘇”に行くとすでに10数台の車。全て車中泊のようであった。
e0272335_21331351.jpg
阿蘇駅。駅舎がとても素晴らしい。
 19時半より就寝。いつの間にか夢の中であった。暑くもなく、寒くもなく最高の条件でとても快適であった。今後も車中泊を活用すれば山旅の幅も広がるぞ。 
 
《一口メモ》
 初めて見る花に出会うととても嬉しいし知識が増えることに喜びを感じる。また、山旅は人との出会いが心を豊かにしてくれる様だ。


                                            以上
by tinnan1515 | 2014-09-11 16:11 | 山歩き | Comments(6)
Commented by 豊津の信ちゃん at 2014-09-11 20:29 x
うすきさん、こんばんは。
ようやくヒメノボタンに出会えたようですね(^^♪
念願が叶ってよかったですね^^
可愛いお花でしょう!  ですので毎年見たくなります。
Commented by 山馬鹿 at 2014-09-11 21:20 x
こんばんは☆
 ウスキさんの好奇心は、若々しく素敵です。
 我々 少し若者も、頑張らなければ・・・
 規則正しい生活も参考になります、感謝!
 花の写真、とても綺麗ですよぉ~♪
Commented by 風来坊 at 2014-09-12 04:19 x
おはようございます、うすきさん。
車中泊、一日くらいなら全く苦になりませんでした。確かに行動の幅が広がりますので良いです。また、九州だと温泉もあちこちにあるので助かります。
ヒメノボタンに会えて良かったですね。次のお花は何でしょう?
Commented by tinnan1515 at 2014-09-12 04:59
 信ちゃん&俊ちゃんさん、おはようございます。
俵山のブログを拝見し、これは会いに行かなくてはと思っていました。
漸く念願を叶えることができ嬉しかったです。
それから初めて見る花も数多く良き山行となりました。
また、花の知識が広がり喜んでおります。

Commented by tinnan1515 at 2014-09-12 05:09
 山馬鹿さん、おはようございます。
好奇心を持つのも心のリフレッシュになるのではないかと。
また、人生を楽しむ一つの方法ではないかと思っているところです。
もともと性格がルーズでしたので型にはまった生活を心掛けております。
花の写真、時たま綺麗に撮れることがあります。
もっとも没の方が多いですが。
お褒めの言葉を頂き嬉しいです。ありがとうございます。
Commented by tinnan1515 at 2014-09-12 05:19
 風来坊さん、おはようございます。
天候も良く、この時期であれば車中泊もOKではないかと思い今回に至りました。
温泉と道の駅のセットはとても有り難いですね。
これからもう少しは活動幅が広がりそうです。
ヒメノボタンに満足致しました。
次の花はレイジンソウあたりを予定致しております。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
line

山歩きの旅日記を記録するブログです。よろしくお願いします。


by tinnan1515
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー